うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『古代国家の成立』直木孝次郎 その1

 中公「日本の歴史」シリーズの1つ。

 大和朝廷の成立をたどる。

 聖徳太子の実像は現在新たに研究が進んでいる分野なので、他の文献も読む必要がある。

 

 1 新王朝の出発

 飛鳥は大和朝廷の始まりの地である。

 大和は朝鮮半島と元々関係が深く、4世紀末には百済新羅を勢力下におき、任那には日本府を設置していた。しかし、5世紀末、高句麗新羅が力を持つと、任那の日本勢力は駆逐された。

 6世紀の継体天皇朝鮮半島に軍を派遣するが失敗し、磐井の乱の原因となった。

 ――天皇家蘇我氏とは、地方勢力や民衆にたいしては朝廷の地位を高めるために協力し、朝廷の内部にあっては、天皇専制と豪族連合のどちらを優先させるかできびしく対立した。

 

 2 保守派物部氏の没落

 臣(おみ)……蘇我氏、葛城氏、平群氏、巨勢氏、紀氏などは、地方の豪族出身であり、天皇家と出自は同等である。

 一方、大伴氏や物部氏、土師氏、弓削氏など連(むらじ)は職能集団が起源であり、天皇家への隷属性が強かった。

 物部氏は軍事・警察・(神明)裁判を司り、雄略天皇の代に権力を持った。

 用明天皇の死後、物部守屋蘇我馬子との対立が激しくなり、合戦により物部は殺害された。蘇我馬子厩戸皇子らを擁し、豪族連合を率いた。

 こうして、天皇専制勢力は没落し、豪族連合・崇仏派の蘇我氏が指導的立場となった。

 

 3 推古女帝

 崇峻天皇時代の蘇我馬子の政治方針……仏教興隆、東国経略、任那復興。

 592年、崇峻天皇は馬子の差し向けた刺客により暗殺され、炊屋姫(かしきやひめ)、すなわち推古天皇が即位した。

 女帝の即位は、皇太子が決まるまでの中継ぎの意味もあるが、皇后の地位が安定したことにもよるという。

 

 ――……天皇の地位が高くなれば近親結婚がいっそう濃密になる。ある意味では、近親結婚の濃度のこさが天皇の権力の強大さのバロメーターである、ともいえそうだ。

 

 古代においては、天皇不執政(天皇が執政をおこなわず、名目上の指導者に留まること)は、一般原則ではなく、特殊な場合にのみ起こった。

 余談だが、戦前、保守派は天皇機関説(近代的不執政説)を批判したが、戦後は天皇免責の観点から不執政説を支持した。

 

 4 聖徳太子の立場

 用明天皇の子、聖徳太子、別名厩戸皇子は、摂政として天皇専制の強化に努めた。

 一方、蘇我馬子は、天皇を不執政の地位に祭り上げ、官司制を通じて実権を握ろうとした。

新羅征討……太子主導の計画による。複数回、筑紫から外征しようと派遣軍を送ったが、渡海は中止した。最終的に、新羅は大和には服属しなかった。

・冠位十二階……氏族ではなく個人単位に与えられ、官僚制の確立を目指すもの。

 百済の官制とつながりが深い。馬子と太子が共同で制定したと思われる。

・十七条憲法……天皇親政を強く掲げているため、天武・持統朝の偽作の説もある。

・遣隋使……太子による。

斑鳩宮への移転。

 

 5 日出ずる国からの使者

 聖徳太子が派遣した小野妹子は、手紙により隋の煬帝を怒らせたものの、無事、使者裴世清を大和に連れてくることに成功した。

 遣隋使は、煬帝に対し日本の地位を示すとともに、煬帝からの使者を受け入れることで、地方豪族に対し、天皇の威信を高めることを目的としていた。

 「天皇」という君主号(元は、大王(おおきみ)を用いていた)や、「日本」という国号が成立したのも、聖徳太子時代と考えられている。

 

 6 いかるがの大寺

 現存する法隆寺が最初のものか、再建されたものかについて、戦後論争があった。結論としては、現存法隆寺は、初代から数十年後に再建されたものという説が主流となった。

 聖徳太子が実際に仏教を興隆していたかどうかの証拠は少ない。

 しかし、かれが信仰に厚く、また渡来人から仏教を学んでいたことは間違いない。

 [つづく]

