うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『在日朝鮮人 歴史と現在』水野直樹、文京洙

 19世紀末から現代までの、在日朝鮮人の歴史を解説する本。

 在日朝鮮人は特殊な歴史的経緯をもって日本に定住しており、そうした事情を理解することができる。


 1

 朝鮮人が日本にやってくるのは、1899年頃からである。九州の炭鉱会社や、朝鮮で軍事施設や鉄道工事を請け負っていた土木工事会社(間組、鹿島組、大林組)等が、朝鮮人労働者を雇い入れることが多かった。

 当時、中国人は勅令により日本での労働を禁じられていたため、代わりに企業は、朝鮮人労働者を使った。かれらは労働を終えると帰国するか、または別の労働場所へと渡り歩くか、飴の行商などを行った。

 1910年の韓国併合後も、日本人と朝鮮人は戸籍によって分別された。在留朝鮮人は警察の監視下におかれ、特高は内鮮係を設け、排日思想保持者を重点的に取り締まった。

 第1次大戦後の1920年には、工業・紡績業の発展に伴い、男女あわせて約4万人の朝鮮人労働者がいたとされる。

 1919年の三一独立運動は、朝鮮人留学生のネットワークが中心となり勃発した。

 1923年の関東大震災時にはデマが流され、1000名以上の朝鮮人が警察・軍・自警団に殺害された(日本人も多数が巻き添えで殺害された)。根底には朝鮮人に対する蔑視と恐怖があり、政府も暴動のデマを流布させた。

 本国に仕事がないこと、日本語が普及したことから、朝鮮人渡航者は増え続けた。警察は、渡航を阻止するため「渡航証明書制度」という警察の内規をつくったが、朝鮮人を差別するようなこの制度は植民地支配を不安定化し、国際的な反発も予想されたため、法律にされることはなかった。

 朝鮮人たちは大阪や京都といった都市部に朝鮮集落、朝鮮街を形成し、文化の保持に努めた。

 家族単位の渡航が増えたため、朝鮮人たちは夜学などを開設し教育を行った。しかし政府は朝鮮語教育を独立運動として禁止した。

 朝鮮人たちは労働運動、社会主義運動、福利向上のための運動等を行った。

 

 2

 恐慌時には朝鮮人労働者の流入が抑えられ、代わりに満州に振り向ける方針がとられた。

 在留朝鮮人には参政権が与えられ、32年には朴春琴が衆議院議員に当選し、差別解消、融和を掲げて活動した。

 関東団震災以後、政府は治安維持のために、在日朝鮮人との融和を志向する「協和会」を設立し、特高・警察関係者と、朝鮮人の有力者を中心に運営させた。

 強制連行・強制労働は、39年からは募集、42年からは官あっせん、44年からは徴用の形式で行われた。

 いずれも、実態としては官憲による強制を伴ったが、戦後外務省が認めた強制連行は44年以降に限られている。

 皇民化政策が推進され、日本での朝鮮語の使用は禁じられた。40年以降、朝鮮本土と同じく、日本でも創氏改名が定められた。

 敗戦時には、在日朝鮮人は200万人に達していた。

 

 3

 GHQの人権指令によって朝鮮人の計画送還が決まり、46年3月までには140万人が帰還した。

 敗戦直後から1年間は、「解放された民族」として一部の中国人、朝鮮人などが不法行為暴力団との抗争、闇市、密売)を行った。

 闇市の時代から出世した人物では、坂本紡績の徐甲虎やロッテの辛格浩が有名である。

 日本から出ていった朝鮮人のなかで、本国の情勢悪化や生活基盤の欠如、言語の問題などを理由に、日本に逆流する動きが生じた。

 在日朝鮮人の恒久的な立場を確立するため、朝鮮連盟が結成された。この団体は、日本共産党と密接なつながりを持っていた。

 左翼的傾向に反発した運動家たちは、対抗して新朝鮮建国同盟(後の在日本大韓民国民団)を設立した。朝連と建青・建同はお互いに抗争した。抗争には拳銃を持った暴力団員などが参加した。

 政府当局・占領軍と、在日朝鮮人との間での争い……日本側は、朝鮮人を外国人化する一方、独自の教育を当初認めなかった。新たな「皇民化」だとし、デモや暴動が発生した後、私立学校における独自の教育が認められた。

 

