うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

2014-12-30から1日間の記事一覧

青銅のふくろ

となりの男、黒いすすでできた、大きな眼球の 尋問官の、肩や、腕から立ち上る蒸気を 確認する。 わたしは確認した。 地下牢はとても暑く、高濃度の 音素のたばが繰り返し、床を走る ねずみたちをつつく。 それで。 やさしいことのつぐないをしながら、 あわ…

『2666』ロベルト・ボラーニョ

謎のドイツ文学者と、シウダフアレス市で発生している連続女性殺人事件を題材にとった小説。 *** (1)アルチンボルディという架空のドイツ人作家を愛好する4人の学者(女含む)について。架空の作家を追求するところまでは興味がわいたが、4人の恋愛関係…

『イスラーム 法と国家とムスリムの責任』真田芳憲

――慈悲深く、慈愛遍きアッラーの御名において。讃えあれアッラー、万世の主にして、人びとに良き教えをもたらし、彼らを善導し、警告を与え、アッラーの元にそのみ許を得て誘う、煌々たる灯のような聖預言者ムハンマドを遣わされた御方。 本書はイスラーム法…