読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

「ディファイアンス」

 公開:2009年

 監督:エドワード・ズウィック


 親衛隊から逃れ、森のなかで共同体をつくったユダヤ人たちの映画。実在の人物を基にしているという。

 ベラルーシは東欧でもパルチザン活動の激しい地域だったが、本作で取り上げられるのは、半盗賊として森の中で生き延びたユダヤ人たちである。

 長男のダニエル・クレイグユダヤ人同朋たちを迎え入れ、かれらを率いる。かれはモーセにもたとえられている。しかし、劇中では弟と仲違いし、自己中心的な人間にクーデタを起こされかける。

 本人は、葛藤する通常の人間にも関わらず、周囲は不自然なほど英雄視している。いつの間に、こんなに悪名高い頭領になっていたのかと感じた。これは映画を制作する側の問題で、ダニエル・クレイグやそのモデル人物の問題ではないと思われる。

 方向性の違いから共同体を脱退した弟は、赤軍パルチザンに合流する。ロシア人の中にもユダヤ人への反感が存在することが示される。

ディファイアンス プレミアム・エディション [DVD]

ディファイアンス プレミアム・エディション [DVD]