 朝鮮戦争……韓国軍への在日義勇兵北朝鮮側による在日米軍妨害事件(吹田事件、枚方事件、大須事件、「血のメーデー」事件)。

 52年、サンフランシスコ講和条約の発効により、在日朝鮮人日本国籍を失った。また、外国人ということで朝鮮人BC級戦犯等への保障も除外となった。

 53年、朝鮮戦争停戦後、朝鮮総連が設立された。

 北朝鮮の呼びかけにより、帰国運動が始まり約7万人が日本を去った。しかし、戦前から生活基盤を持つ在日朝鮮人の9割は韓国地域出身であり、かれらは国籍を奪われ、高い失業率と貧困のなかで生活しなければならなかった。

 在日朝鮮人生活保護率は高く、また韓国に行っても貧しくすぐに戻ってくることが多かったという。

 

 4

 朴正熙軍事政権の成立と、1964年の日韓国交正常化について。

 韓国と日本政府との間で、永住権協定の調整が進んだ。日本は在日朝鮮人に永住権を与え、一方韓国は、在日朝鮮人を日本に棄民する方針を進めた。

 66年からの永住権申請により30万人程度の在日朝鮮人が永住権を取得し、国民健康保険の資格を得た。

 この動きは、朝鮮籍朝鮮人減少と連動し、朝鮮籍は20万人程度となった。

 

・2世たちの社会……公職(大学教員、地方自治体職員、弁護士)への門戸を開くための運動。指紋押捺反対運動。

・在日企業……韓国籍マルハン、朝鮮系のモランボン。朝鮮系企業は、やがて朝鮮総連を通じて本国への上納金を課されることになった。

・70年代、朴正熙独裁の影響……金大中民主化運動の旗手だったが東京で拉致された。軍事政権はKCIA(中央情報部)要員を日本各所に配置し在日の監視を行った。

・第3の道……日本で生活するが、帰化はせず、民族としての存在を保持すること。

・91年以降顕在化した従軍慰安婦問題は、日本の植民地支配だけでなく、韓国・在日社会内の女性差別(「汚れた女は韓国が必要とする女ではない」)をも明らかにした。

 

 5

 高度成長時代、在日朝鮮人は、「地域社会の異物、もしくはせいぜい部外者として同化か異化かの二者択一の生を余儀なくされていた」。

 やがて、外国人数は中国人が朝鮮人を上回り、また日系ペルー人、フィリピン人、ブラジル人等も増加した。

 協定に基づく特別永住者が減る一方、帰化する朝鮮人が増え、また80年代以降やってきたニューカマーも増えた。大久保のコリアタウンは、主にニューカマーたちによって成り立っている。

 朝鮮総連は本国の状況や幹部の不祥事もあり、勢力を弱める一方である。

 外国人増加や、90年代の「植民地支配に対するおわび」に反発して、内向きのナショナリズムが勃興しつつある。

 韓国社会は、かつては日本と同じく排他的な社会であり、華人在日韓国人の居住を許さなかった。しかし、21世紀になり外国人の数は激増し、在日に対する受け入れ姿勢も変化しつつあるという。

 

在日朝鮮人 歴史と現在 (岩波新書)

在日朝鮮人 歴史と現在 (岩波新書)

 

 

『公安警察スパイ養成所』島袋修

 昭和49年から59年にかけての、かなり古い時代の公安警察に関する暴露本。

 石垣島出身の沖縄県人であるということで、米軍、日本政府と県民の間に軋轢が存在する点が特殊である。

 

 ◆メモ

 現在でもなお共産党対策に莫大な予算と人員が使われているのは、果たして適正なのだろうか。一度予算を減らすと増やすのは非常に難しいため、そのまま現状維持を追求しがちである。

 公安警察の建前は「民主主義の擁護」だが、その手段は、主権者たる国民にはとても公表できないものである。

 情報機関や政治警察の根本問題は、主権者たる国民が実態を認識できないこと、予算の使い方が適切なのか判断できないこと、恣意的な運用に対する歯止めが困難な点にある。

 

  ***
 著者は拓大卒業後、沖縄県警に採用された。

 

 ――警察に入った動機は、「正義」の二文字に魅かれたからである。学生時代、中核派の学生たちと衝突したことなどから、当時の私は、なんとか社会の秩序を守らねばならぬという使命感、正義感に燃えていた。

 

