うちゅうてきなとりで

The Cosmological Fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

図書案内:戦争と軍

 このブログで比較的多い戦争や戦史に関する本を記事にまとめました。

 分類方法が思いつかなかったのでとりあえず

・概観、全般

・個別の戦史・事例

・技術

 としました。

 

 このリストも今後増えていく予定です。 

 

 ◆概観、全般

『戦争の起源』アーサー・フェリル - うちゅうてきなとりで

 

『戦争論』ロジェ・カイヨワ その1 - うちゅうてきなとりで

『戦争論』ロジェ・カイヨワ その2 - うちゅうてきなとりで

『戦争論』ロジェ・カイヨワ その3 - うちゅうてきなとりで

 

『戦争における「人殺し」の心理学』デーヴ・グロスマン - うちゅうてきなとりで

 

『戦争請負会社』P・W・シンガー - うちゅうてきなとりで

 

『戦争論』多木浩二 - うちゅうてきなとりで

 

『アフター・ヴィクトリー』アイケンベリー - うちゅうてきなとりで


  

『速度と政治』ポール・ヴィリリオ - うちゅうてきなとりで

 

『補給戦』マーチン・ファン・クレフェルト - うちゅうてきなとりで

 

『軍事学入門』 - うちゅうてきなとりで



『クラウゼヴィッツと「戦争論」』清水多吉 石津朋之 編 - うちゅうてきなとりで

 

『敵の顔』サム・キーン - うちゅうてきなとりで

 

『民間防衛』スイス政府編 - うちゅうてきなとりで


 

『Cybersecurity and Cyberwar』P.W.Singer, Allan Friedman その1 - うちゅうてきなとりで

『Cybersecurity and Cyberwar』P.W.Singer, Allan Friedman その2 - うちゅうてきなとりで

 

 ◆個別の戦史・事例

 ◆◆国外

『Thucydides』Perez Zagorin - うちゅうてきなとりで

 

『アラブが見た十字軍』アミン・マアルーフ - うちゅうてきなとりで

 

『Crimea: The Great Crimean War, 1854-1856』Trevor Royle その1 - うちゅうてきなとりで

『Crimea: The Great Crimean War, 1854-1856』Trevor Royle その2 - うちゅうてきなとりで

『Crimea: The Great Crimean War, 1854-1856』Trevor Royle その3 - うちゅうてきなとりで

 

 

『The Indian Mutiny』Saul David その1 - うちゅうてきなとりで

『The Indian Mutiny』Saul David その2 - うちゅうてきなとりで

『The Indian Mutiny』Saul David その3 - うちゅうてきなとりで

『The Indian Mutiny』Saul David その4 - うちゅうてきなとりで

 

 

『参謀総長モルトケ』大橋武夫 - うちゅうてきなとりで

 

『The Great Game』Peter Hopkirk その1 - うちゅうてきなとりで

『The Great Game』Peter Hopkirk その2 - うちゅうてきなとりで

『The Great Game』Peter Hopkirk その3 - うちゅうてきなとりで


『The Boer War』Thomas Pakenham - うちゅうてきなとりで

 

『アメリカ海兵隊』野中郁次郎 - うちゅうてきなとりで

 

 

 第1次世界大戦

『第一次世界大戦』テイラー - うちゅうてきなとりで

 

『イギリスと第一次世界大戦』ブライアン・ボンド - うちゅうてきなとりで

 

『Storm of steel』Ernst Junger - うちゅうてきなとりで

 

『赤軍 神軍 緑軍』山内昌之 - うちゅうてきなとりで

 

『サンディーノ戦記』高橋均 - うちゅうてきなとりで

 

『赤軍大粛清』シュトレビンガー - うちゅうてきなとりで

 

『Forging Stalin's Army』Sally W. Stoecker - うちゅうてきなとりで

 

『スペイン戦争』斉藤孝 - うちゅうてきなとりで

 

『スペインの短い夏』エンツェンスベルガー - うちゅうてきなとりで

 

 『スペインの遺書』アーサー・ケストラー - うちゅうてきなとりで


 

 第2次世界大戦

『Origins of the Second World War』A.J.P Taylor その1 - うちゅうてきなとりで

『Origins of the Second World War』A.J.P Taylor その2 - うちゅうてきなとりで

『Origins of the Second World War』A.J.P Taylor その3 - うちゅうてきなとりで

 

