読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『ペリリュー・沖縄戦記』ユージン・スレッジ その2

 もっとも精神を痛めつける武器は砲弾で、特に無防備な状態で砲撃にさらされることは、ベテラン兵士であっても耐えがたいものだったという。

 海兵隊は仲間の絆を重視し、実際、信頼関係があったからこそ力を発揮できたと著者は回想する。

 

 ――珊瑚礁岩の染みを見ていると、政治家や新聞記者が好んで使う表現がいくつか頭に浮かんだ。「祖国のために血を流し」たり「命の血を犠牲としてささげる」のはなんと「雄々しい」ことだろう、等々。そうした言葉が空疎に思えた。血が流れて喜ぶのはハエだけだ。

 

 ――私のなかの何かがペリリューで死んだ。失われたのは、人間は根っこのところでみな善人だ、という説を信念として受け入れるような、子供っぽい無邪気さかもしれない。しかし、自分は戦争の野蛮さに耐えなくても済むくせに失敗を繰り返し、他者を戦場に送り続ける政治家という存在を、信じる気持ちを失ったのかもしれなかった。

 

  ***

 アイヴィーリーグ出身の、若い新任士官の風景。

 

 ――私は戸惑いを隠せなかった。どう見ても、戦争をフットボールボーイスカウトのキャンプと取り違えていたからだ。

 

 沖縄戦の時期に補充された新兵は教育程度が低く、基礎訓練の後そのまま戦地に送り込まれたようだった。かれらは手りゅう弾を箱詰めのまま投げ、何をすればいいかもわからずほとんどが殺害された。

 

  ***

 ――あんなに帰国を望んでいた戦友が、海外戦線にふたたび志願することを考えているなどと書いてよこす気が知れなかった。戦争にはうんざりしていても、ふつうの社会生活や安楽な国内の軍務に順応することのほうがむずかしかったのだ。

 戦場を経験した者にとっては、ささいなことで不満を言う市民がうっとうしかったという。

 

  ***

 沖縄戦は泥とぬかるみ、「人間肉挽機械(ヒューマン・グラインダー)」と呼ばれる砲弾と機関銃の嵐をかいくぐらなければならない場所だった。

 著者は戦場の風景を細部まで記憶している。

 沖縄戦は砲火が激しく、屍体の回収にも時間がかかった。このため、日本兵、米兵の屍体があちこちに散乱し、着ている服の裾やポケットから大粒のうじ虫があふれだすようになった。

  ***

 海兵隊員として戦った著者は、自分の体験に対して相反する2つの評価を下している。

 この両面のどちらもが戦争の構成要素であり、自分の見たい方だけを取り上げて論じることはできない。

 

 ――戦争は野蛮で、下劣で、恐るべき無駄である。戦闘は、それに耐えることを余儀なくされた人間に、ぬぐいがたい傷跡を残す。そんな苦難を少しでも埋め合わせてくれるものがあったとすれば、戦友たちの信じがたい勇敢さとお互いに対する献身的な姿勢、それだけだ。海兵隊の訓練は私たちに、効果的に敵を殺し自分は生き延びよと教えた。だが同時に、互いに忠誠を尽くすこと、友愛をはぐくむことも教えてくれた。そんな団結心がわれわれの支えだったのだ。

 

  ***

 ◆メモ

 地上戦闘がどのような様子なのか、戦争に参加することがどういうことなのかを示す本。

 戦争には国際政治の一要素という側面がある。わたしたちは、抑止や外交戦略という観点から、もしくは鬱憤晴らしや現状打開のために、気軽に戦争という選択肢を考慮しがちである。

 しかし、ほとんどの人間が直面する戦争とは、おそらくこの本に書かれているような現実である。

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

 

 

