うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『職業としての政治』ヴェーバー その2

 政党の変化について。

 イギリス、アメリカを例に政党の変容を説明するが、1918年当時の説明であるため、理解しにくい。

 

・名望家たちの政党(名望家たちによる集団指導と、党内での官職任命)

デマゴーグやカリスマを頂く大衆政党(行政の長となった大統領による大規模猟官制、ボス)

 

 ――人民投票的指導者による政党指導は、追随者から「魂を奪い」、かれらの精神的プロレタリア化を現実にもたらす、ということである。指導者のための装置として役立つためには、追随者は盲目的に服従しなければならず、アメリカ的な意味でのマシーン――名望家の虚栄心や自説に固執して、故障をおこしたりしないマシーン――でなければならない。

 

 ヴェーバーは、民主制の支配を2つに分ける。

・指導者民主制(フューラー(指導者)と人民投票マシーン)

・職業政治家支配(党内派閥による支配)

 

 ドイツでは、政治家としての道は政党職員、利益団体、ジャーナリズムから生まれるだろうという。

 

  ***
 政治家に求められる要素……

・情熱

・責任感

・判断力

 

 政治家にとって最大の敵は、自身の虚栄心と無責任である。

 政治と倫理との関係について、ヴェーバーは心情倫理と責任倫理との違いを説明する。

 

・心情倫理……「キリスト者は正しきをおこない、結果を神にゆだねる」、動機や行為自体の正しさを追求する態度。かれにとっては理想の炎を燃やすことが倫理であって、失敗は、世間や他人や神の不完全によるものである。

責任倫理……結果の責任を負うべきだとする態度。自分の行為の結果が予測できた以上、その責任を他人に転嫁すべきでないとする態度。

 

 ――この世のどんな倫理といえども次のような事実、すなわち、「善い」目的を達成するには、まずたいていは、道徳的にいかがわしい手段、少なくとも危険な手段を用いなければならず、悪い副作用の可能性や蓋然性まで覚悟してかからなければならないという事実、を回避するわけにはいかない。また、倫理的に善い目的は、どんな時に、どの程度まで、倫理的に危険な手段と副作用を「正当化」できるかも、そこでは証明できない。

 

 ヴェーバーは、心情倫理は必ず破綻すると考える。

 

 ――心情倫理家はこの世の倫理的非合理性に耐えられない。

 ――この世がデーモンに支配されていること、そして政治にタッチする人間、すなわち手段としての権力と暴力性とに関係をもった者は悪魔の力と契約を結ぶものであること。さらに善からは善のみが、悪からは悪のみが生まれるというのは、人間の行為にとって決して真実ではなく、しばしばその逆が真実であること。これらのことは古代のキリスト教徒でも非常によく知っていた。これが見抜けないような人間は、政治のイロハもわきまえない未熟児である。

 

 政治においては、暴力手段をいかに正当化するか、また部下にいかにその報酬を与えるかが重要となる。

 政治は、必ず暴力という悪魔と契約を結ぶ。

 人間愛と慈悲を持つ聖人たち……キリスト、聖フランチェスコブッダらは、決して政治という方法を用いなかった。

 

  ***

 ヴェーバーは、心情倫理のみを重視する情熱家や革命家を否定する。かれらには、政治の結果責任を負うつもりがないからである。

 

 ――……まず相手の十中八九までは、自分の負っている責任を本当に感ぜずロマンチックな感動に酔いしれたほらふきというところだ……。

 

 著者は、10年後(1930年代)には反動の時代が始まっていて、いま期待していることのほとんどは実現していないだろう、と予言している。

 ドイツの歴史をたどると、この予言は的中している。

 

 ――自分が世間に対して捧げようとするものに比べて、現実の世の中が――自分の立場からみて――どんなに愚かであり卑俗であっても、断じてくじけない人間。どんな事態に直面しても「それにもかかわらず……」と言い切る自信のある人間。そういう人間だけが政治への「天職」を持つ。

 

職業としての政治 (岩波文庫)

職業としての政治 (岩波文庫)

 

 

『職業としての政治』ヴェーバー その1

 ドイツ敗戦と革命の最中である1918年に、ミュンヘンで行われた講演を記録したもの。ミュンヘンはドイツ革命の特に激しかった地域であり、ヴェーバーの講演も、革命勢力の台頭を念頭に置いた内容となっている。

 

 ◆所見
 特に、以下の点については今でも考察に値する。

・政治が無報酬である場合、政治家は政治以外に収入を求めることになる。これは、資産家や地主が担い手になるのではなく、金権政治――政治家になることで、非公式の収入が見込める――につながる。

