うちゅうてきなとりで

The Cosmological Fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『Into That Darkness』Gitta Sereny その1 ――普通の市民が絶滅収容所の所長になったとき


 シュロス・ハルトハイム(Schloss Hartheim)安楽死施設の管理者、ソビボル(Sobibor)、トレブリンカ(Treblinka)絶滅収容所の所長を務めたフランツ・シュタングル(Franz Stangl)とのインタビューをまとめた本。

 シュタングルは戦後逃亡し隠れていたが、1970年にドイツで訴追され、刑務所に収監されていた。

 

 著者は、インタビューを通して、いかなる人間も外的環境と無縁ではないことを学んだ。

 また、ヴァチカンとピウス12世がホロコーストに対して示した態度を、改めて指摘している。

 

 ◆所感

 まったく予備知識がなかったので、極悪収容所長の自伝なのかとおもったが、インタビューから浮かび上がるのは、平均的な公務員、市民の姿である。

 その他の訴追されたナチ戦犯と同じく、ホロコースト政策がなければ、大量殺人行為には加担しなかったのだろう、と思わせるような、平均的な常識と良心を持った人びとである。

 つまり、聖人君子ではないが、悪人や異常者でもない人びとである。

 本人からの陳述に併せて、家族や同僚、関係者にも聞き取りを行っている。本人の言葉は、自己弁護のための嘘なのか真実なのかはっきりしない箇所もある。

 

 


  ***

 1

 フランツ・シュタングルは自分の経歴について説明する。かれは、元々ナチスに対して肩入れをしていなかった点を強調する。

 インタビュー時、シュタングルはデュッセルドルフの刑務所におり、礼儀正しく大人しい囚人だった。

 かれはオーストリアで生まれ、貧しい少年時代を過ごした。学歴の壁を感じたため、織物工をやめ、ウィーンの警察学校に入校した。

 

 著者は、無秩序と犯罪・暴力にさいなまれていたオーストリア社会において「制服uniform」が持っていた魅力について指摘する。

 機動隊への配属、手柄を立てて鷲(The Eagle)の勲章を授与されたこと、これにより、警察の花形であるCID(刑事課 Criminal Investigation Department)に進んだことを回想する。

 当時は社会主義者共産主義者、ナチ党が武装闘争を繰り広げており、かれは刑事としてこうした組織の動向を監視した。

 

 シュタングルによれば、かれの人生が暗転したのは1938年のアンシュルスだった。

ja.wikipedia.org

 ナチ党は権力を掌握し、粛清を始めた。(警察官の功労賞である)鷲勲章をもらった他の数人が逮捕され、2人は射殺された。他にも、多くの幹部が逮捕・射殺されたという。

 シュタングルは身の安全を確保するため、以前便宜を図ったナチ党員に頼んで、自分が非合法ナチ党員であったという過去を捏造した。

 言葉のとおり党員経歴を捏造しただけなのか、それとも実際にナチ党員だったのか、事実は不明である。

 かれはナチ党とドイツ人に嫌悪を抱き、妻との生活に生きる意味を見出していたが、職場環境は徐々に悪化していった。かれは熱心な信者でなかったが、上司にカトリックの棄教を強制された。

 

 1940年に、シュロス・ハルトハイム安楽死施設での管理者業務を命じられた。

 これについて、断れば命の保証がなかったこと、上司のドイツ人から逃げたかったこと、安楽死の是非については、医者が承認しており、また合法でもあることから同意したと弁解している。

 

 著者は、ナチス安楽死計画については、実施前にヴァチカンや聖職者のほとんどが知っており、また神学者のマイヤー教授は計画を弁護する論文を書いたことを指摘する。

 1940年以降、ガーレンをはじめとする神父や司教が抗議の声をあげたが、それまでは、カトリック教会は、教皇ピウス12世(聖座、The Holy See)を筆頭に、安楽死計画を黙認していたのである。

 

 1941年8月、ヒトラーが表向きのみT4作戦(安楽死作戦)を中止したとき、既に20万人以上の障害者が殺害されていた。

 

 

  ***
 安楽死施設の業務では、死亡証明書(death certificate)発行の仕事を主に担当した。著者によれば、障害者だけでなく政治犯も殺害されていたということを、シュタングルは知っていたはずである。
 仕事については妻には何も話さず、業務内容も知らせなかった。



 

  ***
 T4作戦では、通常コネ、縁故によって職員が選ばれた。

 火葬場を担当するには、クリスティアン・ヴィルトのように、強健そうなものが選ばれた。

ja.wikipedia.org

 アラース氏からの聴取によれば、T4要員のうち、1941年に東方に送られ、絶滅収容所に配置されたのは、一部であるという。

 やはり、安楽死作戦から絶滅収容所への職員移動があったようだ。

 