『ヒトラー暗殺計画』グイド・クノップ その1 - うちゅうてきなとりで

『ヒトラー暗殺計画』グイド・クノップ その2 - うちゅうてきなとりで
 

『詳解 独ソ戦全史』グランツ、ハウス その1 - うちゅうてきなとりで

『詳解 独ソ戦全史』グランツ、ハウス その2 - うちゅうてきなとりで


『バルバロッサ作戦』パウル・カレル - うちゅうてきなとりで

 

『彼らは来た』パウル・カレル - うちゅうてきなとりで

 

『第二次世界大戦下のヨーロッパ』笹本駿二 - うちゅうてきなとりで


『The Nemesis of Power』Sir John Wheeler-bennett その1(1/4) ――ヒトラーに制圧されたドイツ軍 - うちゅうてきなとりで

『The Nemesis of Power』Sir John Wheeler-bennett その2(2/4) ――ヒトラーに制圧されたドイツ軍 - うちゅうてきなとりで

『The Nemesis of Power』Sir John Wheeler-bennett その3(3/4) ――ヒトラーに制圧されたドイツ軍 - うちゅうてきなとりで

『The Nemesis of Power』Sir John Wheeler-bennett その4(4/4) ――ヒトラーに制圧されたドイツ軍 - うちゅうてきなとりで

 

 

 1941 モスクワの戦い

『Moscow 1941』Rodric Braithwaite その1 - うちゅうてきなとりで

『Moscow 1941』Rodric Braithwaite その2 - うちゅうてきなとりで

『Moscow 1941』Rodric Braithwaite その3 - うちゅうてきなとりで

 

 

  親衛隊、武装親衛隊アインザッツグルッペン、ゲシュタポ

 

『ナチスの知識人部隊』クリスティアン・アングラオ その1 - うちゅうてきなとりで

『ナチスの知識人部隊』クリスティアン・アングラオ その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『Ordinary Men』Christopher R Browning その1 - うちゅうてきなとりで

『Ordinary Men』Christopher R Browning その2 - うちゅうてきなとりで

『Ordinary Men』Christopher R Browning その3 - うちゅうてきなとりで

 

『詳解武装SS興亡史』ジョージ・スティン その1 - うちゅうてきなとりで

『詳解武装SS興亡史』ジョージ・スティン その2 - うちゅうてきなとりで


 

 

『諜報・工作』ラインハルト・ゲーレン その1 - うちゅうてきなとりで

『諜報・工作』ラインハルト・ゲーレン その2 - うちゅうてきなとりで


 

『ゲシュタポ・狂気の歴史』ジャック・ドラリュ その1 - うちゅうてきなとりで

『ゲシュタポ・狂気の歴史』ジャック・ドラリュ その2 - うちゅうてきなとりで

 


 

 1979 ソ連のアフガン侵攻

『アフガン侵攻1979-89』ブレースウェート その1 - うちゅうてきなとりで

『アフガン侵攻1979-89』ブレースウェート その2 - うちゅうてきなとりで

 

 チェチェン紛争

『誓い』ハッサン・バイエフ - うちゅうてきなとりで

 

『チェチェン やめられない戦争』アンナ・ポリトコフスカヤ その1 ――無法者と劣悪軍隊の違い - うちゅうてきなとりで

『チェチェン やめられない戦争』アンナ・ポリトコフスカヤ その2 ――無法者と劣悪軍隊の違い - うちゅうてきなとりで

 


 アジア

『朝鮮戦争』神谷不二 - うちゅうてきなとりで

 

『若き将軍の朝鮮戦争』白善ヨップ - うちゅうてきなとりで

 

『ベトナム戦記』開高健 - うちゅうてきなとりで

 

『カンボジア戦記』冨山泰 - うちゅうてきなとりで

 

『中国人民解放軍』矢吹晋 - うちゅうてきなとりで

 

『中国の軍事力』平松茂雄 - うちゅうてきなとりで

 

『韓国の軍隊』尹 載善(ユン・ジェソン) その1 - うちゅうてきなとりで

『韓国の軍隊』尹 載善(ユン・ジェソン) その2 - うちゅうてきなとりで

 

