うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『公安警察の手口』鈴木邦男

 趣旨:

 公安警察は極めて政治的な存在であり、政府や体制に批判的な人間、危害を及ぼしそうな人間を監視する。公安は市民の自由をおびやかしており、またそれに対する批判の声も聞こえない。

 著者は新右翼の活動家で公安の監視対象となっている。

 本書では実体験も交えながら公安の実態と問題点を検討する。


・公安は必要な機能だが、自由主義と民主主義に反する手段を使っており、予算の使途も不明である。

・公党である共産党を監視し、スパイを送り込んでいる。また、組織の予算を維持するため、絶滅寸前の新左翼に異常な規模の人員を投入している。

・現在の組織編制は、従来の新左翼重視から、アルカイダ等の国際テロ重視へと移行しつつある。

・規制の右翼団体や左翼団体に係る情報収取能力は有しているが、潜在的なテロリスト(潜在右翼等)を検知する能力はない。よって、一般市民が突如起こすような犯行には対処できない。

・公安はテロ組織の危険性を煽り組織防衛を図り、一方、ターゲットにされた団体も、権力に対する抵抗意識を高めていく。このような共存関係は社会の治安に対して有害である。

 

 ◆所見

 公安警察とは名称こそ違うが思想警察、秘密警察と同一である。社会に潜伏するテロリストを取締るために必要であるというのは著者も理解している。

 しかし、軍隊と同じく、活動を国民の管理下に置かず、無条件に肯定することは腐敗、暴走につながる。

 合衆国やフランス等、自由主義国家においても監視・統制の問題は浮上している。

 人間の自由、民主政と、このような監視システムとの間で、どのようにバランスをとっていくのかを常々考えなければならない。

 

 ――マイケル・ムーア監督の映画「華氏911」を観た。このなかで「安全のためには自由を捨ててもいい」と言う人が出ていて驚いた。「あ、日本も同じだ」と思った。

 

 必要性や、運用の実態を国民が掌握しておかなければ、盲目的に組織を礼賛し、役立たずの装備・システムをほめて税金泥棒を増長させることになる。

 軍隊と警察は社会の維持に不可欠であるとわたしは考える。だからこそブラックボックスの利権集団や私兵にしておいてはならないと考える。

  ***

 1

 公安の手段……転び公妨、容疑でっちあげ、ガサ入れ

 

 2

 公安警察は敗戦に伴う特高警察等の廃止後わずか4カ月で復活した。人事上もっとも出世する部署であり、「自分たちこそが国家の安全を守っている」というエリート意識を持つ。刑事警察や交通警察を見下す者もいるという。

 

 3

 公安の組織について

 ◆警察庁……

 警備局、刑事局、交通局、生活安全局、情報通信局

 警備局――

  警備企画課、公安課、警備課、

  外事情報部――国際テロ対策課、外事課
  公安課――公安第1課(共産党新左翼)、公安第2課(右翼、皇室、VIP)

 ◆警視庁……

 公安部――

  公安総務課(共産党、オウム、新興宗教)、

  公安第1課(新左翼極左)、

  公安第2課(労働団体革マル派)、

  公安第3課(右翼)、公安第4課(資料管理)、

  公安機動捜査隊、

  外事第1課(ロシア、イラン、イラク、中東)、

  外事第2課(北朝鮮、中国、東アジア)、

  外事第3課(国際テロ、中東)

 

 その他の情報機関についてのコメント……公安調査庁破防法適用に係る組織の調査を行うが、お粗末であり事業仕分けが望ましい。調査隊(現・情報保全隊)は自衛隊の防諜を担当し、退職自衛官等を追跡調査する。しかし、公安に比べて稚拙である。

 

 4

 赤報隊征伐隊拉致問題に関する朝鮮総連等への脅迫)は、いわゆる右翼団体には所属しない、潜在右翼たちの犯行だった。公安は右翼団体とは日ごろから懇意にしており、情報も持っているが、このような潜伏者に対してはまったく機能しなかった。

 

 5

 著者の批判の1つが、公党である共産党に対する大々的な監視である。歴史的な経緯から、公安はスパイ活動、監視・盗聴等を続けている。合法政党となった共産党をこのように取り扱うのは、憲法に反しているといえないだろうか。

 

 6

 革マルによる分厚い本『内ゲバにみる警備公安警察の犯罪』をめぐる顛末に笑った。

 

