うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『Moscow 1941』Rodric Braithwaite その2

 正規軍に加えて、大量の義勇兵が徴発された。多くの男女学生、農民、映画関係者、文学者たちが義勇兵として戦争に参加した。

 しかし、モスクワにおいてはその大多数が志願であり、だれもが前線に行きたがった。

 従軍作家シモノフは、前線の様子が、かつてのノモンハンとは全く異なることに唖然とした。ソ連軍の飛行機は次々撃墜され、兵隊は虐殺され、軍はドイツ軍に対してみじめに負けていた。

 しかし、かれは事実を公表することができず、善戦ぶりを褒めたたえる記事を書いた。

 

・体育学生たちは特別な部隊に召集され、特殊部隊としての訓練を受けた。かれらは高い水準の練度を維持したため、結果的にその他の義勇軍よりも長生きした。

 多くの義勇軍は、貧弱な装備と低い能力のまま前線に送られ、ドイツ軍に殺戮された。

・女性は看護婦としてだけでなく、兵士、パイロットとしても活躍した。女性パイロットの活躍は特に顕著であり、ソ連邦英雄になった女性が多数いた。

 同時に、女性たちは戦場で性的欲求の対象となり、セクハラ、暴行、性的搾取が蔓延した。

・作家、映画関係者、芸能関係者、音楽家たちは、プロパガンダ活動に従事するか、または塹壕を掘った。

 工場は24時間体制で稼働した。

スターリンは軍人たちを厳しく取り締まった。政治委員、NKVDによる専門督戦隊、懲罰部隊を編成し、指揮官から兵隊まで、まんべんなく処罰した。

 

 多くの高級軍人が失敗、無能、臆病、または不運のために逮捕され処刑された。包囲された者は、人間の盾になるのを防ぐため、家族も呼ばれて処刑された。捕虜になった者は裏切り者として処刑された。

 命令270号、命令227号を根拠に、各部隊に懲罰部隊が作られた。部隊はさまざまな規律違反者によって構成され、危険な前線に送られた。

 モスクワの防空態勢構築に関しては、当初はレニングラードを参考にしようと考えられた。しかし、冬戦争におけるフィンランド空軍の攻撃は微力だったため、あまり参考にはならなかった。

 英仏を参考に、地下シェルター、空襲警報、建物のカモフラージュ、灯火管制等が整備された。

 英本土空襲とは異なり、ドイツの空爆は小規模だった。これは、ロシアの諸都市まで距離があったこと、滑走路の質が悪かったことによる。それでも、モスクワだけで2000人以上が死んだ。
 スターリンはモスクワの防空態勢を確保するために、前線に多大なコストを強いた。やがて、赤色空軍がドイツ空軍に対し優勢に立った。

 

 3

 モスクワ防衛線の指揮はSTAVKA(ソ連軍総司令部)およびGKO(ソ連国家防衛委員会)がとった。

 1941年10月、ドイツは赤軍の防御を突破し、包囲を行った(ドイツによる「タイフーン作戦」)。

 ヴァジマ、モジャイスクといった都市がドイツ軍に包囲され、陥落していった。

 スターリンは当初、包囲の報告をした将軍と偵察パイロットを虚偽としてNKVDに逮捕させようとしたが、事実と判明すると、当該将軍は昇任した。

 

 多数の義勇兵が前線に送られ、大量死した。

 ドイツ軍がモスクワに接近するにつれて、市内でもパニックが起こった。NKVDは、スターリン直接の命令により敵占領後の抵抗活動を準備した。また、一部の技師はスターリンのための秘密の地下壕を郊外に建設した。

 後年、秘密の地下壕は観光名所となり、訪れる人は「建設者が口封じのために全員射殺された」という伝説を信じた(事実ではない)。

 [つづく] 

Moscow 1941: A City & Its People at War: A City and Its People at War

Moscow 1941: A City & Its People at War: A City and Its People at War