うちゅうてきなとりで

The Cosmological Fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

滋賀と三重の旅行 その2 ~鉄炮、忍者、寺、らっこ

滋賀 続き

甲賀の里 忍術村

甲賀市の忍者施設の職員の方に「山を切り開いたところにあります」といわれた忍者テーマパークです。

駐車場と入口だけみると、営業しているかどうかわかりません。



忍者屋敷では、緑色の忍者職員が仕掛けを説明してくれました。この忍者が非常にいい味を出していました。

 

その他、雑木林に埋もれたロープや平均台をクリアしました。

 

 

三重県

伊賀流忍者博物館

滋賀・三重県境は山が多く、とてものどかなところです。

伊賀流忍者博物館では、手裏剣投げ、忍者屋敷ツアー、資料館を回りました。

忍者屋敷のガイドが、仕掛けや歴史について非常に丁寧に説明してくれました。

 

赤目四十八滝

午後になってから到着したので、一心不乱に一番奥の滝まで歩いて、すぐに帰ってきました。

入口にはオオサンショウウオやイモリの展示室があります。

渓流沿いの道は空気が澄んでいます。

 

夜、名張市から伊勢市まで暗い国道を走っていると、とんでもない山奥に学校の入り口があるのを発見しました。

青山高等学校といい、昔は日生学園と呼ばれ浜田雅功や今田が在籍していた特徴的な学校でした。

周りには本当に山しかないので、坊主ジャージが脱走したら一目瞭然だったと思います。

ja.wikipedia.org

www.youtube.com

 

[つづく]