 ――批判的に書いたら革マル派に襲われるし、好意的に書いたら中核派に襲われる。それに、書評に取り上げただけで公安に目をつけられることになるだろう。だから、書評担当者が敬遠する気持ちもよくわかる。とはいえ、まさか書評しただけでそんなことにはならない。でも、そう思われても不思議はないくらい危険な本であることは間違いない。

 

 7

 公安の協力者獲得工作について。相手の弱みに付け込み、スパイに仕立て上げる。または、人間的魅力を持つ警察官は自ら組織に潜入する。

 ここで紹介されている手法は、防諜教育で登場する「国外スパイの手口」そのままである。

 

 8

 民主主義国家である以上、公安警察も国民の管理下に置かれなければならない。

 

 ――ある意味では、公安は日本で最も「愛国者」なのかもしれない。そうした優秀な人材を、いつまでも顔のない隠密にしておくのはもったいないだろう。さらには、ただの抑圧・弾圧・謀略機関の一員として終わらせるのも惜しいと思う。

 

 

公安警察の手口 (ちくま新書)

公安警察の手口 (ちくま新書)

 

 

低温の神

 わたしは、1羽のふくろうとして、

 メンフクロウの姿を手に入れて

 黒い眼をうごかした。

 朝の霧が

 土のすきまからのぼり、

 森の中に

 日が差すころ、

 一団の兵隊が、歩いてくるのを

 わたしは見た。

f:id:the-cosmological-fort:20180518161147j:plain

『ザ・マーセナリー』フランク・キャンパー

 著者は元米軍人で、傭兵学校を開設したが、本書出版時は自動車爆弾による殺人未遂で服役中だったという。

 淡々とした文体で、著者の心情やコメントは時折挿入される程度である。

 

 ベトナム派遣後、FBI工作員サウジアラビア軍の支援、傭兵学校、中南米での傭兵活動等、著者の半生はスパイ映画のようだが、どこまでが事実かは確認しようがない。

 作中に落合信彦の名前が出てくるため、不信感が増大された。

 著者は冒険の好きな人物で、反共主義と権力への不信が特徴である。権力を信じないと主張しながら、反共活動のために積極的にFBIや軍に協力するのは不思議である。

  ***

 著者はベトナムに派遣され、LRRP(long range reconaissance patrol)小隊に配属されグリーンベレー(第5特殊部隊)の指揮下で働いた。

 一時帰国後、軍の連絡ミスが原因で無許可欠勤となり捕まった。これで逆上したのか、以後、脱走と収監が繰り返された。

 かれは、国に裏切られたと感じたようだ。

 

 ――民衆はついにマスコミと反戦抗議者たちの圧力の下で圧し潰された。私の国は道徳的にも政治的にも敗北した。そのことは敵も知っているし、我々の政治家も知っている。

 ――私は世間体の悪い戦争の産物であり、戦うことがやめられず、家族に受け入れられなかった。

 ――国は、何もわからずにベトナムに送られた我々に誠実ではなかった。忠誠など大体において嘘で、他人を利用するための道具でしかなかった。だが、私は政府や家族の態度でくじけたりはしなかった。1人で生き延びていかなければならなかったのだ。

 

 米軍は懐が深く、何度も警察やFBIに追われ、軍法会議にもかけられた兵隊を歩兵として使い続けている。

  ***

 著者の世界観……共産勢力がアメリカ社会を引き裂いていた。

 除隊後、地元アラバマ州共産党下部組織に潜入し、さらにその下部組織である武装黒人組織に潜入した。かれは自分からFBIに連絡を取り内偵を1年ほど行った。

  ***

 その後、カーレースで働くが、戦闘を求めて1979年に中東に向かった。イスラエル人に協力者として雇われながら、修理工兼戦闘員としてサウジアラビア軍の後方支援を行った。

 かれは1979年のグランド・モスク占拠事件に遭遇した。

  ***

 1980年に、合衆国に戻りマーク・スクール(傭兵学校)を開設した。各国の軍・警察関係者が多く入校したため、情報機関もインテリジェンスとリクルートの場として注目した。ただし、犯罪者やテロリストも紛れこんだ。

 それから、かれは中南米において反共ゲリラに潜入するフリーランス・スパイになった。

 著者の反共主義、米国への忠誠心は強固である。エルサルバドルの路上で、兵隊による射殺や処刑部隊の活動に遭遇しても、まったく疑問には思わなかったようだ。

  ***

グアテマラ偵察……イギリス情報部の依頼

・イラン・コントラ作戦……米軍情報部門(MI)に依頼されて、武器の横流しを支援する。

・ナイジェリアクーデタのための武器の横流し

パナマ特殊部隊との取引

・シーク人反政府派を訓練しつつ、FBIに情報を提供する。

 

 ――我々の国ではこういった森林地帯はないんだ。もっとだだっ広いところだ。我々が知りたいのは市街地戦や道路での装甲車両の止め方なんだ。そういうのもやってくれるのか?

