うちゅうてきなとりで

The Cosmological Fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

固定記事 ◆図書案内

 ◆随時更新中

 

 本ブログに保管されている本メモ・感想文のリストです。

 現在、以下のリストから漏れている本もあります。

 ※ 壊れている記事があるので修正中

 

図書案内:日本と歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:戦争と軍 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ヨーロッパの歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:東アジア、東南アジアの歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ロシアの歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ロシア文学 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ドイツ文学及びオーストリア文学 - うちゅうてきなとりで

図書案内:フランス文学 - うちゅうてきなとりで

図書案内:イギリス文学とコモンウェルス - うちゅうてきなとりで

図書案内:アメリカ文学 - うちゅうてきなとりで

 

 以下のカテゴリからは、すべての図書メモを確認できます。

◆歴史の本 カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

◆海外のフィクション カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

◆日本のフィクション カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

◆その他の本 カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

 

固定記事 ◆図書案内

 ◆随時更新中

 

 本ブログに保管されている本メモ・感想文のリストです。

 現在、以下のリストから漏れている本もあります。

 ※ 壊れている記事があるので修正中

 

図書案内:日本と歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:戦争と軍 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ヨーロッパの歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:東アジア、東南アジアの歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ロシアの歴史 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ロシア文学 - うちゅうてきなとりで

図書案内:ドイツ文学及びオーストリア文学 - うちゅうてきなとりで

図書案内:フランス文学 - うちゅうてきなとりで

図書案内:イギリス文学とコモンウェルス - うちゅうてきなとりで

図書案内:アメリカ文学 - うちゅうてきなとりで

 

 以下のカテゴリからは、すべての図書メモを確認できます。

◆歴史の本 カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

◆海外のフィクション カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

◆日本のフィクション カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

◆その他の本 カテゴリーの記事一覧 - うちゅうてきなとりで

 

『大元帥・昭和天皇』山田朗 その2 ――最高指揮官の行動をたどる

 3 アジア太平洋戦争における天皇の戦争指導

 天皇が、対英米戦争への躊躇から、容認へと転換した理由について考える。

 

 海軍……「ジリ貧論」(アメリカから石油禁輸されたら数か月以内に開戦すべし)、勝利の可能性は不明、覚束ないとの永野総長回答

 

 杉山総長に対する昭和天皇の有名な台詞……

 

 ――支那の奥地が広いというなら、太平洋はなお広いではないか。

 

 見通しのない対英米戦争に対し天皇は、外交を優先せよと指導した。このため陸海軍は、天皇をいかに説得するかに腐心した。

 9月、10月、陸軍部は持久戦可能のデータを、海軍部は真珠湾攻撃計画の説明と持久戦概要資料を作成した。

 

 11月15日、御前兵棋演習の際、天皇は勝算についてではなく戦術的な問題について下問した。

 

 ――……明日御前に出ると「昨日あんなにおまえは言っていたが、それほど心配することもないよ」と仰せられて、少し戦争の方へ寄って行かれる。また次回にはもっと戦争論の方に寄っておられる。つまり陸海の統帥部の人たちの意見がはいって、軍のことは総理大臣には解らない。自分の方が詳しいという御心持のように思われた。

 

 10月18日、首相に就任した東条は、一般的なイメージとは違い、あくまで天皇の意志に忠実であり、主戦論者たちをけん制した。しかし、天皇自身は開戦論に既に傾いていた。

 天皇は自身の意見である「ローマ方法を介した外交交渉」も含めた開戦案に同意した。

 

 開戦後、連合艦隊や陸軍の中堅幕僚が、統帥部の意図を超えた拡大方針をとりはじめた(インド洋、オーストラリアへの進出、ビルマインパール方面への進出)。

 

 緒戦勝利の雰囲気に流されつつ、天皇は作戦の繰り上げや督戦を指導し、また各戦線について増派などを要望した。

 