『ペリリュー・沖縄戦記』ユージン・スレッジ その1

 海兵隊に志願し、パラオ諸島ペリリュー島の戦い、沖縄戦に参加した兵隊の回想録。太平洋戦争の様子が細かく書かれており、兵隊たちの悲惨な状況を知ることができる。

 構成は次のとおり。

・志願とブートキャンプ

ペリリュー島の戦い

沖縄戦

 著者は戦争に乗り遅れないように、士官候補課程(ROTCの原型)を途中でやめ、一兵卒として入隊した。

  ***

 最初に派遣されたのがパラオ諸島ペリリュー島で、海兵隊第1師団は島の日本軍守備隊を掃討する任務を与えられた。島での戦闘は、海兵隊アムトラックで上陸し、日本兵の迎撃をかいくぐり制圧した後、陸軍と交代するというものである。日本兵は万歳突撃をやめ、持久戦法をとるようになっており、米軍の被害は大きくなった。

 以下、著者が経験した戦争の風景について……

・ベテラン兵は皆うつろで生気のない眼をしていた。

海兵隊を含む米軍に共通していたのは、みなぎる日本人(ジャップ、ニップ)への憎悪だった。降伏すると嘘をついて、米軍偵察隊を皆殺しにしたゲッチィ大佐事件や、真珠湾攻撃などを受けて、日本兵は卑怯であるというのが米軍の認識となっていた。

 

 ――……あの戦いのさなか、海兵隊員たちは間違いなく、心の底から、激しく日本兵を憎んでいた。こうした憎悪を否定したり軽視したりするなら、私が太平洋の戦場で生死を共にした海兵隊員たちの固い団結心や熱烈な愛国心を否定するのと同じくらい、真っ赤な嘘をついていることになるだろう。

 

・ブートキャンプには、兵隊が生き延びるために必要な要素が詰まっていた……弾の音がしたらすぐに伏せること、眠らないこと、闇の中でも音や気配を察知すること、銃の扱いに習熟すること等。

・戦利品漁りは、兵隊の中でも当たり前に行われていた。かれらは日本兵の物品を手に入れ、また金歯を抜き取った。ある兵隊は生きている日本兵の口を耳元まで切り裂き金歯をナイフで抜き取った。

 

 ――歩兵にとっての戦争はむごたらしい死と恐怖、緊張、疲労、不潔さの連続だ。そんな野蛮な状況で生き延びるために戦っていれば、良識ある人間も信じられないほど残忍な行動がとれるようになる。われわれの敵に対する行動規範は、後方の師団司令部で良しとされるものと雲泥の差があった。

 

・後方部隊の人間が、戦闘終結後にやってきて、日本兵の屍体から物品を漁る場面が多々見られた。

・ハワイやフィリピン等大規模な司令部、基地のある島と異なり、小島やへき地の環境は過酷だった。駐留地であるパヴヴ島は腐ったココナッツで地面が埋め尽くされ、足元はぬかるんだ。

・前線の歩兵は不潔に悩まされた。からだは垢や油で黒くなり、悪臭が鼻をついた。水の少ない南洋での戦いは、油の浮いた水や、白濁した水たまりの泥水を飲まなければならなかった。

  ***

 戦闘は兵士に大きなストレスを与え、かれらの精神は興奮と絶望とで振り回された。

 

 ――私は身震いし、息が詰まった。怒りと苛立ちと無念の思いがこみ上げ、激しい嫌悪感に襲われる。それは、仲間が窮地に陥っているのを見守っているほかないときに、いつも私の心を苛む感情だった。

 

 ――……そのとき、この状況の意味する現実が、ゆっくりと頭のなかで形を成していった。――われわれ歩兵は消耗品同然なのだ!

