うちゅうてきなとりで

The Cosmological Fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

図書案内:日本と歴史

 日本史に関する本のメモをリストにしました。

 基本的な文献を読んでおくことの重要性を実感します。

 なぜなら歴史は人間の世界観をつくるもので、物の見方・方針に大きく影響するからです。虚偽に基づいた世界観は、人を誤った選択・判断に導きます。

 自分の価値観を補強するためだけに本を読みがちになってしまいますが、それではやがて認識と事実が離れていきます。

 書かれていることが事実や史料に基づいているのか、根拠があるのかを判断する能力を養いたいと考えています。

 しかし、どうしても変えられない根本的な思考はあります。

 

・古代

『古代国家の成立』直木孝次郎 その1 - うちゅうてきなとりで

『古代国家の成立』直木孝次郎 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『蝦夷と東北戦争』鈴木拓也 - うちゅうてきなとりで


 

・中世

『足利尊氏』高柳光寿 - うちゅうてきなとりで

 

『南北朝の動乱』佐藤進一 - うちゅうてきなとりで

 

『下克上の時代』永原慶二 - うちゅうてきなとりで

 

『信長の戦争』藤本正行 - うちゅうてきなとりで

 

『一向一揆と石山合戦』神田千里 - うちゅうてきなとりで


 

『関ヶ原合戦と大坂の陣』笠谷和比古 - うちゅうてきなとりで

 

『信長の天下布武への道』谷口克広 - うちゅうてきなとりで


『百姓から見た戦国大名』黒田基樹 - うちゅうてきなとりで


『信長の親衛隊』谷口克広 - うちゅうてきなとりで


『信長軍の司令官』谷口克広 - うちゅうてきなとりで

 

『毛利元就のすべて』 - うちゅうてきなとりで
 

『北条早雲とその一族』黒田基樹 - うちゅうてきなとりで

 

 

・近世

『江戸開府』辻達也 - うちゅうてきなとりで

 

『元禄時代』児玉幸多 その1 - うちゅうてきなとりで

『元禄時代』児玉幸多 その2 - うちゅうてきなとりで
 

『身分差別社会の真実』斎藤洋一 大石慎三郎 - うちゅうてきなとりで

 

『かたき討ち』氏家幹人 - うちゅうてきなとりで

 

『島原の乱』神田千里 - うちゅうてきなとりで


 

『現人神の創作者たち』山本七平 - うちゅうてきなとりで

 

『幕末の天皇』藤田覚 その1 - うちゅうてきなとりで

『幕末の天皇』藤田覚 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『大江戸死体考』氏家幹人 - うちゅうてきなとりで

 

『江戸の刑罰』石井良助 その1 - うちゅうてきなとりで

『江戸の刑罰』石井良助 その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

 

・近代

『近現代日本を史料で読む』御厨貴 - うちゅうてきなとりで

 

『未完の明治維新』坂野潤治 - うちゅうてきなとりで


 

『神々の明治維新』安丸良夫 - うちゅうてきなとりで

 

『戊辰戦争』佐々木克 - うちゅうてきなとりで


 

『特高警察』荻野富士夫 その1 - うちゅうてきなとりで

『特高警察』荻野富士夫 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『治安維持法』中澤俊輔 その1 - うちゅうてきなとりで

『治安維持法』中澤俊輔 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『日本の軍隊―兵士たちの近代史』吉田裕 - うちゅうてきなとりで

 

『海軍と日本』池田清 - うちゅうてきなとりで

 

『シベリア出兵』麻田雅文 その1 - うちゅうてきなとりで

『シベリア出兵』麻田雅文 その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『キメラ―満州国の肖像』山室信一 その1 - うちゅうてきなとりで

『キメラ―満州国の肖像』山室信一 その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『関東軍』島田俊彦 - うちゅうてきなとりで

 

『陸軍中野学校』加藤正夫 - うちゅうてきなとりで


『五・一五事件』保阪正康 - うちゅうてきなとりで

 

『Japan's Total Empire』Louise Young - うちゅうてきなとりで

 

 

