うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『Putin's Russia』Anna Politkovskaya その1

 著者は反プーチンで知られた『ノヴァヤ・ガジェタ』紙の記者で、2006年に路上で射殺された。

 

 国民から自由を奪い専制を強めるプーチンを批判する。

 本書では、国家の末端で残酷な取り扱いを受ける人びとに注目する。

 プーチン自身の行動ではなく、かれの黙認と大方針の下、ロシアで繰り広げられる悲惨な光景に焦点をあてている。

 国家が腐敗する、または国家が秘密警察によって掌握されるのがどういうことか、実例をもって教えてくれる本である。

 

 わたしたちの国の価値観と大きな違いがあるのは、著者が軍隊の価値を重んじている点である。

 深刻な腐敗や私刑・犯罪行為が横行する一方で、軍事力そのものはロシアを守るためになくてはならないものだと著者は考える。これは、2000万人近く死者を出した、ドイツによる侵攻等の歴史的経緯が深く影響していると考える。

 

 尊重されるべきなのは、徴兵されみじめな目にあっている兵隊だけでない。不正蓄財を拒否し、酷寒の地や辺鄙な原潜基地で冷や飯を食わされている将校たちもまた、ロシアにとっての英雄である。

 

  ***

 1 私たちの国の軍隊とその母たち

 軍は国家の柱だが、重度の腐敗状態にあり、プーチンはそれを黙認している。ロシア軍は年間500人近くがリンチで殺され、また大量の脱走者を生んでいる。

・ある下級士官は戦場で見捨てられ死亡したが、軍はその事実を放置し、家族にも一切知らせなかった。母親が裁判等で戦ったのち、ようやく屍体の一部が手に入り、死亡の事実も記録された。

・先輩からウォッカを盗んでこいと指示され拒否した兵隊がリンチを受け、首つり自殺した。

・医療品が不足しており、21世紀の今でも、給養員が身体を腐らせて死んだ。

・将校にとって兵は奴隷であり、人間ではない。兵の給料は横領される。将校は、自分の車を修理するため、修理工場に兵を派遣し働かせる。

 

 2 戦争犯罪

 腐敗した、完全な戦争犯罪者と、治安機関によって捏造される戦争犯罪者について。

 チェチェン派遣軍の指揮官と、独立派の指揮官たちは、お互いに武器を横流しし蓄財した。

 FSBは無実の人間を拉致し、拷問・自白強要をせまった(ハスハーノフ大佐事件)。

 一方、機甲師団大佐が、チェチェンの若い女性を強姦し殺害した事件については、軍、裁判所、検察、地方政府、精神医学界が一体となってもみ消しをはかった(ブダーノフ事件)。

 精神科医ソ連時代からの大家であり、ロシア政府の下で働いているだけでなく、かつては、政敵や反政府活動家を精神異常認定し、病院に送り込んでいた。

 なお、ブダーノフは2011年に暗殺された。

 ブダーノフの事件は、海外に広く知れ渡り、ドイツのシュレーダー首相が直接プーチンに話をしたこともあり、裁判はやり直され、有罪となった。

 しかし、同じようなロシア軍による強姦、虐殺行為が蔓延しており、正当に処罰される例はほとんどない。ロシアの司法は、政治的意向に屈している。

 

 3 没落する人びと

 ソ連崩壊からプーチン時代にかけて、高い学歴を持つにも関わらず没落していく人びとを追う。

 政治体制の急変により、市民の生活は荒廃した。普通の人びとがホームレスとなる事態となった。

 このような土壌から、人命、人権、自由や、他民族を尊重する意識が生じるとは思えない。

 賄賂とマフィアの世界に身を投じ、拝金主義者になる者、アルコール中毒と失業によって人生を崩壊させる者、ロシア軍にぼろ雑巾のように使われ、まともな市民生活を奪われた者。

 

 4 資産横領と政府の黙認

 ウラル地方の工業都市エカテリンブルク(旧スヴェルドロフスク)を例に、社会のあらゆる階層にいきわたるマフィア化を考える。

 ソ連崩壊によって資本主義が導入されたが、それは西欧とは似て非なるものだった。

 旧共産党員が国有財産を横領し、私財を蓄えた。

 経済活動において賄賂と口利きが常態となった。都合の悪い者は殺され、また目的達成のために暴力団が雇われる。

 さらに、司法もまた腐敗した。エカテリンブルクのフェドロフ氏は、地方判事や地方警察を買収し、殺人や横領、暴行等の訴追を免れた。

 

 [つづく]

Putin's Russia: Life in a Failing Democracy

Putin's Russia: Life in a Failing Democracy

 

 

