うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『生物兵器と化学兵器』井上尚英

 化学兵器生物兵器の歴史と代表的な種類を説明する本。

 化学兵器ハーグ陸戦条約ジュネーブ条約などで制限されてきたが、こうした施策は完全なものではなく、現代においても各戦争において使用され、またテロリストの攻撃手段としても利用されている。

  ***

 化学兵器

 古代においては亜硫酸ガス等の使用が見られる。ギリシア人の用いた「ギリシアの火」は毒性の煙を用いた兵器だったと考えられる。

 本格的な化学兵器の開発は産業革命以後であり、実戦で用いられたのはドイツによるイープル攻撃である。ここでは塩素ガスとマスタードガスが使われ、マスタードガスはその効力を記念して「イペリット」と呼ばれるようになった。

 ドイツは神経剤としてタブン、サリン、ソマン、VXを開発していたが使われることはなかった。戦後は各国が化学兵器の開発に取り組んだ。

 近年においてはイランイラク戦争湾岸戦争イラク戦争等で利用されるほか、オウム真理教によるサリンの利用が世界的に有名である。

 神経剤―サリン、VX

 びらん剤―マスタードガス

 肺剤―塩素、ホスゲン

 暴動鎮圧剤―催涙ガスのこと、CN、CS

 無能力化剤―BZ、向精神薬のようなもの

 血液剤―シアン化物、大戦中はチクロンBがユダヤ人政策で使われた

  ***

 生物兵器

 生物兵器の原始的な利用法は屍体を投げこむことである。生物毒は自然界に無数に存在し原料は無限にある。また、使用が迅速に判別できない特徴もある。

 生物兵器の利用例では炭疽菌テロが記憶に新しい。

 代表例

 炭疽菌

 痘瘡ウイルス

 ブルセラ属菌

 Q熱リケッチア

 野兎病菌

 ペスト菌

 ボツリヌス菌毒素

 トリコセテン・マイコトキシン

 リシン

  ***

 各国はオウム真理教事件等を受けてBC兵器テロ対策に取り組んでいる。 

 

生物兵器と化学兵器―種類・威力・防御法 (中公新書)

生物兵器と化学兵器―種類・威力・防御法 (中公新書)

 

 

  ***

化学兵器生物兵器についてのその他の本。

細菌戦争の世紀

細菌戦争の世紀

 

 

War of Nerves: Chemical Warfare from World War I to Al-Qaeda

War of Nerves: Chemical Warfare from World War I to Al-Qaeda

 

 

生物兵器―なぜ造ってしまったのか? (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

生物兵器―なぜ造ってしまったのか? (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

 

 

陸軍登戸研究所の真実

陸軍登戸研究所の真実