 

 ――容易には受け入れがたい事実だった。われわれは生命と個人の価値を尊重する国に生まれ、そういう文化のなかで育ってきた。自分の命など何の価値もないと思い知るのは、孤独の極みともいうべきだった。惨めなことこのうえもない体験だった。大方の古参兵は、すでにガダルカナルの戦場で、あるいはグロスター岬の戦闘で、こうした現実を思い知らされてきた。

 

[つづく]

 

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)

 

 

『幕末の天皇』藤田覚 その2

 4 鎖国攘夷主義の天皇

 孝明天皇即位の時代には、外国船が次々に訪れ開国と通商を要求していた(1844年以降)。

 幕府はアヘン戦争の二の舞を避けるために、朝廷や諸国大名に助言を求めた。

 1853年のペリー来航後、幕府は日米和親条約、日英和親条約、日露和親条約を締結し、朝廷に事後承諾を求めた。

 朝廷は、外国からの圧力に対し、ひたすら神社・寺院での祈祷を進めた。しかし内部では、開国論とそれに反対するものとで内紛が起きていた。

 日米修好通商条約の締結に際し、孝明天皇が幕府の調印要求を拒絶したため、朝幕の軋轢は決定的となった。

 

 ――……調印以前に朝廷の勅許を求めようとした背景には、条約締結に対する強い異論を、勅許により天皇の権威を利用して封じこめるという意図とともに、簡単に勅許が得られるという読みがあった。……よもや朝廷の強硬な反対により勅許を得られないという事態がおころうとは、思ってもみなかったようだ。

 

 条約拒否の勅答をめぐっては、下級官人が攘夷を求めて押し寄せるという公家一揆が発生している。

 大老井伊直弼が朝廷を無視し条約調印を通知したため、孝明天皇は激怒し攘夷派の水戸藩徳川斉昭)、御三家、御三卿、諸大名に手紙を送った。

 井伊直弼は対抗策として攘夷派を弾圧した(安政の大獄)。

 

 5 江戸時代最後の天皇

 その後、孝明天皇は公武宥和を唱え、幕府が一定の期間を経た後、鎖国をするならば問題はないという考えになった(公武合体鎖国攘夷)。

 しかし、尊王攘夷の志士たちによるテロ活動と圧力が強まった。

 朝廷の権威がさらに強まる一方、孝明天皇公武合体派(会津藩薩摩藩等)の意思はかき消されていった。

 

 ――草莽の志士と尊攘派の公家が公然と結合し、尊王攘夷はより過激なものとなっていった。……いわば朝廷が尊攘派に乗っ取られた形になった。

 

 孝明天皇公武合体派の公家は、「八・一八の政変」で朝廷内から過激派を追放した(七卿落ち)が、以後幕府に追従する方針しかとれなくなり、支持を失った。

 孝明天皇は1865年、四か国連合に対する通商条約調印に同意したが、これは開国派への大幅な譲歩だった。さらに幕府の長州征伐に勅許を与えたため、尊攘派から完全に見放された。

 

 ――公武合体・大政委任という江戸時代の朝幕関係、ひろく江戸時代の国政の枠組みをあくまで守ろうとする孝明天皇は、まさに「江戸時代の天皇」そのものであった。しかし、江戸時代の政治体制を変革しようとする動きが強まるなかでは、早晩否定されざるをえなかった。

 

 天皇は1866年に36歳で死亡した。当時から毒殺の噂がたち、亡霊騒ぎも起こったが、いまだに真相はわかっていない。

 践祚した明治天皇は幼少だったので宮中はクーデターに向けて邁進した。

 

  ***

 ◆所見

 帝国主義列強の圧力という危機に際して、朝廷や幕府などそれぞれの勢力が右往左往している様子を認識した。

 現実は複雑であり、最適な答えが、簡単に出てくるということはないようだ。

・大義名分、正統性はいつの時代でも一定の力を持つ。よって、単純な武力と軍事力だけで、社会が安定することはない。

・ある勢力に対して協力を仰いだり、支援を募ったりすることは、その勢力に対し、一定の力を与えることである。

孝明天皇の動きを検討すると、自分のとった行動が思わぬ事態を引き起こしていることが確認できる。

 

  ***

 メモ

 尊王攘夷派:三条実美その他

 岩倉具視:当初、公武合体を唱えるが後大久保利通とともに王政復古へ転向、新政府の要人となる。

 