 

日本の歴史〈2〉古代国家の成立 (中公文庫)

日本の歴史〈2〉古代国家の成立 (中公文庫)

 

 

電線

 夕焼けには

 赤い手が

 扉をひらく音がする

 雲をつくような

 手がぬっとあらわれて

 神父の目をふさぐ

 

 夏の空に

 切り込みをいれるのは

 だれだ

 

 森から森へ

 鉄による、毛糸の

 巻き取りの作業

 送信は続く。

 
 地面が冷えて

 油っぽい羽虫たちが

 兵舎に帰っていくだろう。

f:id:the-cosmological-fort:20170924100616j:plain

『地獄の日本兵』飯田進

 著者はニューギニア島に派遣され、終戦後、オランダ軍によってBC級戦犯として訴追され懲役20年の刑を受けた。

 本書は、日本兵の最大の死因である餓死を軸として、若者たちが被った悲惨な従軍の様子を伝えるものである。

 国家と軍隊に裏切られた若者の怒りが、凄惨な戦場体験を通して伝わってくる本である。

 

 1

 著者は興亜青年として、アジアの復興の志を抱き、ニューギニア海軍民政府に調査局員として雇われた。ニューギニア島は海軍が軍政を敷いており、著者は地理情報などを集める職員として昭和18年に派遣された。

 ニューギニアでは山脈の調査や人食い種族との交流などを行った。

 一方、隣のガダルカナル島では日本軍が壊滅していたが、報道統制のために著者でさえ何も知らなかった。

 

 2

 昭和17年8月、米軍……海兵隊含む2万名が上陸し、ガダルカナルの飛行場を奪取した。2500名の陸軍作業部隊と250名の海軍陸戦隊はすぐにジャングルに撤退した。

 そこで川口少将率いる6000人の部隊が上陸したが突撃失敗しジャングルに追い込まれ、飢餓が始まった。

 その後も増援されるが同じ結果となり、昭和18年2月に撤収したときは3万1000人兵力のうち2万800人が死亡し、その大部分は餓死だった。

 命令により、患者は射殺、歩行不能者は自決させられた。敗北の状況が本土で漏れないよう、撤収兵は、激戦地に転戦させられ多数が死亡した。

 ガダルカナル島撤退の前に、ニューギニア島東南端の連合軍基地ポートモレスビーにおいても、日本軍は奪回作戦を失敗しジャングルで全滅した。

 ※ ガダルカナル島の生命判断

 

 3

 東から西へ進行する連合軍に対し、日本軍は基本的にはジャングルを撤退するだけとなった。

 ――もっとも拙劣な戦術は、軍隊の逐次投入である。

 

・サラワケット山越えでの転落死、凍死、河を渡るときの溺死

・下痢による衰弱死

・牛革ベルトや革靴をかじって食べる、地下足袋を燃やして暖を取る

・蚊の大群、シラミ、ブヨ、巨大なヒル

・生き残りが衣類や装備をはぎとるため、屍体は裸

 

 ――さらには、糧秣の不足は、人間性を最も露骨に現し、戦友をだまし、盗み、時には殺人までして、食糧を少しでも多く、自分だけでいいから手に入れたいとの行為が、相次いで見られ、鬼畜のふるまいもこれまでと思われることが平常となった。

 

 4

 マダンからウエワクにかけて、セピック河と広大な湿地帯を進んだ。軍の靴は濡れるとすぐに壊れた。

日本兵による強盗殺人の多発

・虫、爬虫類を食べる

 

 ――あのなあ、転進者の生き残りがたむろしているところにはな、単独で兵隊を使いに出せないんだ。どこから撃たれて食われるかわからねえからだ。

 

 5

 連合軍を陸海共同で攻撃する「あ号」作戦が幻に終わり、日本兵はジャングルに退避することになった。一部の日本兵は原住民たちに歓迎され、村落で生活し生き延びた。

 しかし、村落の作物を荒らす日本兵もいたため、原住民から襲撃を受けたり、連合軍に寝返ったりする住民もいた。

 

 6

 ニューギニア島西端のビアク島は、フィリピンやトラック島への爆撃拠点となる重要地だった。

 ――陸軍参謀本部も、海軍軍令部も都合の悪い情報は一切伏せて知らせなかったのです。それを知っていたのは、大本営の作戦参謀だけでした。現地部隊にはまったく真相を隠していたのです。