 

 

  ***

 独ソ戦に合わせて、アインザッツグルッペンの活動が始まった。

 

  ***

 


 シュタングルはポーランドのルブリンに転属となり、ポーランド・ルブリン地区親衛隊及び警察指導者オディロ・グロボクニクと直接会った。

 かれの任務は建前上、ソビボルにおける補給基地の建設だった。しかし、実態はユダヤ人を殺処分する絶滅収容所だった。

 現場に到着し、死体の山の上に立つヴィルスを目撃し、絶望した。

 

 ナチス絶滅収容所を秘密裏に運用していた。

 シュタングルによれば、任務を拒否することはできなかった。

 

 鍛冶として徴用されたユダヤ人少年によれば、シュタングルはとても親切であり、おだやかで、だれも傷つけなかった。シュタングルは少年を気に入り、よく仕事を見に来たという。
 シュタングルは、いつも幸せそうな笑みを浮かべていた。


 ヒムラーが視察に来るときは、皆緊張しており、ユダヤ人は姿を見せることを許されなかった

 

 ソビボル絶滅収容所の運用について:

 シュタングルらは、自分たちがどういう役職・「存在」だったか(=指揮官Kommandant)ではなく、些末な「行為」に執着する。

 インタビューでは、自分が粗暴なふるまい、意地悪なふるまいをしなかったことを強調しがちである。

 

 シュタングルの妻と子供たちは、ポーランド人の大家に家を借りて住んでいた。

 ソビボルでの勤務が始まると間もなく、シュタングルの同僚がかれの妻にすべてを話してしまった。妻はシュタングルに詰め寄ったが、「自分は関与していない。わたしの業務は、純粋に行政的なものである(Purely Administrative)」と弁解した。

 妻は敬虔なカトリックであり、絶望した。

 ポーランド人の大家は、シュタングル氏は善良な人物だと慰めた。「わたしたちにいったい何ができるというのですか?」

 

 1942.7には、連合国においてユダヤ人政策の実態が明らかになりつつあった。

 ポーランドレジスタンスの著書「the story of the secret state」は、ソビボル収容所について詳しく記載した貴重な体験録である。

 絶滅収容所が運用されていたのは、ごく一時期であり、またその存在も秘匿されており、何より、生存者がほぼいない。

 1942年は収容所運営のピークであり、年末までに100万人を超えるユダヤ人が殺害されていた。

 

 [つづく]

  ***

 

 

 

人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話

人間の暗闇―ナチ絶滅収容所長との対話

 

 

疫病について

 ウイルスの流行を受けてこれまで読んだ本を思い出した。

 

 

 ◆密集地帯――軍隊、都市

 パールハーバー基地ではスポーツジム利用者の中でコロナ患者が発生し、基地全体が閉鎖された。

 文書が出され、兵隊たちは頭髪を整えておかなくてよいという処置になった。床屋がウイルス感染の可能性が高く、閉鎖されたためである。

 軍人とその家族はいっさいの遠方外出や転勤、海外赴任・帰国をストップされた。

 

 現在は任務に不可欠な整備員等を除いて自宅待機している。

f:id:the-cosmological-fort:20200328110004j:plain

祖父たちの戦争と自分たちの戦争

 

 

 

 

 軍隊や戦争は昔から疫病の発生源・拡大源である。これは、不十分な衛生状態で多くの人間が密集しなければならないからである。

 同じように、都会は昔から病気の巣であり、例えば江戸時代の江戸は地方に比べて死亡率が非常に高かったという。

 一方、こうしたウイルスや菌に対する免疫のない地方出身者や地方の人々は、感染してすぐに死亡する事例が非常に多かった。

 

 都市はウイルス、バクテリアの温床であり、田舎からの人口流入が不可欠だった。十九世紀の軍隊では、栄養失調の都市貧民よりも、健康な田舎青年のほうがずっと疫病による死亡率が高かった。

 田舎の高出生率と、都市・軍隊の高死亡率が均衡を保っていないと、文明は傾くが、この保持は容易ではない。人口と文明の盛衰とのあいだには相関があり、その人口を左右するのは疫病である。

(『疫病と世界史』マクニール)

 

 

 

 ◆人間と生態系、疫病と生態系

 

 

 ロンドン市長から、感染者が出た家を封鎖し、監視員をそこに置くことが告知された。召使も含めて感染者を出した家のものは強制的に軟禁されたが、監視員を殺して死ぬ前に脱走するものも多かった。

