読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『しろばんば』井上靖

本メモ ◆日本のフィクション

 親類の老婆の家に預けられた子供についての話。伊豆半島の田舎が舞台である。

 作者の小説には、いじめっ子に対して卑屈にならず勇敢に立ち向かう人物がよく登場する。無口であっても石をもって暴れ出す姿を見て、主人公は自分の卑屈さ、弱さを反省する。

 育ての親の老婆が死んだところで話は終わる。

 主人公の子供は口数が少ないが、外界の出来事に反応して徐々に賢くなっていく。子供がもっとも学ぶのは自分の弱い点、情けない点を克服することにおいてである。

 

しろばんば (新潮文庫)

しろばんば (新潮文庫)