 ビアク島の戦いで日本軍は敗北し、ジャングルで消滅した。

 

 ――そのほとんどは、餓死するか、現地兵に囲まれて虐殺されてしまいました。かつて無理やり労役に駆り出し、鞭と棍棒で重労働を強いた住民の恨みが、こんな形で晴らされることになったのです。

 

 7

 著者は、マノクワリ増強のため中国戦線から送られてきた師団の情報要員として、偵察などを行った。

 このとき、事情聴取のため現地人を連れてきたところ、部隊の少佐はかれらの処刑を決定した。

 

 ――師団の作戦命令も出ている。北岸一帯の敵性原住民は、ことごとく殺戮殲滅すべしとな。本官も生きて帰還するつもりはない。まずこやつらを先陣の血祭りにあげ、亡き戦友の霊を弔うのだ。

 

 ――……私は、第221連隊が中国戦線で、とりわけ八路軍中国共産党軍)の激しい抵抗の鎮圧にあたった部隊だったことを失念していました。後から思えば、そこでは正規兵とゲリラ、良民の区別などつかなかったのです。女子供と思って油断したら全滅の危険に直面する事例が、数え切れぬほど起きていました。

 

 ――中国戦線では、一番年次の新しい兵士の肝試しに、このようにして捕虜を殺させたのだそうです。

 

 処刑に失敗する様子をみかねて、著者は日本刀で現地人村長を斬殺した。

 著者らのいる地域には米軍はやってこなかった。将校、兵隊のほとんどは病気または飢えで死んだ。

 

 8

 ニューギニア島に投入された兵隊20万人以上のうち、生還したのは1割未満である。

 インドネシア・オランダ軍(蘭印軍)は独立運動鎮圧の一方、日本軍を裁判にかけた。

 著者は住民殺害等の罪で懲役刑となった。オランダ軍は400人以上の日本軍人を銃殺したが、間もなくインドネシア独立により主権を喪失し、日本兵たちも送還されることになった。

  ***

 スガモ・プリズンでは、警察予備隊創設のニュースを受けて「おれたちが戦犯として裁かれた意味はなんだったのか」と批判の声を上げる囚人もいたという。

  ***

 

 ――「あなた方の尊い犠牲の上に、今日の経済的繁栄があります。どうか安らかにお眠りください」……飢え死にした兵士たちのどこに、経済的繁栄を築く要因があったのでしょうか。怒り狂った死者たちの叫び声が、聞こえて来るようです。そんな理由付けは、生き残った者を慰める役割を果たしても、反省へはつながりません。逆に正当化に資するだけです。実際、そうなってしまいました。

 

 著者は、戦争指導者や戦争犯罪人にまつわる著名な例をあげ、醜い事例としている。

・戦後、GHQに重用され、また自衛隊創設に貢献した服部卓四郎

東京大空襲を指揮し、空自創設に貢献した功績を評価され勲一等旭日大綬章を受けたカーチス・ルメイ佐藤栄作内閣時代)

  ***

 

地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)

地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相 (新潮新書)

 

 

英国のクリミア戦争、その他

 ◆クリミア戦争

 1853年に始まったクリミア戦争についての本。

 ロシアがトルコに対し軍事動員を行うと、小アジアおよび黒海権益を脅かされると考えたフランスとイギリスはトルコ側につき参戦した。

 戦闘は当初バルト海黒海において海軍を中心に行われたが、本格的な戦闘は、クリミア半島における陸戦から始まった。

 イギリス国民は久々の海外遠征に熱狂したものの、緒戦の大失敗と戦争長期化を受けて厭戦ムードが広がっていく。

 細かい事実の中には非常に面白い箇所がある。

 

・緒戦におけるイギリス陸軍クリミア遠征部隊は壊滅的な有様だった。食糧はいきわたらず、冬服はなく、負傷者は放置され、病死者が続出し、軍馬は輸送途上で大半が死んだ。

 哀れにおもったフランス兵は、宿営地において、イギリス兵に食事を分け与えたという。

 

ナポレオン戦争が遠い昔となった時代、陸海問わず軍隊は不人気であり、兵隊は貧民か犯罪者の漂着先と考えられていた。部隊は、兵隊たちのアルコール摂取と泥酔に悩まされていた。

