うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

ボイス(2012)

 唐竹の檻(おり)に
 ひとひと、つるべの
 かみなりをゆびでなぞった
 その時間 常に掘った
 わたしたちは
 時間になると、みぞから這いだして
 コカと、芝の花をつみとる
 つぼみアンテナから、毎秒
 おびただしい数で送られる
 粉ひきの声をきく
 きいた