日語には、アマゾンのとき

 ◆文字の整列

 日本語でつくられた文列のなかでも、とくに、興味をひかれるものはなにかを考えなければならない。

 ふだん読んでいる本のほとんどは歴史に係るもので、最近はフィクションを読むことが少なくなった。本を読み始めた当初は、国内・国外文学の古典や、現代文学をよく選んでいたが、今年は数えるほどしか小説を読んでいない。

 しかし日本語の文字の並びは大切である。

 歴史や戦史、社会一般に関する本はその知識事項が問題なので、意味が通じればしょうもない日本語であっても事足りる。

 逆に、フィクションや日本語文字形態そのものについて考えるなら、知識事項と文字列が結合している必要がある。わたしは、よくいわれる表面文体と中身が別という考え方には賛成しない。文字列と、その内部の事項が不可分だというのがわたしの方針である。

 

 ◆本そのもの

 わたしが、純粋に日語の観点から日々参考にすべきと考えているのは以下の図書である。

 おそらくわたしには純粋日本古来美的伝統センスがないので、翻訳の文についても、お、これはいいな、と思うものがある。しかし、いわゆるきれいな日本語の才能がないという事実を開き直れば、好きなものを気兼ねなく選ぶことができる。

 

大手拓次

大手拓次詩集 (岩波文庫)

大手拓次詩集 (岩波文庫)

 

宮沢賢治

新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

 

田辺貞之助レオン・ブロワの翻訳)

  ※ こちらは別の訳者

 

塚本邦雄

塚本邦雄歌集 (現代詩文庫)

塚本邦雄歌集 (現代詩文庫)

 

・トラークル

 訳者は複数おり、それぞれ違いがあるようだ。ドイツ語が読めないのでなんともいえないが、この日本語訳だけでも非常におもしろかった。

トラークル詩集 (筑摩叢書 100)

トラークル詩集 (筑摩叢書 100)

 

 

 知識事項だけを目的に読む本は、すべてメモに記録して、本は売っている。一方、上にあげたような文字列目的の本は、その中には大した知識の含んでいないもの、そもそも文字のひも以外に何も持たないもの、あるいは、わたしの能力がないため意味を読み取れないものもある。

 これらの本については、文字そのものが非常に大切なので、売らずに保管している。

 

 ◆吸い取りのため

 次にあげた本は、内容についても関心があり、なおかつ言葉の調査においても重要と感じて保管しているもの。

 

・『陸軍登戸研究所の真実』

 文字と内容は不可分である。なぜなら、電波兵器、怪力光線、人口雷、放火資材などの語自体に吸引力があるからである。

 

・『パリ日記』エルンスト・ユンガー

 わたしの日記やメモも、この作者の制作物くらい面白くなればいいのにと思う。ユンガーには教養や作文能力があるがわたしにはない。わたしの日記は、自分の知識のなさや頭の鈍さをしっかりと反映している。

 

 

 ◆アマゾンのとき

 日語の文字列を調査するという目標をたてた。ということで、最近、次の本を買った。

・『舊新約聖書

舊新約聖書―文語訳

舊新約聖書―文語訳

 

・『ヤマザキ天皇を撃て!』

ヤマザキ、天皇を撃て!―“皇居パチンコ事件”陳述書

ヤマザキ、天皇を撃て!―“皇居パチンコ事件”陳述書

 

 

 ◆米アマゾンについて

 今後使うことになるので調べていたが、日本では異常に高い英語書籍のうちいくつかは、米アマゾンだと安値で手に入るようだ。いい機会なので買っておきたいものはたくさんある。

・『Computer Networks』Tanenbaum

 米アマゾンではさらに新しい版が出て、値段も安い。古典だが日本Amazonだと価格高騰している。

Computer Networks

Computer Networks

 

・『The New Complete Works of Josephus』

 古代史を学ぶうえではユダヤ史が不可欠と感じるようになった。

The New Complete Works of Josephus

The New Complete Works of Josephus

  • 作者: Flavius Josephus,Paul L. Maier,William Whiston
  • 出版社/メーカー: Kregel Academic & Professional
  • 発売日: 1999/05/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

粘土人形制作 ウンゲルン1号 その1

 粘土人形1号はウンゲルン=シュテルンベルクを作ろうとしましたが、やはり最初だけありうまくいかない点がたくさんありました。

  この人物は当初ロシア帝国軍に所属していましたが(確か准将か)、革命後に白衛軍に参加しました。指揮系統上は、コルチャークの全ロシア軍傘下のセミョーノフ軍の下にありましたが、実際はほぼ無統制状態で、モンゴルの首都や外蒙古各都市を襲撃し、「自分はチンギス・ハンの生まれ変わりである」と自称し、赤軍中華民国軍と戦いました。

 かれは1921年、赤軍に捕えられ処刑されました。

 

ロマン・ウンゲルン - Wikipedia

 