・名望家たちが持ち回りする形式の政党から、カリスマがあり、弁舌に長けた指導者を頂点とする、集票マシーン巨大政党への変化。人民が投票マシーンとして政治に参加することは、民主主義の一形態である。しかし、国民は思考停止し、指導者の完全な服従者となる必要がある。

・官僚は非政治的であることが望ましいとされる。かれらは行政の作業員として、政治家の方針を忠実に実行することが求められる。

 しかし、かれらが政治的に無責任であるということは、政治の命令であれば、どのような作業も実施できるということである。巨大な無責任官僚機構は、ただ上からの指令に基づいて非人道的な犯罪を行うこともできてしまう。

 

・政治は暴力行使と結びついており、必ず倫理的な問題と衝突する。しかし、だからどれだけ倫理的に問題があろうと構わないということではない。

 ヴェーバーは、政治家は常に政治と倫理との対立に向き合わなければならないと主張している。

 次のような態度は、この対立から逃げているだけである。

 1 目的が正しければどのような手段をとっても構わないし、失敗してもそれは世界が間違っているからである(過激派と、革命家)。

 2 政治は暴力をともなうのだから、賄賂・汚職や不正が蔓延しているのは当然である。これをいちいちあげつらうのは、未熟な証拠である(既得権益の正当化)。

 3 倫理的に正しい手段をとればそれは正しい行為なのだから結果がどうなっても問題ではない。政治家としての倫理は達成される(政治的に無力な聖人君子)。

 

  ***

 政治の本質は権力である。

 政治とは、暴力を独占する国家において、または国家相互間において、権力の分け前にあずかり、権力の配分関係に影響を及ぼそうとする努力である。 

 政治的であるとは、権力の追及・配分に関心があることを示す。政治をおこなうものは権力を求める。

 政治的支配の正当性には3つの型がある。

 

・伝統的支配

・カリスマ的支配

・合法的支配

 

 いずれの型においても、支配機構が継続的に権力を行使するためには2つの条件が必要である。

・行政スタッフ

・暴力機構

 

 ところで、職業政治家には「政治によって生きる」者と「政治のために生きる」者との二種類がある。この2つは対立する要素ではなく、通常、一体化している。

 

 ――要するに私の言いたいのは、政治関係者、つまり指導者とその部下が、金権制的でない方法で補充されるためには、政治の仕事に携わることによってその人に定期的かつ確実な収入が得られるという、自明の前提が必要だということである。政治が「名誉職」としておこなわれるということは、政治がいわゆる「自主独立の」人によって、つまり資産家、ことに利子生活者によっておこなわれるということだが、他方、政治が無産者にもできるためには、そこから報酬の得られることが必要である。

 

  ***

 君主が封建領主に対抗し、中央集権化を進める過程で、君主に忠実な、つまり「非政治的な」官吏が必要となった。

 このような官吏は、聖職者、文人、法律家などから採用された。

 生粋の官吏は、政治ではなく行政を、非党派的になすものである。一方、政治家は、自らの責任をかけて政策を決定する必要がある。

 

 ――……政治指導者、したがって国政指導者の名誉は、自分の行為の責任を自分ひとりで負うところにあり、この責任を拒否したり転嫁したりすることはできないし、また許されない。官吏として倫理的にきわめてすぐれた人間は、政治家に向かない人間、とくに政治的な意味で無責任な人間であり、この政治的無責任という意味では、道徳的に劣った政治家である。

 

  ***
 [つづく]

 

職業としての政治 (岩波文庫)

職業としての政治 (岩波文庫)

 

 

『ホメーロスのイーリアス物語』レオニ・ピカード

 20世紀のイギリス児童文学作家が、『イーリアス』を子供むけに書き直したもの。

 ここ数年、岩波少年文庫を集中的にAmazonで買って、少しずつ読んでいる。人を引き付ける物語がどういうものなのかを知りたかったからである。

 

 トロイアプリアモスの子パリスに妻ヘレネーを奪われたメネラオスのために、ミュケナイ王アガメムノーン以下諸国の王と軍隊がトロイアを攻撃する(トロイア戦争)。

 「イーリオス」とはトロイアの別名である。

 個性のある人物が多数登場する。人間的に欠陥のある人物も多いが、かれらも神の加護や血統によって力を持つことができる。

 

  ***

 ギリシアの神々には、戦士たちと血縁関係を持つものもあり、かれらは気まぐれに戦争を支援する。

 

 ――処女神アテーナーギリシア軍に力と勇気を与え、女神のアプロディーテートロイア軍に味方して、戦闘はトロイアの平原のいたるところでくりひろげられた。

 ――人間どもが戦っては死んでいくかぎりにおいて、どちらが勝ち、どちらが負けようと、アレースにとっては問題ではなかったが……。

 