 ――統帥部は、現地軍に兵力や弾薬・食糧を贈れないとき、あるいは送りたくないとき、しばしば天皇の「ごかしょうの御言葉」や「ご×念」を打電して、将兵に物的戦力以上のものを発揮するよう要求した。

 

 1942年6月ミッドウェー海戦の敗北の際、天皇は東郷を見習い泰然と振舞った。

 

 ――天皇の言動に余裕が感じられなくなるのは、1942年8月以降、東部ニューギニアガダルカナルでの攻防戦が激化してからである。

 

 ガダルカナルでは陸軍航空隊の増派を主張し陸軍部の方針を変えさせた。

 この時期の特徴……陸海軍の作戦を認めたうえでの叱責や督促、消極性批判。

 

 1943年、アッツ島玉砕やアリューシャン作戦失敗により天皇は不機嫌になり、陸海軍双方に疑念を持ち始めた。

 

 ――……何とかしてどこかの正面で米軍を叩きつけることはできぬか。

 

 天皇は決戦、前進、戦力拡充を促した。アッツ島失陥以来天皇は海軍の消極的作戦指導に不満を抱いていた。永野総長は上奏のたびに小言を言われている。

 1943年9月の絶対国防圏設定後は、攻勢防御を主張した。

 

 

  ***

 4 敗戦と天皇

 1944年3月以降、疲労のためか、戦争指導意欲が低下し、下問や注意が極端に少なくなる。

 クーデタをたくらむ勢力(海軍中堅幹部ら)のコメントでは、天皇東條英機への信任はまだ篤かった。

 1944年2月、天皇の了解を得て、東條は、周囲の反対を押し切り参謀総長も兼任した。しかし戦況悪化から民心は離れ、天皇も不満を持つようになった。

 

 ――……六月上旬、宮中での毎週恒例の映画鑑賞会のおりに、高松宮が「陛下の御耳には少しも政府以外の情報が入らぬ」と進言したところ、天皇は「そんなことはない」と言い返し「激論」になったという。……天皇は東條を信任し、東條は天皇の信任を盾に断固として権力にしがみつく構えであった。

 

 1944年7月のサイパン陥落、8月のテニアン喪失は、米軍の本土爆撃を可能にした。このため、軍人たちの一部は敗戦がほぼ確実だと感じた。

 

 天皇は陸軍主導の一撃講和方針を支持したが、一方、戦争指導への意欲はなくなり、通り一遍のコメントしかしなくなった。

 

 戦況上奏について……

・日日戦況報告:戦況に関し奏上、戦況に関し御説明資料、用兵時効に関し上聞書、今後の作戦指導に関する件など。

 

 ――報告を見る限り、すくなくとも天皇は日本軍の損害については熟知していたはずである。

 ――大本営の発表はともかく、統帥部としては戦況はもし最悪なものでも包まず遅滞なく天皇には御報告申し上げておったので……(木戸幸一日記)

 

 ただし戦果は大本営発表同様過大報告だった。

 1944年10月の台湾沖航空戦は、過大報告の典型であり、天皇勅語を出した。

 

 ――結論的に言えば、台湾沖航空戦の幻の大戦果は、戦闘に参加した現地航空部隊からの報告自体が錯誤に基づく膨大かつ曖昧なものであり、それが大本営においても厳密な戦果判定審査を経ないままに戦果として認定され、天皇に上奏されたのである。

 

 現地部隊の報告は元々過大な傾向があるが、連合艦隊(慶応大日吉キャンパスに移転していた)から大本営海軍部に伝わるにつれてさらに戦果が水増しされていった。

 

 ――大本営は虚報を意図的に捏造したというよりも、誤報と希望的観測によって自己欺瞞に陥ったのである。

 

 ――その後も、全滅させたはずの米空母を続々と発見したという策敵機からの報告が上奏されていることからも明らかなように、……以前の戦果報告との矛盾は明らかである。……台湾沖航空戦についても、「朕深く之を嘉尚す」との勅語まで出してしまった以上、統帥部も天皇も引っ込みがつかなかった。