沖縄県警察本部警備部警備課調査一係の任務:共産党及び民青同(民主青年同盟)の監視、スパイの作成。

・スパイ養成……お金を工面する、見舞金を渡す、家賃を肩代わりする等。

 スパイを通じて共産党文書を入手したことで出世し、警察大学校警備専科教養講習へ入校することになった。

・教育内容……写真撮影、盗聴、尾行、張り込み、隠し撮り、

共産党への徹底的な敵意を植え付ける教育

 

 スパイ養成の過程:基礎調査、接触、身分開示(警察官であることを打ち明け、協力を要請する)

 身分開示、身分偽り、未成年者・女性・前科者との接触は、警察庁の事前承認が必要だった。

 工作のための謝礼は予算から出るが、しばしば自腹を切った。

 スパイ養成が第1課題だが、自ら党員となって潜入するという活動は本書では言及されていない。

 

 警備警察の思想教育……共産党は、国民のためにつぶさなければならない。公安はナショナルなもの、民主主義を守るためのものである。すべては国民のために行う。自分たちを評価するのは歴史である。

 

  ***

 共産党は特に教育界に組織基盤を持っている。

 共産党は防衛委員会と調査委員会という独自の防諜組織を持ち、警察・公安調査庁のスパイ摘発に努めている。

 以下、共産党機関紙からの引用が続き、公安のスパイ工作に気を付けようという党の認識が示される。

  ***

 

 警察の裏事情について。

 在職中に見聞きした警官の様子が書いてあるが、ほとんど引退老人の漫談である。

 

・興信所、暴力団、右翼とはつながりがあり、犯罪歴や個人情報の提供が行われている。

・沖縄の右翼には、住民の生活を守るため基地反対運動に対抗する組織もある。

 

  ***

 ――正直者がバカを見た。正直者がバカを見ない職場環境をつくること、と前警備部長が言っていた。しかし現実はゴマすりのみ。ゴキブリ出世主義にはついていけない。

 

 著者は公安勤務がもとで借金をつくり、また精神的にもダウンし退職する。

 その後はうさんくさい興信所や芸能プロダクション設立などを経て、いまは歌手になっているという。

 

  ***

新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)

新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)

 

 

眠りの日

 霧のなかから

 にじみだす

 朝の波

 鳥の巣とともに

 黄金の

 煙が吹く

 舟のへさきに

 日がぶつかり

 その日の丸い顔が

 浮かび上がった

 翅の音に

 あわせて

 調子をそろえるように

 労農軍が

 鋤を振り

 溝をほり

 夏にはかれらの

 子供を植える

f:id:the-cosmological-fort:20171018201937j:plain

「父の祈りを」

 制作:1993年

 監督:ジム・シェリダン 


 原題:In the name of The Father

 IRAによるロンドン近郊・パブ爆破事件(ギルフォード・パブ爆破事件)の濡れ衣を着せられ、15年間服役させられた北アイルランド人たちの実話に基づく。

 

・主役たちは、英国警察の証拠隠滅により、当初有罪となるが、弁護士や市民の助けを借りて無罪を勝ち取った。

・主人公ジェリー・コンロンは父親に反発し窃盗を働いており、刑務所でも当初は反抗した。しかし、死が近づいても嘆願運動に取り組む父親の姿を見て、希望を持ち協力した。

 

 正義を実現するために人びとが戦う姿と、家族の連帯を描く。

 IRAの爆弾犯(真犯人)はダニエル・クレイグを連想させる。この映画では、犯罪者ではなく戦闘員として表現されている。体制側は反政府組織を犯罪者として扱うが、組織側は、自分たちのことを、軍人だけを狙う戦闘員だと認識している。

 

父の祈りを [DVD]

父の祈りを [DVD]

 

 

『The Ghost of Freedom』Charles King その5

 ◆ソ連時代から現代、おわり

 

 第2次世界大戦では、グルジア人のソ連邦英雄も現れた。

 一方、北コーカサス部族(チェチェン、イングーシ、カラチャイ、メスへティア・トルコ、クルド)は、ドイツに協力したとして、カザフスタンシベリア強制移住させられた。同様の処分が、ウクライナのドイツ人やポーランド人にも科せられた。

 

  ***

 5 厄介ごとの時代

 スターリン以後のコーカサスの政治家……アルメニアのデミルチアン(Demirchian)、アゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ(Heydar Aliyev)、グルジアのシュワルナゼ(Shevardnadze)等は、独立後も国の指導者として力を保持した。