幕末の天皇 (講談社学術文庫)

幕末の天皇 (講談社学術文庫)

 

 

『幕末の天皇』藤田覚 その1

 本書の趣旨:光格天皇天皇の権威復興に力を注いだ。続く孝明天皇は幕府の方針に反対し、鎖国攘夷を強硬に主張した。その後主張を翻すが、過激派を制御できず、結果的に民族主義を高揚させ、討幕運動を巻き起こした。

 明治天皇は新たに王政復古の下で政治を取り仕切った。

 幕末から明治維新にかけて、天皇及び朝廷が政治体制に与えた影響を検討する。

 天皇が、ただ神輿のようにかつがれたわけではなく、自ら積極的に政治活動の主体となっていたことがわかる。 

 

 1 江戸時代の天皇

 江戸時代を通して、幕府は統治の正統性を確立するために天皇の権威を利用した。位階官職の任命は天皇の名で行われ、家康が東照大権現になったのも天皇の許可による。

 日本が神国、神州であるという世界観は、秀吉がキリスト教に対抗した時代に起因する。特に江戸時代後期には、日本国は「皇国」と呼びならわされた。

 「公儀」すなわち国家公権の根拠として天皇が機能した一方、幕府はその勢力が増大しないよう制限をかけた。

 具体的には、「禁中並びに公家中諸法度」によって業務を規制し、違反者には流罪をもって対応した。

 ――天子諸芸能の事、第一御学問なり。

 武家親藩―譜代―外様、旗本と御家人、上級と下級といった厳然たる身分制度を持っていたのと同様、天皇家・公家も身分により秩序化されていた。

 最も高位の階級は五摂家(近衛、一条、二条、九条、鷹司)であり、関白の職を独占した。宮家(天皇の親族)はそれよりも下位である。

 江戸時代後期、天明の大飢饉や江戸・関東での打ちこわし、ロシアの要求等により幕府の権威は低下していく。こうした社会不安を通じて、尊王イデオロギーが生まれた。

 

 2 光格天皇の登場

 光格天皇は後桃園天皇が急死したため遠縁だったが即位した。若干9歳の光格天皇は学問を好み、成長すると自ら政務を行うようになった。かれは天皇の本来の権威と位置付けにこだわった。

 天明飢饉の失策により打ちこわしが盛んになり、天皇へのお参りが大流行した。これに応じて朝廷は救出米の払い出しを幕府に申し出た。以後、朝廷による救済措置は飢饉のたびに実行された。

 ――……光格天皇に強く表れた君主意識、皇統意識は、幕末の激動のなかでますます肥大化して孝明天皇に引き継がれ、その行動・発言に大きな影響を与えてゆくことになる。

 

 3 天皇権威の強化策

 光格天皇による儀式・行事の復興や、消失した御所復旧の際の幕府との交渉についての説明。

 父親に尊号(○○天皇)を送るかどうかをめぐって幕府と対立したが、この時は幕府に敗北した。

 しかし、19世紀初頭はロシアの砲撃等により社会不安が高まっており、幕府も対外情勢について朝廷に定期的な報告を行ったため、後に主導権を朝廷側にとられることになった。

 光格天皇の復古策……

石清水八幡宮賀茂神社の神事等の再興

・「天皇号」の復活(1000年以上、「院」が続いていた)

学習院の創設

・大政委任論の支持

 

[つづく]

幕末の天皇 (講談社学術文庫)

幕末の天皇 (講談社学術文庫)

 

 

 

次世代型竹槍

 無職戦闘員は夢のなかでむかしの思い出を――これも夢または妄想だが――を手入力した。

 

予科練平和記念館と棒振り運動

 茨城県阿見町予科練平和記念館はすばらしい施設である。

 予科練における銃剣術の写真に関して、「当時の銃剣術は、現在の銃剣道よりもより実戦的な訓練が行われていた」というようなキャプションがあった。

 