 

・合衆国NSCは、CMA(civilian material assistance)という組織を通じてニカラグアの反共組織コントラを支援していた。しかし、アメリカ人傭兵を載せたCMAのヘリが、サンディニスタに撃墜された。

 

 ――議会はコントラへの合衆国援助に対立し、コントラ支援を法律で禁止する案を出していたからだ。私の経験から言って、議会はいつも勝つ。

 

・マーク・スクールにやってきたシーク教徒はその後、インディラ・ガンディー暗殺やエアインディア爆破テロ等に関与した。

  ***

 著者はテロ支援の疑い等で逮捕された。

 

 ――根本的な疑問は、なぜこんな人生を歩んだかだった。もちろん、筆頭は義務感からだが、生き残るスリルと危険の克服にも理由がなかっただろうか。そうだとすれば、義務感だけを正当化するのは片手落ちだ。基本的には、自分に合っていたからやったことは認めなければならない。

 ――私は政治も政治家も信じなかった。彼らは自分こそが解決できると主張するが、私の考えでは彼らこそが厄介者であり、問題を増やしているようなものだ。

 ――私は忠誠と勇気を信じていた。それが本人だけの目的のものであっても。しかし同時にそれが、ずる賢い政治家が兵隊を戦争に送り続けるために使うごまかしであることも知っていた。

 

 

ザ・マーセナリー―傭兵たちの世界

ザ・マーセナリー―傭兵たちの世界

 

 

 

『ナチスの知識人部隊』クリスティアン・アングラオ その2

  3 ナチズムと暴力

 戦争がはじまると、東方をゲルマン化する計画が始動した。

 国家保安本部、ドイツ民族性強化全国委員部、東部省、人種・移住本部、ドイツ民族対策本部が、それぞれ協力しゲルマン化政策に参加した。

 

・東方において、帝国の外に居住する「民族ドイツ人(フォルクスドイッチュ)」は異民族の中の浮島であり、危機にさらされている。

 異民族を排除し、東方にドイツ人、北欧人、ゲルマン化された民族を植民する必要がある。

・ゲネラルプラン・オスト(東部総合計画)とは、東部における異民族追放とドイツ人植民について、RSHAが作成したもの。

・異民族……チェコ人、ポーランド人、ベラルーシ人、バルト人、ウクライナ人、ユダヤ人は強制移住か、収容所への連行か、物理的な殲滅により排除する。

・SSの計画では、およそ3000万人の追放、2000万人の殺害が予定されていた。

・移住担当部署では、植民のためのドイツ人の村、都市の建設構想が作られた。

・これは、第1次世界大戦と同じ「防衛戦争(アプヴェーアカンプフ)」である。

 

 移住村では学生やボランティアが民族ドイツ人を支援した。これは「ユートピア」建設だった。

 

 ――ユダヤ人共同体は、フル稼働していた絶滅収容所と、第101警察大隊とともにポーランドとロシア占領地全域ですべての共同体を銃撃していた殺人部隊の、両方の犠牲になったのだった。彼女が目にしたユダヤ人の村はどこもからっぽで、まさしく、一時滞在キャンプで待機するあの「フォルクスドイッチュ」たちがそこに暮らしていた。……「オストアインザッツ」とは、SDの将校やゲシュタポの警察官たちが、「アインザッツグルッペ」の活動に対して使った言葉である。そこから東部への出動という考えが生まれ、北欧主義の「人道的な闘士的活動」が征服と戦争の領域に属する仕事と結びついたようである。

 

 ポーランド……パルチザン義勇兵に対する戦いから、ソ連……共産主義者ユダヤ人を殲滅する戦いへの変化。

 

 ――ユダヤ人といえば混乱を引き起こし、残虐行為を行い、放火犯であり、共産主義体制の主要な支持者であるといった三段論法的表現は、東部のユダヤ人をおもなターゲットとして描いている。こうした見方により、開戦初期の8週間に、ユダヤ人がドイツの侵攻に対する潜在的レジスタンスの尖兵であるという考えが増幅するにつれ、15歳から60歳までのユダヤ人男性が、しだいに組織的に銃殺されていった。

 