『韓流スターと兵役』康熙奉 - うちゅうてきなとりで

 

 

 

 中東

『潜入工作員』アーロン・コーエン - うちゅうてきなとりで

 

 

 湾岸戦争も含むもの

『It Doesn't Take a Hero』Schwarzkopf その1 - うちゅうてきなとりで

『It Doesn't Take a Hero』Schwarzkopf その2 - うちゅうてきなとりで


 

 イラク戦争とアフガン戦争

『無人暗殺機 ドローンの誕生』ウィッテル その1 - うちゅうてきなとりで

『無人暗殺機 ドローンの誕生』ウィッテル その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『Urban Warfare in Iraq 2003-2006』J.Stevens - うちゅうてきなとりで

 

『アメリカの秘密戦争』セイモア・ハーシュ その1 - うちゅうてきなとりで

『アメリカの秘密戦争』セイモア・ハーシュ その2 - うちゅうてきなとりで

 

『Obama's Wars』Bob Woodward その1 - うちゅうてきなとりで

『Obama's Wars』Bob Woodward その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『America's War for the Greater Middle East』Andrew Bacevich その1 - うちゅうてきなとりで

『America's War for the Greater Middle East』Andrew Bacevich その2 - うちゅうてきなとりで

『America's War for the Greater Middle East』Andrew Bacevich その3 - うちゅうてきなとりで

『America's War for the Greater Middle East』Andrew Bacevich その4 - うちゅうてきなとりで

 

 

 その他 

『The cold war』Johon Lewis Gaddis - うちゅうてきなとりで

 

『ロシアの軍需産業』塩原俊彦 - うちゅうてきなとりで

 

『ヴァーチャル・ウォー』マイケル・イグナティエフ - うちゅうてきなとりで

 

『仁義なき戦場』マイケル・イグナティエフ - うちゅうてきなとりで

 

『民族はなぜ殺し合うのか』マイケル・イグナティエフ - うちゅうてきなとりで


『軽い帝国』マイケル・イグナティエフ - うちゅうてきなとりで

 

『Life in the French Foreign Legion』Evan McGorman - うちゅうてきなとりで

  

『ザ・マーセナリー』フランク・キャンパー - うちゅうてきなとりで

 

『地上最強のアメリカ陸軍特殊部隊』三島瑞穂 - うちゅうてきなとりで

 

 

 旧ユーゴスラヴィアクロアチアボスニアヘルツェゴヴィナ他)

『「民族浄化」を裁く』多谷千香子 その1 - うちゅうてきなとりで

『「民族浄化」を裁く』多谷千香子 その2 - うちゅうてきなとりで

『「民族浄化」を裁く』多谷千香子 その3 - うちゅうてきなとりで

 

『Yugoslavia: Death of a Nation』Laura Silber その1 - うちゅうてきなとりで

『Yugoslavia: Death of a Nation』Laura Silber その2 - うちゅうてきなとりで

『Yugoslavia: Death of a Nation』Laura Silber その3 - うちゅうてきなとりで

 

 

『The Bosnia List』Kenan Trebincevic その1 - うちゅうてきなとりで

『The Bosnia List』Kenan Trebincevic その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『Love Thy Neighbor』Peter Maass その1 - うちゅうてきなとりで

『Love Thy Neighbor』Peter Maass その2 - うちゅうてきなとりで


 

『戦争広告代理店』高木徹 ――インフォメーション・ウォーという戦争行為 - うちゅうてきなとりで


 

 

 ◆◆日本

 古代・中世

『蝦夷と東北戦争』鈴木拓也 - うちゅうてきなとりで

 

『南北朝の動乱』佐藤進一 - うちゅうてきなとりで

 

『下克上の時代』永原慶二 - うちゅうてきなとりで

 

『一向一揆と石山合戦』神田千里 - うちゅうてきなとりで

 

『信長の戦争』藤本正行 - うちゅうてきなとりで

 

『信長の親衛隊』谷口克広 - うちゅうてきなとりで


『信長軍の司令官』谷口克広 - うちゅうてきなとりで

 

『信長の天下布武への道』谷口克広 - うちゅうてきなとりで


『百姓から見た戦国大名』黒田基樹 - うちゅうてきなとりで

 