 ネイピア提督率いるバルト艦隊では、船の乗組員はほとんどが老人または徴用された民間の乗組員で、マストを張るといった基本動作さえまともにできなかった。

 

・当時の米英関係は非常に険悪であり、合衆国はロシア側を支援していた。

 イギリスはフランス帝国のように徴兵制を敷いておらず、兵員数が不足したため、各国で外人部隊を徴募した(ドイツ人、スイス人など)。ところが、合衆国において違法に徴募を行ったため、イギリス人担当者が警察に捕まり、外交関係はさらに悪化した。

 

Crimea: The Great Crimean War, 1854-1856

Crimea: The Great Crimean War, 1854-1856

 

 

 

 ◆強制外交

 最近のニュースを見て核管理や核拡散に興味を持ち、いろいろと本を読もうと思った。

 『軍事力と現代外交』では、強制外交(最後通牒などの手段を通して相手国に自己の意志を強制する)に言及して、大国による小国のコントロールはますます困難になりつつあると述べている。

 

・敵対者は、要求をのむよりも、コストのかかる戦争を選ぶかもしれない。また、国内的な要因や、自己の英雄イメージから、強制外交の受け入れを拒否するかもしれない。

 

 ――要するに、強制外交の結果は敵対者に作用する心理的・文化的・政治的変数に依存し、そのために戦略の成功を予測し確保するのが困難だということである。

軍事力と現代外交―現代における外交的課題

軍事力と現代外交―現代における外交的課題

 

 

 

 ◆最悪の選択肢のなかで一番ましなものは

 合衆国は複数の理由(ミサイル防衛能力の不足、多数のロケット発射拠点、中露のけん制、被害予想と政権支持率)から軍事介入が非常に困難であるため、北朝鮮に対しては別の方法で安全を確保しなければならない。

 しかし、今から核開発を放棄すればイラクリビアのようになるのは目に見えているため、北朝鮮が自らそのような行動に出るとは考えにくい。

 では核開発プロセスを遅延させるには何が適切かを考える。

 政治的暗殺の可能性について……合衆国や韓国(2017年9月に暗殺ユニット設置を表明)の暗殺作戦に実行可能性があるのか疑わしく、またその意図があるかどうか検討を要する。

 あるいは、危険な核保有国の1つとして容認・共存していくことになるだろうか。

Bomb Scare: The History and Future of Nuclear Weapons

Bomb Scare: The History and Future of Nuclear Weapons

 

 

 核兵器の脅威はならず者国家だけではない。

 合衆国においても過去に人為ミスに起因する事故が発生しており、危険が常に存在することを示している。

 下の本は買ったが未読。

 冷戦時代の核兵器ヒヤリハットについて。

Command and Control

Command and Control

 

・マイノット事件

B-52爆撃機、誤って核弾頭搭載のまま飛行 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

 2007年に発生した米空軍における核兵器の管理ミス事件を受けて、当時の空軍長官、空軍参謀総長が辞職し複数の高官が処分を受けた。

 また余波として、当時編成予定だった空軍サイバー軍団(AFCYBER)が急きょ中止になり空軍地球規模攻撃軍団(AFGSC)が編成されることになった。

「ベルファスト71」

 制作:2014年

 監督:ヤン・ドマンジュ

 独立紛争の激化する1971年、ベルファストにおける治安維持活動中に、敵中に置き去りにされた英国軍兵士を描く。

 北アイルランド住民は敵対的であり、また市内では過激派(IRA)に命を狙われる。

 主人公は市内に潜伏し生き残りを図る。

 北アイルランド紛争が舞台であり、複雑な状況が映画の展開に関連する。

 全体的な印象として、戦争と殺人の不毛さを訴えている。

 

・独立派内部に争いがあり、穏健派と強硬派とで対立している。

・イギリス軍は特殊工作員を使い、プロテスタント系の義勇軍を秘密裏に支援し、またIRAに対しては潜入スパイ活動を行っている。この活動は一般部隊に対しても秘匿されている。

ベルファストの風景……レンガの町、低層住宅街、入り組んだ路地や迷路といった景色が良い。

・ハンディカメラの使用

 

ベルファスト71 [DVD]

ベルファスト71 [DVD]