『未完のファシズム』片山杜秀 その1 ――日本軍の精神主義の起源 - うちゅうてきなとりで

『未完のファシズム』片山杜秀 その2 ――日本軍の精神主義の起源 - うちゅうてきなとりで

 

『日中十五年戦争史』大杉一雄 - うちゅうてきなとりで


 

『日中戦争 殲滅戦から消耗戦へ』小林英夫 - うちゅうてきなとりで

 

『日中アヘン戦争』江口圭一 その1 - うちゅうてきなとりで

『日中アヘン戦争』江口圭一 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『細川日記』細川護貞 その1 - うちゅうてきなとりで

『細川日記』細川護貞 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『地獄の日本兵』飯田進 - うちゅうてきなとりで

 

『従軍慰安婦』吉見義明 - うちゅうてきなとりで

 

『「慰安婦」問題とは何だったのか』大沼保昭 - うちゅうてきなとりで


 

『大本営参謀の情報戦記』堀栄三 - うちゅうてきなとりで

 

『憲兵』大谷敬二郎 - うちゅうてきなとりで


 

『憲兵物語』森本賢吉 その1 - うちゅうてきなとりで

『憲兵物語』森本賢吉 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『ガダルカナル戦記』亀井宏 - うちゅうてきなとりで

 

『アーロン収容所』会田雄次 - うちゅうてきなとりで


 

『宇垣一成』渡辺行男 - うちゅうてきなとりで

 

『陸軍登戸研究所の真実』伴繁雄 その1 - うちゅうてきなとりで

『陸軍登戸研究所の真実』伴繁雄 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『謀略戦 陸軍登戸研究所』斎藤充功 - うちゅうてきなとりで

 

『インパール』高木俊郎 - うちゅうてきなとりで


 

『東京裁判』日暮吉延 - うちゅうてきなとりで

 

『日本の近代5 政党から軍部へ』北岡伸一 - うちゅうてきなとりで

 

『日本の近代6 戦争・占領・講和』五百旗頭真 - うちゅうてきなとりで

 

『日本の近代9 逆説の軍隊』戸部良一 - うちゅうてきなとりで

 

『昭和天皇』古川隆久 - うちゅうてきなとりで

 

『陸軍特攻振武寮』林えいだい - うちゅうてきなとりで

 

 

『今日われ生きてあり』神坂次郎 - うちゅうてきなとりで

 

『日本海軍の終戦工作』纐纈厚 その1 - うちゅうてきなとりで

『日本海軍の終戦工作』纐纈厚 その2 - うちゅうてきなとりで

 

『南京事件』笠原十九司 - うちゅうてきなとりで

 

『日本軍と日本兵』一ノ瀬俊也 - うちゅうてきなとりで

 

『私の中の日本軍』山本七平 - うちゅうてきなとりで


 

『一下級将校の見た帝国陸軍』山本七平 - うちゅうてきなとりで


 

『ある異常体験者の偏見』山本七平 - うちゅうてきなとりで

 

『レイテ戦記』大岡昇平 その1 - うちゅうてきなとりで

『レイテ戦記』大岡昇平 その2 - うちゅうてきなとりで

『レイテ戦記』大岡昇平 その3 - うちゅうてきなとりで

 

『十七歳の硫黄島』秋草鶴次 - うちゅうてきなとりで

 

『英雄なき島』久山忍 ――硫黄島の戦いと名将の実態 - うちゅうてきなとりで

 

 

『沖縄決戦』八原博通 その1 - うちゅうてきなとりで

 

『沖縄決戦』八原博通 その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『僕は少年ゲリラ兵だった:陸軍中野学校が作った沖縄秘密部隊』NHKスペシャル取材班 ――我が国の少年兵政策 - うちゅうてきなとりで

 

 

『海上護衛戦』大井篤 - うちゅうてきなとりで


 

『禅と戦争』ブライアン・アンドルー・ヴィクトリア - うちゅうてきなとりで

 

『瀬島龍三』保阪正康 - うちゅうてきなとりで

 

『昭和天皇の終戦史』吉田裕 その1 - うちゅうてきなとりで

『昭和天皇の終戦史』吉田裕 その2 - うちゅうてきなとりで


 