 アインザッツグルッペンの活動は、国家の中枢で計画されていた。

・第1段階……移動しながら、ユダヤ人、行動主義者を探しては殺していく狩猟の段階。

・第2段階……対象となる異民族を子供から老人まで家畜化し屠殺していく段階。

 

 ――SS知識人たちは機動部隊の内部で正当化の役割を果たしていた。

 

 実行者たちは、自分たちがされないために虐殺を行った。かれらの弁明は自己防衛論に基づいていた。

 

 ――自分自身と自分の家族の消滅を含む集団的な消滅の恐怖、「人種」の生物学的生存がかかった戦いに参加しているという感覚である。

 

 ゾンダーコマンドは前線に近い箇所で集落の制圧を行った。アインザッツコマンドは後方で絶滅収容所的な活動を行った。

 

・1941年9月 バビ・ヤール(キエフ)の虐殺:ゾンダーコマンド4aによる3万人の処刑

・効率よく処刑を実行するための兵站機能の整備、また、処刑の準備や清掃作業に対する隊員たちの嫌悪について。隊員の心的負担を軽減するため、準備や屍体の処理は民間人が行った。

 

 『普通の人びと』(Ordinary Men)は、処刑の準備や計画ができておらず、現場が混乱した例とされる。

 東部出動に従事したSS知識人たちは、部隊の監督、組織化を行い、命令した。しかし、時には直接処刑に立ち会い、自分も射撃した。

 子供と女性の虐殺は実行者に深いトラウマを残した。また、1942年から採用されたガス・トラックには、屍体を運び出さなければならないという重大な問題があった。

 

 ――SS知識人たちは、ジェノサイドの暴力の異常な側面をよく理解し、処刑の儀式化によってその影響を抑えようとしたようである。

 

 負担軽減のために、現地人の補助警察や民兵に処刑をやらせる指揮官もいた。一方、部下のストレスに無頓着な、不人気な指揮官もいた。

 残虐行為、殺人の快楽が蔓延したが、ナチスはこうした行為をタブーとした。

 アインザッツグルッペ指揮官としての参加は、必ずしも懲罰ではなく、通過儀礼の意味も持っていた。

 敗北が迫るにつれて、SS知識人は現実逃避を始めた。かれらの多くは武装親衛隊国防軍の前線に送られた。敗戦直前になっても、RSHAは昇進や褒賞の命令を出し続けていたという。

 

 オットー・スコルツェニーと一部のSS知識人は、ナチスパルチザン部隊「人狼運動」(ヴェーアヴォルフ)を結成し活動した。敗戦後、ソ連と連合軍の占領地で活動したが、1945年12月にはほぼ鎮圧された。

 SS知識人たちのほとんどは戦後、責任を追及された。虐殺行為の隠ぺいはできなかったが、かれらは様々な方法で責任回避に努めた。

 

 ヴェルナー・ベストはSS知識人の被告たちと意見調整し、「最終的解決についてはハイドリヒ、アイヒマンら幹部しか知らなかった」という回答で統制しようとしたが、それが発覚した。ベスト自身は訴追を免れた。

 オーレンドルフは、虐殺は戦時中の命令であり、回避不能であったと主張した。しかし、命令拒否によって射殺された事例は1つも見つからなかった。

 また、オーレンドルフは「防衛戦争」、「生存戦争」の世界観を強く訴えたが、戦後、そうした考えはすでに時代遅れになっていた。

 

 終わり

 ――……第1次世界大戦は、2度にわたって原点の役割を果たした。1918年、混乱するドイツに移植された戦争の想像力の原点。そして防衛戦争とユートピアの刻印を押されたジェノサイドの暴力の原点である。このふたつが、死刑執行人となった戦争の子供たちの恐ろしい運命の中で融合した。

 

ナチスの知識人部隊

ナチスの知識人部隊

 

 

  ◆参考

 

『ナチスの知識人部隊』クリスティアン・アングラオ その1

 本書において、著者は、ナチス親衛隊の情報部(SD, Sicherheitsdienst)に所属したアカデミカー(大卒)の親衛隊員たちの心理や背景を理解しようとする。

 かれらは情報部においてドグマ形成、政治的監視、国内外の情報収集を行った。また、東部出動に派遣され、ユダヤ人や異民族の殺害にも加担した。

 

 ◆メモ

・SS知識人のほとんどは、ナチスの政権獲得前から政治活動に取り組んでいた。

・SDが取り組んでいた世界観形成において、ドイツは一貫して防衛・防御の方針を保持している。ヒトラーの侵略や、ホロコーストは、全て自己防衛のためであると解釈された。