 ◆完成時

 わたしの理想の2パーセントくらいが実現しています。

f:id:the-cosmological-fort:20171204135112j:plain

 

 1 設計図作成

 ネットで写真を集めて、これを参考に設計図を書きました。

f:id:the-cosmological-fort:20171204135931j:plain

 独自色を出したいという考えから頭部を肥大化させています。しかし粘土をつくる過程で手足もふくらんでしまったので結果的に単なる寸胴になりました。

 

f:id:the-cosmological-fort:20171205042234j:plain

 実際はこの写真のような姿です。

 

 [つづく]

『アデナウアー』板橋拓己 その2

 3

 アデナウアーは外交を最優先させた。その目標は、ドイツの主権確立と、西側諸国の統合である。

 アメリカを欧州に引き留めるため、再軍備を決定した。

 かれはソ連に対しては融和を拒否した。スターリン・ノート(ドイツを中立国として統一させるスターリンの提案)も、西側諸国との統合を阻むものとして拒絶した。

 

 ――あらゆる全体主義国家と同様にロシアは、言葉ではなく力を尊重します。それゆえ、攻撃した場合に自ら招く危険をロシア人に認識させるには、西欧に強大な力を築くことが必要です。こうした攻撃力の構築のみが、平和を維持することができるのだとわたしは強く確信しております。

 

 1954年、アデナウアーは首相に再選された後、基本法を補充し国防と兵役の項目を追加した。

 同年、ドイツはNATOに加盟し、翌年、パリ協定が発効し占領が終結した。ドイツは主権を回復した。

 1955年にはドイツ人・ドイツ兵のモスクワ抑留者を帰還させることに成功したが、現在では、これがアデナウアーの功績なのかどうかは議論がある。

 

 ドイツ・イスラエル関係について……西ドイツが国際社会に復帰するためには、イスラエルとの和解が不可欠であるとアデナウアーは考えた。

・ナチ体制を否定し、その犯罪を認めた。

・宗教的・人種的な差別を禁じ処罰する法律を定めた。

イスラエルに物質的・道義的補償(賠償金)を行った。また、秘密裡に軍事支援も行われた。

・アデナウアーとベン・グリオンは頻繁に交流した。アデナウアーは、首相退陣後もイスラエルを訪問した。

 

 4

 アデナウアーの政治スタイルは「宰相民主主義」と呼ばれる。

 CDUを権力の基盤としてリーダーシップをとったが、議会は無視されがちだった。

 

 ――……アデナウアーは、金権政治も厭わなかったし、旧ナチス層に対する懐柔政策もためらわなかった。

 ――こうしたアデナウアーの選挙戦略に共通しているのは、CDUが強くなければ、一方で共産主義社会主義勢力が拡大し、他方ではナチスのような強力な右翼政党が台頭するというレトリックである。それはレトリックにとどまらず、アデナウアーの信念に近いものでもあった。

 

 内政について……

・住宅建

・税制による負担調整

・被追放者・難民の統合

・ナチによる被迫害者への補償

・動的年金(賦課方式)

 

 1950年代を通じてドイツ経済は復興を果たした。しかし、その後アデナウアーの求心力は低下し、後任のエーアハルトに首相の座を譲った。権威失墜の理由は次のとおり。

 

・次期大統領をめぐって、政敵を大統領候補にしようと画策する(大統領には政治的な実権がないため)等右往左往し、最終的に自身が大統領候補になろうとしたため非難された。

・1961年のベルリン危機の際に問題に対応せず、ベルリン市長へのネガティブキャンペーンを続けた。

 

 ベルリン危機をめぐってフランスと米英の立場が分かれた。アデナウアーは、米と協調する「大西洋主義」ではなく、アメリカに対する自立性を重視する「ゴーリスム」に接近し、ド・ゴールに与した。

 1963年エリゼ条約による独仏和解が達成された。

 

  ***

 アデナウアーは、戦後ドイツの「西欧化」、「西側結合」の指針を定めた。

 一方、民主主義の基礎を定めたが、彼自身は独善的な人物だった。

 

 ――……政敵を叩き潰すことはもちろん、時には政友を裏切ることも、民意を無視することも厭わない、独善的な人物であった。

 ――そして、何より西ドイツ国民の政治能力を信用していなかった。

 

 かれが社会の安定と権力基盤の強化のために、元ナチ党員を活用したのは事実である。それでも、イスラエルおよびユダヤ人団体への補償をおこない、「過去の克服」を開始したことには意義がある。

  ***

 

 アデナウアーは、犯罪的指導者の後任として、国際社会への復帰、西側との結合を達成した。

 著者は特にドイツの補償問題に注目し、日本の保守政治家との違いを強調する。

 

