うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『公安警察スパイ養成所』島袋修

 昭和49年から59年にかけての、かなり古い時代の公安警察に関する暴露本。

 石垣島出身の沖縄県人であるということで、米軍、日本政府と県民の間に軋轢が存在する点が特殊である。

 

 ◆メモ

 現在でもなお共産党対策に莫大な予算と人員が使われているのは、果たして適正なのだろうか。一度予算を減らすと増やすのは非常に難しいため、そのまま現状維持を追求しがちである。

 公安警察の建前は「民主主義の擁護」だが、その手段は、主権者たる国民にはとても公表できないものである。

 情報機関や政治警察の根本問題は、主権者たる国民が実態を認識できないこと、予算の使い方が適切なのか判断できないこと、恣意的な運用に対する歯止めが困難な点にある。

 

  ***
 著者は拓大卒業後、沖縄県警に採用された。

 

 ――警察に入った動機は、「正義」の二文字に魅かれたからである。学生時代、中核派の学生たちと衝突したことなどから、当時の私は、なんとか社会の秩序を守らねばならぬという使命感、正義感に燃えていた。

 

沖縄県警察本部警備部警備課調査一係の任務:共産党及び民青同(民主青年同盟)の監視、スパイの作成。

・スパイ養成……お金を工面する、見舞金を渡す、家賃を肩代わりする等。

 スパイを通じて共産党文書を入手したことで出世し、警察大学校警備専科教養講習へ入校することになった。

・教育内容……写真撮影、盗聴、尾行、張り込み、隠し撮り、

共産党への徹底的な敵意を植え付ける教育

 

 スパイ養成の過程:基礎調査、接触、身分開示(警察官であることを打ち明け、協力を要請する)

 身分開示、身分偽り、未成年者・女性・前科者との接触は、警察庁の事前承認が必要だった。

 工作のための謝礼は予算から出るが、しばしば自腹を切った。

 スパイ養成が第1課題だが、自ら党員となって潜入するという活動は本書では言及されていない。

 

 警備警察の思想教育……共産党は、国民のためにつぶさなければならない。公安はナショナルなもの、民主主義を守るためのものである。すべては国民のために行う。自分たちを評価するのは歴史である。

 

  ***

 共産党は特に教育界に組織基盤を持っている。

 共産党は防衛委員会と調査委員会という独自の防諜組織を持ち、警察・公安調査庁のスパイ摘発に努めている。

 以下、共産党機関紙からの引用が続き、公安のスパイ工作に気を付けようという党の認識が示される。

  ***

 

 警察の裏事情について。

 在職中に見聞きした警官の様子が書いてあるが、ほとんど引退老人の漫談である。

 

・興信所、暴力団、右翼とはつながりがあり、犯罪歴や個人情報の提供が行われている。

・沖縄の右翼には、住民の生活を守るため基地反対運動に対抗する組織もある。

 

  ***

 ――正直者がバカを見た。正直者がバカを見ない職場環境をつくること、と前警備部長が言っていた。しかし現実はゴマすりのみ。ゴキブリ出世主義にはついていけない。

 

 著者は公安勤務がもとで借金をつくり、また精神的にもダウンし退職する。

 その後はうさんくさい興信所や芸能プロダクション設立などを経て、いまは歌手になっているという。

 

  ***

新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)

新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)