 

  ***
 1 ドイツの若者たち

 SDに所属したアカデミカーの多くは、少年時代を戦争と混乱の時代に過ごしている。第1次大戦における総力戦体制は、子供や民間人への教育、プロパガンダも盛んにおこなわれた。

 かれらは野蛮なロシアやフランスからドイツを防衛する必要があると感じていた。また実際に、国境地帯の住民はコサックの占領を受け、残虐な体験を植え付けられた。

 後に親衛隊の幹部となる青年たちの多くが、排外主義とヴァイマール共和国打倒を掲げるフライコール(義勇軍)に参加している。

 ドイツでは、2つ以上の大学で学び卒業することが通例だった。大学のゼミや講座を中心に、後のSS知識人たちのネットワークが形成されていった。

 かれらは民族主義的(フェルキッシュ)、反ユダヤ主義的、反共主義的な学生団体に所属し、運動に参加した。こうした学生団体は、「国家社会主義学生同盟」や突撃隊と関係を深め、一部は統合していった。

 運動に参加しない学生たちも、多くは民族主義的な傾向に同調していた。

 

 ――……ボンは「国境の知性の砦」であった。ライプツィヒは、ズデーテン地方へのプロパガンダ旅行に学生を送り込む中心地。ケーニヒスベルクは、ポーランドに包囲され、回廊によって帝国から切り離された、ドイツ文化の島であった。

 

 SS知識人たちは自分たちのネットワークを頼り親衛隊への入隊を進めた。

 SS知識人たちの学者としてのレベルは様々だが、次のような傾向がある。33年以前に大学に在籍していた者の論文は、一見、非政治的である。一方、33年以降に在籍していた者の論文は、ナチイデオロギーに強い影響を受けていた。

 これはナチ政権の学問領域に対する浸食を示している。

 SS知識人たちは「知識人も兼ねた活動家」であり、各々が専門知識を使って党の活動やドグマ形成活動、政治運動に参加した。かれらの多くは学生時代から明らかに政治的だった。

 著者は、こうした若者たちの根源的な動機が、第1次大戦によって生まれた「ドイツ人を根絶やしにしようとする隣国に対する恐怖」に由来すると考える。

 

 2 ナチズムへの加入――ある政治参加

 SSにおける人種主義……人種決定論、北欧主義、科学的反ユダヤ主義

 世界観形成に携わったギュンターの著作について。

 人種主義に基づく政策は、ホロコーストだけでなく、ドイツ人の婚姻、家族制度にも及んだ。

 SSは、まず自分たちが血統学的な採用基準を用いることによって、来るべき優生政策の先駆けになろうとした。

 

・アーネンエルベ協会……SDとの人種学に関わる交流。

 SS、SDはそのドグマによってエリートたちを取り込んでいった。

 オットー・オーレンドルフは次のように弁明している。

 

 ――私たちが国家社会主義の中に見出したのは、この理念でした。国家社会主義は新しい秩序の基礎をもたらしてくれると、私たちは期待しました。

 

 SDに入る前にナチ党員だったものもいれば、SDに所属しながら後年まで党員にならなかったものもいる。党員でなくとも、活発な人種主義活動を行っていた者もおり、一概に党員でないからナチ思想と無関係とはいえない。

 SS知識人の多くが、採用過程に差はあれど、古参の闘士(1931年以前のナチ党員か、フライコールの構成員)だったことを示している。

 

 1940年にSDとゲシュタポがRSHA(国家保安本部)に統合され、SDの敵研究・監視任務と、ゲシュタポの執行任務が確立した。

 SDは敵の研究・監視をその機能とし、ユダヤ人、共産主義者フリーメーソン、ラインラント分離主義者、同性愛者、反政府主義者、犯罪者等を研究し、組織図や名簿ファイルの作成に励んだ。

 SDは定期的に報告書を作成し、親衛隊上層部がこれを掌握した。例示された報告では、フリーメーソンユダヤ人の陰謀論が真面目に論じられている。

 誰が国家の敵かという定義は、北欧主義から強い影響を受けていた。

 

 アインザッツグルッペンの活動は、オーストリア併合、チェコスロヴァキア解体から始まった。この過程でドイツ人共産主義者や反政府的なチェコ人が逮捕された。

 アインザッツグルッペは、このように多様な活動に従事しており、虐殺を行った4部隊だけを指すものではない。

 活動はポーランドでさらに拡大した。

[つづく]

 

ナチスの知識人部隊

ナチスの知識人部隊