 

 10月25日から始まったフィリピン沖海戦では特攻隊が導入された。

 天皇の「よくやった」発言は、特攻隊計画者たちの回想にのみ出現するため、真偽に疑いがある。

 レイテ決戦断念の顛末……小磯首相も天皇も知らされておらず、決戦に向けて国民を鼓舞してきたためどうしたものかと困惑した。

 天皇は軍人以外を近づけず、戦争終結の手立てを打とうとしなかった。

 

 1945年2月の近衛上奏文は、敗戦必至・講和促進を訴えるものだったが、天皇は「もう一度戦果を挙げてからでないとなかなか話は難しいと思う」と拒否した。

 沖縄戦においては、大本営陸軍部だけでなく天皇も、持久戦を非難し攻勢をかけるよううながした。

 

 大和の「海上特攻隊」は、連合艦隊作戦参謀神重徳らの提案だが、天皇の「航空部隊だけの総攻撃か」という下問が影響していた。こちらは、天皇の言葉を参謀が利用したものである。

 「聖断」シナリオは、原爆投下とソ連参戦の後に実行された。天皇は軍に対する信頼を失っていた。

 

 

 軍服を着た大元帥イメージの払しょく……地方巡幸

 

 天皇大元帥感覚が抜けず、1947年にGHQ外交顧問シーボルトに密使を派遣し、「沖縄を米が軍事占領し続けることを希望する」との意志を伝えた(沖縄メッセージ)。

www.huffingtonpost.jp

 

 天皇は芦田内閣にしばしば内奏を求め、また政府の頭越しに保守勢力として外交を展開していた。

 

 

  ***
 疑問と回答

天皇は積極的に戦争指導を行い、戦況についても細かく把握していた。

天皇は領土拡大論者だった。一方、軍部にありがちな極端な精神主義、冒険主義、謀略は嫌った。

・末期には決戦にこだわった。また基本的に決戦後講和論を支持していたため、「聖断」シナリオ発動は遅れた。

・最高司令官としての振る舞いを意識

・軍事思想はオーソドックス(軍部との違い)、先制と集中、攻勢主義者

・帝国憲法には「君主無答責」(責任なき権力)の規定はない。

天皇は戦争遂行の中核であり、制度上も、実際の運用においても、その最高責任者だった。

 

大元帥 昭和天皇 (ちくま学芸文庫)

大元帥 昭和天皇 (ちくま学芸文庫)

  • 作者:山田 朗
  • 発売日: 2020/07/10
  • メディア: 文庫
 

 

『大元帥・昭和天皇』山田朗 その1 ――最高指揮官の行動をたどる


 ――本書は、大元帥としての昭和天皇の軍務と戦争関与の実態を、可能な限り具体的に明らかにしようとしたものである。

 

ja.wikipedia.org

 

 ◆所見

 天皇は何も知らなかった説、常に戦争に反対していた説が、資料(側近、軍部、天皇自身の発言録)によって明確に否定される。こうした説は、天皇とGHQ、その周辺が生き残りのために流布した説である。

 軍の最高指揮官としての、命令決裁、御下問、日々の戦況報告受けや、作戦指導、士気高揚策など、具体的な天皇の活動を知ることができる。

 

 指揮官としての心構え……部下に動揺を見せないこと、士気に気を配ること等、天皇は気を使っていたようである。また、戦術についてはオーソドックスを好み、極端な冒険主義、精神主義、国際社会の非難を受けるやり方を嫌っていた。

 

 しかし、より高い次元での判断――中国戦線拡大、満洲国設立、対米開戦――が明らかに失敗だった。

 また、満州事変や盧溝橋事件など、隷下の軍による独断行動を、「結果良ければすべてよし」として容認した結果、規律を低下させ、部隊のコントロールを失うことになった。

 