 死者数が爆発的に増加してからは、形式的な葬儀は中止され、死人車で死体を穴に運ぶ作業だけがおこなわれた。語り手はこの穴を見物に行ったが、これは建物一個分、深さ数十メートルにおよぶ巨大な墓穴で、ここに無造作に死体が投げ込まれていた。

 感染者のみならず、発狂するもの、感染したとわかって死ぬ前に人に撒き散らそうと出歩く者、死体からものを剥ぐものなど、悪党たちが続々と現れる。また、未熟な手術の最中に死ぬものもいた。曰く、「看護士は病人の死を早める手助けをしていた」、「貧民は感染しているにもかかわらず仕事に行き雇い主たちに被害をおよぼした」。

 ロンドンから逃れてきた貧民や、港に住んでいたものたちは、近郊に疎開しようとするが、住民たちはペストをおそれて受け入れないこともあった。こうして難民たちがキャンプをつくり、歩哨もたてて生活する光景が見られた。

 

 

 

 

 けれども、疫病の問題が根絶されたわけではない。インフルエンザは変異をおこしやすい生物で、スペイン風邪の流行では数百万人が短期間で死亡した。また、疫病の脅威が減ったことで人類の人口増加が加速し、食糧問題をひきおこしている。また、過度の清潔さのためにポリオなど特定のウイルスが強力な毒性を帯び、小児麻痺をひきおこす例がある。生物兵器としての疫病の利用の可能性はゼロではない。

 著者いわく、人類は寄生生物の侵入には脆弱であり、これからも疫病は人類にとっての決定要因だろう。

 

 


 ニューヨーク、ロンドンでは、生物テロが発生した際の準備に取り組んでいるが、検知、ワクチン配布、隔離、治療等、すべての分野において対応は不十分であり、甚大な被害が想定される。

 大都市を舞台にした演習はすべて悲惨な結果となったため、非公表となった。

 

 

 

 コレラが蔓延したときは、感染した女工に無理やり毒薬を飲ませ殺した。まだ絶命していない者もまとめて焼却炉に持っていき焼き殺した。 

 

――むかしはコレラも、赤痢も、チフスも、すべて疫病とよんで1つにしていたように、それぞれの流行病の正体はほとんど暗黒のなかにあった。したがって防疫の方法も皆目立たず、疫病は暗黒のなかで、無力な人びとにむごい力をふるったのである。

 

 

 ◆むかしの日本

 

 

 宗門改帳を分析することでいくつかの意外な結果がみられる。ひとつは、人口推移が西高東低ということである。関東は停滞しているのに対し、近畿以西は人口が増加していることが判明した。

 もうひとつは、北関東と近畿における人口減少である。京大阪江戸という世界でも稀な大都市を抱えながら、なぜ人口が減っていたのだろうか。

 著者は「都市アリ地獄説」という仮説を立てて説明する。ヨーロッパでも見られた現象で、インフラや衛生設備の整備がされていない近代以前には、都市は人間の寿命を縮める場所であったというのだ。

 

 

 ◆理科の勉強

 ウイルスや細菌の性質は非常に不思議である。

 

 

 

 2003年にヒトゲノム(ヒトのDNA塩基配列)が解読された。その結果、全体の1.5パーセントがタンパク質の設計図であり、全体の半分以上がウイルスに由来する塩基配列であることがわかった。

 レトロウイルスが逆転写したDNA由来の配列を「レトロトランスポゾン」、DNAウイルスがヒトゲノムの中に残った配列を「DNAトランスポゾン」という。

 ほ乳類の胎盤機能をはじめとして、かつて動物に寄生したウイルスのDNAが生物の進化に寄与している例が見られる。

 生殖的には全く無関係の他の生物種へと遺伝子が移動する「水平伝播」という現象には、ウイルスが関与している可能性が高い。

 

 

 

 ゲノム解読の結果、ヒトの遺伝子はアブラナよりそう多くはないということがわかった。なぜヒトの遺伝子は意外に少ないのか。

 

 ――私は、知的だからこそ遺伝子は少なくてすむのだと考えたい。知的であるおかげで……わずかな数の遺伝子で複雑な機能を実現できるのではないのだろうか。わたしたちは脳を持つので、眼のない小さな線虫と比べて、感覚も鋭く、運動能力も大きく、取りうる反応の種類も多い。

 

 一方、植物は行動の選択肢が少ないため、様々な環境に対処するために多数の遺伝子をもたなくてはならない。

 ヒトのような複雑生物は外部から物質を取りこまないよう設計されている。

 一方、細菌は激しい化学変化にさらされるため外部の影響に適応するようつくられている。このため、高温環境や無酸素環境、太陽の影響の全くない場所で生きられる種が存在する(「極限環境微生物」)。