『昭和天皇独白録』寺崎英成 - うちゅうてきなとりで

 

『スターリンの対日情報工作』三宅正樹 - うちゅうてきなとりで

 

『暗号を盗んだ男たち』桧山良昭 - うちゅうてきなとりで


 

『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』戸部良一 - うちゅうてきなとりで

 

『宮中からみる日本近代史』茶谷誠一 - うちゅうてきなとりで

 

 

『特攻』森本忠夫 その1 - うちゅうてきなとりで

『特攻』森本忠夫 その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

『海軍伏龍特攻隊』門奈鷹一郎 ――やる前にだれか止めなかったのか - うちゅうてきなとりで

 

『本土決戦』土門周平 ――ひのきのぼうや石のオノで米軍を迎え撃つ - うちゅうてきなとりで

 

 

『毒ガス戦と日本軍』吉見義明 その1 ――日本軍はどのように化学兵器を使ったか - うちゅうてきなとりで

『毒ガス戦と日本軍』吉見義明 その2 ――日本軍はどのように化学兵器を使ったか - うちゅうてきなとりで

 

 

『大本営報道部』平櫛孝 ――大本営発表の内側 - うちゅうてきなとりで


 

『太平洋戦争と新聞』前坂俊之 その1 ――マスメディアと権力との癒着 - うちゅうてきなとりで

『太平洋戦争と新聞』前坂俊之 その2 ――マスメディアと権力との癒着 - うちゅうてきなとりで

 

『餓死(うえじに)した英霊たち』藤原彰 その1 ――日本軍の餓死に関する概説書 - うちゅうてきなとりで

『餓死(うえじに)した英霊たち』藤原彰 その2 ――日本軍の餓死に関する概説書 - うちゅうてきなとりで

 

 

・現代

 

『日本の統治構造』飯尾潤 - うちゅうてきなとりで

 

『CIAと戦後日本』有馬哲夫 - うちゅうてきなとりで

 

 

『水俣病』原田正純 - うちゅうてきなとりで

 

『基地はなぜ沖縄に集中しているのか』 ――経緯と現状 - うちゅうてきなとりで


 

『ミグ25事件の真相』大小田八尋 - うちゅうてきなとりで

 

『プリンセス・マサコ』ベン・ヒルズ その1 - うちゅうてきなとりで

『プリンセス・マサコ』ベン・ヒルズ その2 - うちゅうてきなとりで

 

 

・その他 テーマ別

『歴史人口学で見た日本』速水融 - うちゅうてきなとりで


 

『人口から読む日本の歴史』鬼頭宏 - うちゅうてきなとりで

 

『動物たちの日本史』中村禎里 - うちゅうてきなとりで


『茶道の歴史』桑田忠親 - うちゅうてきなとりで

 

『茶道の美学』田中仙翁 - うちゅうてきなとりで

 

『漢字伝来』大島正二 - うちゅうてきなとりで

 

『日本語の歴史』山口仲美 - うちゅうてきなとりで


『ひらがなでよめばわかる日本語』中西進 - うちゅうてきなとりで

 

『禅と日本文化』鈴木大拙 - うちゅうてきなとりで


 

『在日朝鮮人 歴史と現在』水野直樹、文京洙 - うちゅうてきなとりで

 

『靖国参拝の何が問題か』内田雅敏 - うちゅうてきなとりで


 

『はじめての部落問題』角岡伸彦 - うちゅうてきなとりで

 

『ふしぎな部落問題』角岡伸彦 - うちゅうてきなとりで


『近代の奈落』宮崎学 - うちゅうてきなとりで


 

『田中清玄自伝』 - うちゅうてきなとりで

 

『過激派事件簿40年史』 - うちゅうてきなとりで

 

『公安警察の手口』鈴木邦男 - うちゅうてきなとりで


 

『城郭の見方・調べ方ハンドブック』西ヶ谷恭弘 - うちゅうてきなとりで

 

 

 

『日本残酷物語 1』その1 ――飢饉から生まれた人食い女 - うちゅうてきなとりで

『日本残酷物語 1』その2 ――飢饉から生まれた人食い女 - うちゅうてきなとりで