 戦果については、軍が天皇をだましていたのではなく、軍と一体化し、いい加減な情報分析で間違いを繰り返していただけである。

・失敗指揮官としての責任

国家元首としての責任

 

  ***

 1 大元帥への道

 裕仁は1901年に生まれ、弟雍仁(のちの秩父宮)とともに、枢密顧問官・海軍中将川村純義宅に預けられた。

 1912年、喜仁親王大正天皇)が即位したときは、学習院初等科で院長乃木希典から教育を受けていた。同年陸軍歩兵少尉・海軍少尉となった。

 

 将来の大元帥となるため、24歳までに大佐に昇進した。

 

 1913年からは東郷が長を務める東宮御学問所での勉学が始まった……「倫理・歴史・地理・数学・地文・国漢・博物・理化・フランス語・習字・法制経済・美術史・体操・武道・馬術軍事学」。

 健康状態の優れない大正天皇にかわって、1919年頃から代理で業務に就くことが多くなっていた。

 

 ――皇太子(裕仁)の欠点とは、人前で落ち着きのないこと、性格が内気で、物事を徹底的に追究しようという気力に欠けることであった。

 

 皇太子は20歳で摂政となった。

 大元帥は日本の軍隊を親率する立場であり、1898年、元帥府設立によって制度化された。あわせて統帥権の独立(内閣からの独立)も確立した。

 実際の統帥権の行使は

・最高命令の発令

・下問などを通しての作戦指導

将兵の士気の鼓舞

 に集約された。

 

 大元帥たる天皇を補佐したのが元老・内大臣侍従長・侍従次長・宮内大臣・侍従武官長・侍従武官などである。

 

 

  ***

 2 大陸への膨張と昭和天皇

 1926年、大正天皇が死亡し裕仁践祚した。天皇山東出兵の裁可や行事出席などで非常に多忙となった。

 1928年、張作霖爆殺事件が発生した。

ja.wikipedia.org

 

 ――従来、張作霖は日本の支援で満州を支配し、日本は張作霖の協力で満州に権益を拡張してきた。……この爆殺事件は、関東軍高級参謀河本大作らの仕組んだ謀略であった。河本らは、張作霖を暗殺することによって満州の治安状態を悪化させ、それに乗じて関東軍を出動させて一挙に武力占領してしまおう、ともくろんでいた。だが関東軍司令部は、部隊の出動を認めず、日中両郡の衝突事件もおこらず、この計画は失敗した。

 

 

 翌1929年、天皇は、事件をうやむやにしようとした田中義一を叱責した。

 田中内閣総辞職には、天皇大権(上奏の重み、人事)を軽視する田中を排斥しようとする宮中の意図も働いていた。

 

 1931年9月18日の満州事変では、天皇閣議の不拡大方針に賛同したが、奈良侍従武官長の楽観論に影響を受け、関東軍の抑制にはあまり熱心ではなかった。

 翌年3月の満洲国まで、天皇はどっちつかずの態度をとり、時には大元帥として、関東軍を鼓舞した。

 

 ――これにより、関東軍の謀略と朝鮮軍による越権行為ではじめられた満州事変は、天皇によって「東洋平和の基礎を確立」する正義の戦いと認定された形となったのである。

 

 天皇満洲だけならば取得しても国際問題にはならないと考えていた形跡がある。

 

 ――天皇は、関東軍の熱河侵攻という新たな膨張行動を憂慮しつつも、かつての暴走の主役たちを国威を発揚した英雄として手厚く遇したのである。

 

 1933年2月、熱河侵攻が始まり直後、日本は国際連盟を脱退した。天皇は侵攻作戦を批判したが、中止は要求しなかった。

 

 1936年の二二六事件において天皇が激怒したのは、自らの天皇大権が侵されたことによる。『独白録』では、天皇免責論の観点からこの要素は省かれた。

 