 ――銃剣道で「直突」しかやっていないため、捕虜との競技会では良く負けた。突撃を渋り、白兵戦を恐れる傾向が強い。 (『日本軍と日本兵』一ノ瀬俊也)

 

 日本軍時代よりも、さらに実戦から遠ざかった棒振り運動を、現在進行形で、税金を消費して無批判にやらせている組織とは何なのか。

 特に意味はないが「おれたちはやった。苦しい練習を乗り越えてやりとげた」という充実感と自己満足を得ることはできる。しかし、ただ公務員が気持ちよくなるために、税金を払っているわけではない。

 棒振り伝統維持をごり押しするOBの力は強かった。

 あの銃剣商人は、全国の棒振り愛好家や薄給の兵隊にグッズを売りつけて、いったいいくら稼いでいるのだろうか。

 学習指導要領への銃剣道追加が最近ニュースになったが、わたしはまず本家の公務員において銃剣道を廃止したほうがいいと考える。

 

 

◆ポリウレタン兵隊

 当人たちが好戦的でありながら、実力のない軍隊は無数にある。

 人びとは、自分たちが養っている軍隊の能力を知らなくても、好戦的になれる。

・やっているふりだけで役に立たない税金のムダ遣い、やったというアリバイ作りが大事。

・政治家のオモチャ(「政治利用」、政治家の支持率向上ツール)とは的確な言葉である。

・米軍の下請け、在庫処理担当

・「行政文書の件名は、なるべくわかりにくくしよう」、「名前を工夫して情報公開請求されないようにすることが重要」

 

 

◆推薦図書

 推薦図書リストを見て思わず笑ってしまった。

・百田直樹

桜林美佐『日本に〇〇隊がいてよかった』

 この著者は櫻井よ〇こ設立の研究所に勤めている。櫻井よ〇こに関しては、海の公務員が、非常にお気に入りで、内部で講演会も開催されている。

 〇〇隊の精神傾向の一端を示すものである。

 現在、選挙活動に絡む横領容疑で追及されている元将軍殿の支持者が、〇〇軍には多数存在する。 

 偉大なる〇〇軍の将校としての自覚を涵養するには、まずは自分たちを褒めてくれる人たちの本を読んで、気分を盛り上げることが大切らしい。

 

 

◆ポリウレタン兵隊その2

 兵隊は、就職した際に宣誓をおこなう。「ことにのぞんでは危険をかえりみず」という文言は、命に係わる作業であっても従事するということを意味する。

 現在、すべての兵隊は自分で試験に応募して就職する。

 ということは、かれらは自ら危険を認識しているのである。

 某ブログでは、このことから、「かれらは生存権を放棄している、よって、かれらに死のリスクがあるかどうかを議論することは無意味、本質から外れている」と論を進めていた。

 つまり、かれらは死んでもいいという前提で働いているので、どれだけ死人を出す危険性があろうとそれは考慮する必要がない、ということである。

 作者は自身も元公務員らしいが、上のような考えをする人物は、組織の中にも外にもたくさんいる。

 

 兵隊の従事する作業が、政治家の選挙対策だろうと、宗主国への御機嫌伺だろうと、関係はない。

 自分で志願して命をかけている以上、死ねといわれたら死ねばいい。嫌ならやめろ、という意見は広く見られる。

 かれらにとっては、兵隊は、命の価値が1円未満の、麻薬マフィアの構成員のような存在でしかない。

 建前上、兵隊を維持しているのはその資金提供者、決定者である国民である。

 現政治体制においては、政権運営者を選んでいるのはわたしたち自身であることを認める必要がある。

 わたしたちによって兵隊は動いているのだから、鉄砲玉のように死ねといわれれば、兵隊は従うしかない。国民の多くがそう望めば、そのような未来が実現するだろう。

f:id:the-cosmological-fort:20170423115527j:plain