うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

光学鳥の歌

 鳥の環、鳥の環、
 ぬるりとすべる波の上を
 4つの足で這いすすむ
 脳の白い鳥、
 かれの脊椎は2つある。
 
 鳥の環、鳥の環、
 キチン質くちびるに
 各々が芋虫と、葦をくわえる
 精密な鳥、
 かれらの行進は
 羽を振り、羽を振り、
 空の中枢に波を書く。
 
 鳥の環、鳥の環、
 周期をもって点滅する。
 わたしにざくざくと切りおろされ
 かれらは空中線に吊るされた。
 そうして
 風向計が代わりを果たす。

f:id:the-cosmological-fort:20150614070237j:plain