 盧溝橋事件直後、天皇は不拡大・早期収拾を望んだが、上海に戦線が拡大すると、早期決戦のため大規模増派を主張した(『独白録』)。天皇ソ連の動向を警戒していた。

 

 1937年11月に大本営が設置された。明治の大本営と異なり、構成員が軍人に限られていたが、「独自の世界戦略を構想し、政府を引きずり回す存在となっていく」。

ja.wikipedia.org

 さらに大本営内部でも陸軍、海軍が別個に戦略を立て命令を出していた(大陸命と大海令)。

 天皇は命令の允可、下問等を行い、参謀たちも天皇に納得してもらうため、説明資料や想定問答集を準備した。

 

 1938年の御前会議に先立ち、西園寺は天皇が責任を負わないことに腐心した。

 天皇は不拡大方針の参謀本部ではなく、国民党拒否・戦争継続派の政府(近衛首相、杉山陸相、広田外相、木戸文部大臣)に賛成した。

ja.wikipedia.org

 

 天皇は、国策決定の場である御前会議とは異なり、大本営御前会議では積極的に御下問・御意見を発した。

 個別の作戦や戦況についても質問するため事務当局は苦労した。

 

 1938年には大陸軍は68万人に達していた。動員限界に達したため、以後は不拡大・持久戦・奥地爆撃に依存せざるを得なかった。

 

 以下、天皇統帥権行使の例を挙げている。

 

 1938年7月、張鼓峰に進出したソ連軍への攻撃を板垣陸相が上奏した際、「海相、外相も賛成している」とうそをついたため、天皇は激怒した。

 ところが現地の第十九師団が独断で攻撃すると(張鼓峰事件)、これを賞賛した。

ja.wikipedia.org

 

 ――またしても、天皇の結果優先の論理により独断専行の戦争挑発者は、英雄になったのである。

 

 1940年の「宜昌をなんとかならないのか」発言は、陸軍の方針を転換させた。

ja.wikipedia.org

 

 また年度作戦計画奏上の際、中立国タイを侵犯する計画が気に食わず、陸軍に変更させた。

 

 天皇はナポレオンを尊敬しており、マキャヴェリズムではなく、八紘一宇精神に基づいた領土拡大を自らの使命と考えていた。

 

 1940年8月から、海軍は戦時体制移行である「出師準備」(すいしじゅんび)を開始していた。対米戦の準備を受けて、天皇は陸軍に対しても南方進出の準備を促した。

 日タイ軍事協定問題をめぐって、政府と統帥部が対立したことを天皇が非難したため、以後、首相・両総長の列立上奏が採用された。

 

 1941年6月 独ソ戦開始を受け、7月、帝国国策要綱にて、日中戦争継続、南方進出、対ソ戦、対米戦辞せずの方針を決定した。

 天皇は、対英米戦不可避としながら計画や物資のない状況を懸念し、南部仏印進駐に否定的だった。

 関特演についても、火事場泥棒的な徴発として消極的だった。

 

  ***

 [つづく]

 

大元帥 昭和天皇 (ちくま学芸文庫)

大元帥 昭和天皇 (ちくま学芸文庫)

  • 作者:山田 朗
  • 発売日: 2020/07/10
  • メディア: 文庫
 

 

 ◆参考メモ

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

the-cosmological-fort.hatenablog.com

the-cosmological-fort.hatenablog.com

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

最近観たNetflixのカタルーニャ番組

www.netflix.com

 

 カタルーニャ独立運動を題材に作られたドキュメンタリーです。

ja.wikipedia.org

 

 スペインはまだ行ったことがないので行きたくなりました。

 ぽつぽつと本は読んでいましたが、あらためて調査しようと思い古本を買いました。

 

 

 

 

 

バスクとバスク人 (平凡社新書)

バスクとバスク人 (平凡社新書)

  • 作者:渡部 哲郎
  • 発売日: 2004/04/16
  • メディア: 新書
 

 

 ◆参考本メモ

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com

 

the-cosmological-fort.hatenablog.com