 ――……アデナウアーのイスラエルユダヤ人団体への補償政策を調べているとき、何よりも日本政治の憂鬱な現状が、つねに私の頭のなかにあったことは否定のしようがない。自国民のナショナリズムを煽り、あるいはそれに迎合し、国際社会における日本の立場を毀損していく自称「保守」の現代日本の政治家にうんざりするあまり、世論や自党にも抗して、「外圧」をうまく利用しながら、国際社会復帰のために粛々と補償を進める「保守」のアデナウアーに畏敬の念すら禁じ得ないときまであったことは告白しなければならない。

  ***

アデナウアー - 現代ドイツを創った政治家 (中公新書)

アデナウアー - 現代ドイツを創った政治家 (中公新書)

 

 

『アデナウアー』板橋拓己 その1

 アデナウアーは現在でもドイツの復興、繁栄、建国イメージに結び付けられているが、その実像は複雑である。

 また、日本ではヒトラーに比べて無名である。

 本書は、自由民主義体制の定着と西側路線への決断を軸にして、西欧化していくドイツの歴史を、アデナウアーの生涯をとおして検討する。

 

 ◆メモ

 アデナウアーは民主主義を政治信念として持っていたが、本人の手法は権威主義的だった。かれの指揮によりドイツの方向性が定められ、結果としてプラスとなった。

・過去(ナチ政権)を否定し、公的に補償を行った。

ソ連に対抗するため、西側との結合を重視し、再軍備を行った。

 しかし、同じように権威主義的な人物が、市民を害するような方向に導いていくとしたらどうなるだろうか。

 

 1

 1874年、ケルンで役人の子として生まれ、大学まで進んだ。ケルンはラインラント最大の都市で、プロイセンのなかでも比較的リベラルな傾向を持っていた。

 アデナウアーはカトリックとして育てられた。

 かれは当初検察庁で働いていたが、妻の家のコネでケルン副市長となった。第1次大戦中の食糧配給のときに活躍し評価され、1917年にドイツ最年少の市長となった。

 ケルン市長時代には強力な権限を行使し都市の近代化を進めた。

 ドイツ敗戦後、ラインラント分離構想が持ち上がった。これは、フランスがドイツからの緩衝地帯をつくるために、ラインラントを独立させるというものである。

 アデナウアーは独立国家の構想には反対したが、自治は認めた。このため後年、政敵から分離主義者として非難されることになった。

 ヴェルサイユ条約の結果、分離構想は英米の反対でつぶれ、非武装化と連合国による一時占領が決められた。

 1933年、NSDAPナチス)が政権を掌握した。アデナウアーはナチ党を嫌っていたためヒトラーの訪問を無視した。その後かれは政権から市長を罷免され、身の危険を感じ修道院に逃れたのち、レーンドルフの山奥に隠居した。

 1944年、ヒトラー暗殺未遂事件の後、逮捕され、しばらくの間拘禁された。

 

 2

 敗戦後、アメリカ軍にケルン市長に任命されたが、その後統治権がイギリスに移った。イギリス軍は社民党寄りであり、アデナウアーと衝突したため、イギリス軍はかれを罷免した。

 アデナウアーは政党政治家として、キリスト教民主同盟(CDU)の創設に向けて作業を開始した。

 

 ――アデナウアーによると、ドイツ人は長い間、国家、権力、そしてそれに対する個人の位置づけについて誤った考えを抱いてきた。ドイツ人は国家を神格化し、個人の価値や尊厳を国家に従属させたのである。……アデナウアーは以上のような国家権力への崇拝と、それに伴う個人の尊厳の抑圧というドイツ史の傾向が、ナチスを導いたと主張するのである。

 

 アデナウアーは、代替えの価値観として「個人の自由、キリスト教倫理、民主主義」を掲げた。

 外交においては、キリスト教的=西欧的世界と、ソ連共産主義的=全体主義的・無神論的・アジア的世界との二元論を展開した。

 アデナウアーのヨーロッパ統合は、こうしたアジア勢力に対抗して、西側世界を結合させるという思考である。

 戦前は中央党に所属していたが、中央党はカトリック政党でありまたナチと協調し自己崩壊した。

 かれは地方レベルからキリスト教政党の建設を進め、やがて平和、反共、統合を軸とするCDUが成立した。

 

 1948年の議会評議会(憲法制定会議)においてアデナウアーは議長となった。

 

 ボン基本法の性質……

自由民主主義、連邦制、社会国家(福祉国家

・大統領の名誉職化

国民投票などの直接民主主義の廃止

・建設的不信任制度(必ず後任を用意する)

・闘う民主主義(反民主主義政党の禁止)

・極端な小党分立の規制

 

 1949年、アデナウアーはドイツ連邦共和国首相となった。

 [つづく]

アデナウアー - 現代ドイツを創った政治家 (中公新書)

アデナウアー - 現代ドイツを創った政治家 (中公新書)