『雑兵たちの戦場』藤木久志 - うちゅうてきなとりで


『関ヶ原合戦と大坂の陣』笠谷和比古 - うちゅうてきなとりで

 

『島原の乱』神田千里 - うちゅうてきなとりで

 

 

 近代

『戊辰戦争』佐々木克 - うちゅうてきなとりで

 

『日露戦争史』横手慎二 - うちゅうてきなとりで

 

『シベリア出兵』麻田雅文 その1 - うちゅうてきなとりで

『シベリア出兵』麻田雅文 その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『日本の軍隊―兵士たちの近代史』吉田裕 - うちゅうてきなとりで

 

『海軍と日本』池田清 - うちゅうてきなとりで

 

『関東軍』島田俊彦 - うちゅうてきなとりで

 

『陸軍中野学校』加藤正夫 - うちゅうてきなとりで

 

『日本の近代9 逆説の軍隊』戸部良一 - うちゅうてきなとりで

 

『日本の近代6 戦争・占領・講和』五百旗頭真 - うちゅうてきなとりで


『Japan's Total Empire』Louise Young - うちゅうてきなとりで

 

 日中戦争・太平洋戦争

『未完のファシズム』片山杜秀 その1 ――日本軍の精神主義の起源 - うちゅうてきなとりで

『未完のファシズム』片山杜秀 その2 ――日本軍の精神主義の起源 - うちゅうてきなとりで

 

『日中十五年戦争史』大杉一雄 - うちゅうてきなとりで

 

『日中戦争 殲滅戦から消耗戦へ』小林英夫 - うちゅうてきなとりで
 

『日本軍と日本兵』一ノ瀬俊也 - うちゅうてきなとりで


『日中アヘン戦争』江口圭一 その1 - うちゅうてきなとりで

『日中アヘン戦争』江口圭一 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『海上護衛戦』大井篤 - うちゅうてきなとりで

 

 

『十七歳の硫黄島』秋草鶴次 - うちゅうてきなとりで

 

『英雄なき島』久山忍 ――硫黄島の戦いと名将の実態 - うちゅうてきなとりで

 

 

『禅と戦争』ブライアン・アンドルー・ヴィクトリア - うちゅうてきなとりで

 

 

『瀬島龍三』保阪正康 - うちゅうてきなとりで

 

『憲兵』大谷敬二郎 - うちゅうてきなとりで


『憲兵物語』森本賢吉 その1 - うちゅうてきなとりで

『憲兵物語』森本賢吉 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『インパール』高木俊郎 - うちゅうてきなとりで

 

『ガダルカナル戦記』亀井宏 - うちゅうてきなとりで

 

『たった一人の30年戦争』小野田寛郎 - うちゅうてきなとりで

 

『南京事件』笠原十九司 - うちゅうてきなとりで

 

『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』戸部良一 - うちゅうてきなとりで

 

『大本営参謀の情報戦記』堀栄三 - うちゅうてきなとりで

 

『レイテ戦記』大岡昇平 その1 - うちゅうてきなとりで

『レイテ戦記』大岡昇平 その2 - うちゅうてきなとりで

『レイテ戦記』大岡昇平 その3 - うちゅうてきなとりで

 

『ミンドロ島ふたたび』大岡昇平 - うちゅうてきなとりで

 

『一下級将校の見た帝国陸軍』山本七平 - うちゅうてきなとりで

 

『私の中の日本軍』山本七平 - うちゅうてきなとりで

 

『ある異常体験者の偏見』山本七平 - うちゅうてきなとりで

 

『地獄の日本兵』飯田進 - うちゅうてきなとりで

 

『海軍伏龍特攻隊』門奈鷹一郎 ――やる前にだれか止めなかったのか - うちゅうてきなとりで

 

『本土決戦』土門周平 ――ひのきのぼうや石のオノで米軍を迎え撃つ - うちゅうてきなとりで

 

『毒ガス戦と日本軍』吉見義明 その1 ――日本軍はどのように化学兵器を使ったか - うちゅうてきなとりで

『毒ガス戦と日本軍』吉見義明 その2 ――日本軍はどのように化学兵器を使ったか - うちゅうてきなとりで

 