 双方の軍には、問題人物がいて、和を乱す。

 トロイアのパリスは、戦争を起こした張本人でありながら、一騎打ちや戦いから逃げ回り、多くの兵隊が死んでも平然としている。

 パリスは、ヘレネーの返還にも反対し、トロイア人から恨みを買っていた。

 かれは物陰から弓を使って戦士に傷を与える。『イーリアス』では、弓は卑怯者の武器として扱われている。

 

  ***

 ギリシア連合軍の司令官アガメムノーンは、傲慢な性格によってアキレウスを怒らせ、アキレスは一時戦闘から離脱する。ほかにも、配下の王たちに八つ当たりし反感を買う。

 また、戦況が悪くなると、撤退を主張したり、自分とその財産だけで逃げようとする。そのたびに部下に諫言される。

 

 ――アガメムノーン王よ。あなたはゼウスにだまされたといいました。そのことについては、わたしはなにひとつ知りませんが、あなたが生まれたとき、すくなくともゼウスがあなたに人一倍多くのものをあたえたことだけはたしかです。ゼウスはあなたに、ほかのどの王よりもひろい領地と大きな財産をあたえました。そこで、あなたはいま、われわれの最高指揮官となっています。ところが、ゼウスはあなたに、大国の王には欠くことのできない勇気だけはあたえなかったようです。

 

  ***

・ディオメーデースとオデュッセウスのゲリラ攻撃、スパイの処刑

パトロクロスの身分偽りと、戦死

アキレウスの復讐、ヘクトールの死

プリアモス王による屍体回収

  ***

 『イーリアス』後の物語

・パリスによるアキレウスの殺害

トロイの木馬

・帰郷

 

 ――ながい年月にわたるギリシア軍とトロイア軍の戦争は、このようにしておわった。結局は、勝った側にも敗けた側とおなじように、ほとんどなんの利益ももたらさなかった戦争であった。

 

  ***

 物語の核は、親友のパトロクロスを殺されたアキレウスによる復讐である。パトロクロスは、アキレウスの装備を身に着けてトロイアの城に攻め込むが、ヘクトールによって殺害される。

 アキレウスは、アガメムノーンに侮辱されて以来、戦闘には参加しないと誓っていたが、親友の死によって復讐をおこない、ヘクトールを殺害した。

 古代ギリシアにおいても、戦死者の屍体は重要視されていたようだ。ヘクトールの父プリアモスは、単身アキレウスの陣地にやってきて、息子の屍体を回収させてほしいと嘆願した。

 

  ***

 オデュッセウスは、口がうまく、また知略に長けた将軍して描かれている。現在の価値観とは相いれない、冷徹な古代の将軍である。

 かれらは夜、敵陣に忍び込み、兵隊を皆殺しにする。また、助命を嘆願した敵スパイの首を刎ねる。

 その後、トロイの木馬作戦で城に侵入した際は、プリアモス王を殺害し、ヘクトールの幼い息子(乳幼児)については城壁から放り投げて殺す。

 

  ***

 ◆メモ

 トロイア

プリアモス

・パリス(メネラオスから妻ヘレネーを略奪した)

ヘクトール(パリスの兄)

 連合軍

ミュケナイのアガメムノーン

・スパルタのメネラオス(アガメムノーンの弟)

・ミュルミドーン人をひきいるアキレウスと、パトロクロス

・イタケーのオデュッセウス

・ティリンスのディオメーデー

・ピュロス王ネストール

・アイアース……大アイアースと小アイアース

 

ホメーロスの イーリアス物語 (岩波少年文庫)

ホメーロスの イーリアス物語 (岩波少年文庫)

 

 

魚虫の塔

 わたしたちの

 ことばにとりつく

 敵は、粉において

 兵隊の皮ふを食べる

 そうして

 かれらのことばは、もう、うそのことばだ

 炭をしきつめた

 塔に、夜がやってきた

 やがて、号令が鳴り、

 かれらは絞り出された

 わたしは、敵が、

 エンジンの音をたてて

 やってくるのを見つけるだろう

 そこに、森の声も、兵隊の姿もない

f:id:the-cosmological-fort:20180710160706j:plain

『アメリカの秘密戦争』セイモア・ハーシュ その2

 4

 イラク戦争を主導した「対イラクタカ派」について。

 ネオコンの代表的な論者リチャード・パールは、大統領直属のシンクタンクに所属しイラク戦争を進言したが、自分の経営する投資会社と、軍需産業との関係をメディアに指摘され、公職を辞任した。

 その他、イラク戦争を推進した勢力について。

 

・チャラビらイラク亡命者は、イラク人から嫌悪されており、また外国の情報機関からも、デマを流す政治集団として軽蔑されていた。しかし、ブッシュ大統領とその側近はチャラビを重視した。