 

 兄弟とライバル

 革命に伴う飢饉や、物資の欠乏した社会主義経済下においては、個人のコネがものをいう。このため、伝統的な部族社会や地域共同体が、ソ連時代を通して強化されることになった。

 汚職、賄賂、縁故は深刻な問題だった。

 また、ソ連時代を通じて、各共和国における民族の純粋化が進行した。戦後の大規模な暴動3つは、すべてコーカサスで発生している。

 

 土地と闘争

 南コーカサスにおける、独立後の紛争について……ナゴルノ=カラバフ(Nagorniy Karabakh)、アブハジア南オセチア

 民族紛争の原因の多くは、ソ連時代につくられた民族意識と、当時の政治家たちの強硬姿勢や、社会構造にある。

 回避できたはずの戦争は、いまでは、民族対立の歴史の一部、歴史の必然として書き換えられている。

 ロシアが承認したコーカサス諸国の独立を、コーカサス諸国は国内地域に対しては承認しなかった(グルジア領内のアブハジア南オセチアや、アゼルバイジャン領内のナゴルノ・カラバフ)。

 

 だれの国、だれの国家か?

アルメニア……ソ連時代のエリートと、亡命者たちとの間に溝があり、またアルメニア国民も出身によって分裂している。シリア出身のテル・ペトロシャン(Ter-Petrosyan)からナゴルノ・カラバフ出身のコチャリャン(Kocharyan)へ。

アゼルバイジャン……ソ連時代の指導者ヘイダル・アリエフが、共産党KGBのコネクションを活用し長期政権を築いた。かれは2003年に、息子のイルハム(Ilham)に権限を委譲した。

グルジア……理想主義者・夢想家の言語学者ガムサフルディア(Zviad Gamsakhurdia)が退陣し、元ソ連外相シュワルナゼが政権につき、国家安定に努めた。

 ここでも、アゼルバイジャンと同様、シュワルナゼ個人に忠誠を誓うコネクションが支持基盤となった。

 グルジアソ連でもトップクラスの腐敗国家だった。シュワルナゼ退陣後、欧米派のサカシヴィリ(Saakashvili)が大統領となり、汚職の一掃を唱えた。

 

 悲劇的な北部

 1994年と1999年のチェチェン紛争について。

 エリツィンは分離主義の動きを阻止しようと軍を派遣したが失敗した。一方プーチンは、いくつかの方策をとることで戦争を有利に進めた。

 

・志願兵を中心に構成し、世論の反対を抑える。

テロとの戦い、国際ジハード主義との戦いを強調する。

・地域勢力の懐柔を行い、チェチェン人対チェチェン人の紛争に変質させる。

 

 二度の紛争により、チェチェンの若者たちは犯罪や戦争に頼って生きるようになった。また、ロシア軍、チェチェン人双方による誘拐や不正な金儲けが蔓延した。

 北コーカサス諸国は依然不安定である。しかしその原因は、古代から続く宗教・民族対立ではなく、ソ連の政策である。

 チェチェン独立派の指導者たち……ジョハル・ドゥダエフ(Dzhokhar Musayevich Dudaev)、ヤンダルビエフ(Yandarbiev)、マスハドフ(Maskhadov)、シャミル・バサエフ(Shamil Salmanovich Basayev)、アフマドとラムザン・カディロフ(Kadyrov)

 

  ***

 結論:大陸変動

 終章:友、敵、パトロン

 

南コーカサス三国は、地理的な障壁を越えて、ヨーロッパの枠組みに入ろうとしている。ヨーロッパとは、いまや単に地域を指すのではなく、民主主義、市民の自由、人権といった価値を重視する考え方を含む。

・ロシアは自分たちの勢力圏を守るために、北コーカサスの分離主義を弾圧するだろう。また、南コーカサスに欧米が介入することも許さないだろう。

・ロシアは、国連を合衆国と欧州の隠れ蓑とみなしている。そのため、2008年のグルジア紛争の際も、国連勧告を無視した。

 コーカサスは地域対立と、帝国主義、国外の介入勢力(ロシア・合衆国)が交錯した世界でありつづけるだろう。

 

The Ghost of Freedom: A History of the Caucasus

The Ghost of Freedom: A History of the Caucasus