うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

La Casa ~未完成のゲーム「レンガ」より~

La Casa


La Casa / The Cosmological Fort - YouTube

 

以下抜粋:

 '場面、森、塔のふもと 
 3人は湿った草むらのなかにもぐりこんで、やはり、例の遺跡にやってきた。
 わたしには、ひとつの目的がわかった。

わたし「この土台、石垣、夢で見たものとおなじだ」

N氏「ここにつれてきたおぼえはありませんが」

わたし「さっき、夢のなかでこの場所にきた」

わたし「ここに塔をたてなければならない」

N氏「何がですか」

わたし「ここに塔をたてます」

 わたしは、からだの神経から、脳みそスポンジまでの、すべての部位、あらゆる駆動部、制御信号に対して、大変なことがおこなわれているのを感じとった。

 わたしは塔の建設者として、重大な仕事をまかされた。

 この仕事のために、わたしの物理からだと脳みそは、塔の持ち主の指令をうけとるようになった。

 これは大機械の指令をうけておこなわれる労働だ、建設だ、とおもった。

わたし「今後、わたしはここで塔の建設をすすめていきます」

 ポケットからハンカチをだした。

  ***

 わたし「わたしの労働は、塔を建設することです。それが唯一の、正しい労働で、それ以外のあらゆる労働は、ぜんぶ正しくない」

  ***

 N氏「人間レンガの塔、すばらしい、子供のからだを加工したものの、つみかさねのすがた」

 いつの間にか、コテージの照明は消えて、外部の発電機の音もなくなった。

 N氏の頭部が、ともしびのなかから浮かび上がる。

N氏「塔をつくるには、レンガ、素材が必要だ」

わたし「はい」

 N氏はいったい何がいいたいのだろう。N氏は……それについてはよくわからなかった。

  ***

 人間レンガは、しっかりと、重さ、かたさをもっている。

 色合いは、黒大理石のように見えなくもない、ところが、空が白んできて、太陽光を浴びると、青とも、茶色とも判別しがたい、めずらしい材質が明らかになった。