読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

緑色の技術

とりでポエム

 骨がしぼりこまれた後も、
 
 眼球は、能力が低いため
 枝と枝とのつながりを
 見つけることができなかった。

 
 葉の表面に管が浮き出し
 その日の太陽が、光の
 無数の穴となり
 わたしは系統を書いた。

f:id:the-cosmological-fort:20160912223725j:plain