イラク戦争の推進者たち……国防総省文官(ラムズフェルド長官、ウォルフォウィッツ副長官)、国務省高官(ジョン・ボルトン)、チェイニー副大統領、ライス

 

 5

 大量破壊兵器に関わる情報機関の失敗がなぜ起きたかを検討する。

 

・ブッシュと側近は、自分たちに都合のよい情報だけを採用した。

・情報機関の分析段階を無視し、吟味・検討されていない素材情報を直接大統領まで報告した(煙突方式)。

・ライス大統領補佐官はまったく指揮をとらず、CIAテネット長官はブッシュに気に入られることに必死であり、職員はやけになった。

イラクニジェールからウラン鉱石(イエローケーキ)を購入したという、一見して判別できる偽造書類が本物だとされ、ブッシュの演説にも引用されてしまった。

 ブッシュ政権は発足当初からイラク侵攻を決定しており、偽情報とわかっていて、あえて開戦根拠として採用した可能性が高いことを著者は示唆している。

 

 6

 ラムズフェルド国防長官について。

 

・少数兵力と精密爆撃による低コスト戦争を主張し、従わない軍人をクビにした。イエスマンのトミー・フランクス中央軍司令官と、マイヤーズ統合参謀本部議長が残り、イラク戦争が始まった。しかし、略奪や暴徒化を止める兵力や資源が枯渇していた。

・先制的人狩り、暗殺部隊……フォード大統領は、CIAによる外国首脳暗殺の暴露を受けて、暗殺禁止の大統領命令を発した。

 ラムズフェルドらは、対テロ戦争においては暗殺も容認されるとして、世界中を対象としテロリストを抹殺できるようなシステムの設立を訴えた。

 軍や、特殊部隊内部からの批判が出たが、かれらは臆病者として排除された。

・特殊部隊の数は増えていったが、イラクの治安は回復しなかった。

ラムズフェルド……軍の作戦に介入し、また都合のよい話だけを聞き、イエスマンを揃える。

 

 7

 米国が支援をおこなっているパキスタンについて。

ムシャラフ大統領は表面上、米国と協調する姿勢を見せている。しかし基盤はぜい弱であり、タリバンの後見人である軍とISI(軍統合情報局)からの圧力にさらされている。

パキスタンは米国のタリバン攻撃を認めるかわりに、イスラム主義者の不満を和らげるためカシミールでのテロを黙認させた。

・核開発の父であるアブドゥル・カーン博士をスケープゴートとして、国策として地下核売買ネットワークを構築してきた。

パキスタン北朝鮮核開発を支援していたのは公然の秘密である。イラクよりはるかに進んだ技術を持つ北朝鮮に対し、ブッシュ政権の対応はあいまいである。

パキスタンの目的はインドを苦しめ、アメリカをだまし、イスラーム諸国の中で存在感を強め、核を拡散させることである。

・本書の書かれた2004年に、パキスタンアルカイダ掃討に協力しているが、進展がない。2010年にビンラディンパキスタン国内(陸軍士官学校の近く)で殺害されるまで、パキスタンはいったいどんな協力をしていたのだろうか。

 

 8

 中東諸国の状況について。

サウジアラビア:王族の腐敗と汚職が進んでいる。体制転覆を阻止するため、王族は過激派に資金援助している。国民は劣悪な生活を強いられ過激派にとりこまれていく。

・シリア:イラク戦争までは、CIAへの情報提供を続けてきた。しかし、ヒズボラ支援に関してブッシュらに目をつけられ、テロ支援国家として非難を受けた。

・イラン:イラクよりはるかに核保有の可能性が高い国であり、イラクにおける反政府勢力を支援していた。

イスラエルとトルコ:イスラエルは中東各国のクルド人を支援してきた。特に、イラククルド人に対しては軍事訓練を施し、独立させようと動いた。トルコはイスラエルと密接な関係にあったが、この件について懸念を表明した。

  ***

 エピローグから。

 

 ――どうしてこんなことができたのか? 国際テロリズムに対抗するにはイラク侵攻しかないと考えたネオコン8人か9人が好き放題をやれたのは、どうしてなのか? ……どうやって官僚主義に打ち克ち、マスコミを恫喝し、議会を誤った方向へ導き、軍を支配したのか? われわれの民主主義は、それほど脆弱だったのか?

 

 ――ジョージ・ブッシュは嘘つきで、政治的利益のために事実をわざと巧妙にねじ曲げる、と信じている人間はおおぜいいる。……この大統領にとって言葉は行き当たりばったりの意味しか持たない、というのがむしろ妥当な解釈だろう。また、この大統領は、言葉を口にすればそれが真実になると信じているようでもある。考えるだに恐ろしいことであるが。

 

アメリカの秘密戦争―9・11からアブグレイブへの道

アメリカの秘密戦争―9・11からアブグレイブへの道