 『大本営報道部』平櫛孝 ――大本営発表の内側 - うちゅうてきなとりで

 

『太平洋戦争と新聞』前坂俊之 その1 ――マスメディアと権力との癒着 - うちゅうてきなとりで

『太平洋戦争と新聞』前坂俊之 その2 ――マスメディアと権力との癒着 - うちゅうてきなとりで

 

『餓死(うえじに)した英霊たち』藤原彰 その1 ――日本軍の餓死に関する概説書 - うちゅうてきなとりで

『餓死(うえじに)した英霊たち』藤原彰 その2 ――日本軍の餓死に関する概説書 - うちゅうてきなとりで

 

 

 登戸研究所

『陸軍登戸研究所の真実』伴繁雄 その1 - うちゅうてきなとりで

『陸軍登戸研究所の真実』伴繁雄 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『謀略戦 陸軍登戸研究所』斎藤充功 - うちゅうてきなとりで


 

 特攻

 

『特攻体験と戦後』島尾敏雄・吉田満 - うちゅうてきなとりで

 

『今日われ生きてあり』神坂次郎 - うちゅうてきなとりで

 

『戦艦大和ノ最期』吉田満 - うちゅうてきなとりで


『特攻』森本忠夫 その1 - うちゅうてきなとりで

『特攻』森本忠夫 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『陸軍特攻振武寮』林えいだい - うちゅうてきなとりで

 

 

 沖縄戦

 

『沖縄決戦』八原博通 その1 - うちゅうてきなとりで

『沖縄決戦』八原博通 その2 - うちゅうてきなとりで

 

 『僕は少年ゲリラ兵だった:陸軍中野学校が作った沖縄秘密部隊』NHKスペシャル取材班 ――我が国の少年兵政策 - うちゅうてきなとりで

 

『ペリリュー・沖縄戦記』ユージン・スレッジ その1 - うちゅうてきなとりで

『ペリリュー・沖縄戦記』ユージン・スレッジ その2 - うちゅうてきなとりで

 

『海上護衛戦』大井篤 - うちゅうてきなとりで


 

 その他

『ミグ25事件の真相』大小田八尋 - うちゅうてきなとりで

 

『日本に足りない軍事力』江畑謙介 - うちゅうてきなとりで


 

 ◆技術 

『戦争の科学』アーネスト・ヴォルクマン その1 - うちゅうてきなとりで

『戦争の科学』アーネスト・ヴォルクマン その2 - うちゅうてきなとりで

 

『Weapons and Warfare in Renaissance Europe』Bert S. Hall - うちゅうてきなとりで

 

『機関銃の社会史』ジョン・エリス - うちゅうてきなとりで


 

 戦間期のドイツ軍戦略に関する

『The roots of Blitzkrieg』James S. Corum その1 - うちゅうてきなとりで

『The roots of Blitzkrieg』James S. Corum その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

 

 

 

『暗号を盗んだ男たち』桧山良昭 - うちゅうてきなとりで

 

『原子爆弾』山田克哉 - うちゅうてきなとりで

 

『毒ガス開発の父ハーバー』宮田親平 - うちゅうてきなとりで

 

『生物兵器と化学兵器』井上尚英 - うちゅうてきなとりで

 

『生物兵器』ケン・アリベック - うちゅうてきなとりで

 

 

『サムソン・オプション』セイモア・ハーシュ その1 ――容認された核開発 - うちゅうてきなとりで

『サムソン・オプション』セイモア・ハーシュ その2 ――容認された核開発 - うちゅうてきなとりで


 

『細菌戦争の世紀』トム・マンゴールド その1 - うちゅうてきなとりで

『細菌戦争の世紀』トム・マンゴールド その2 - うちゅうてきなとりで

 

『兵器と文明』メアリー・カルドー - うちゅうてきなとりで

 

『世界の潜水艦』坂本明 - うちゅうてきなとりで

 

『城郭の見方・調べ方ハンドブック』西ヶ谷恭弘 - うちゅうてきなとりで


 

 その他

『三島瑞穂の自衛隊へのアドバイス』 - うちゅうてきなとりで

 

 

 特殊部隊

『極秘特殊部隊シール・チーム・シックス』ワーズディン - うちゅうてきなとりで