うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『ドクトル・ジバゴ』パステルナーク

 ロシア人文学者パステルナークは、海外詩の翻訳者、詩人としても有名とのことである。本作『ドクトル・ジバゴ』はソ連において発禁となり、パステルナークはその後ノーベル文学賞を受賞したがソ連当局の反対により辞退させられた。

 物語は映画版とそこまで変わらないが、登場人物たちの思考が細部まで書かれている。

 無秩序と暴力のなかで生きようとする人びとが本作の主眼である。

  ***

 日露戦争時代から始まり、社会が徐々に崩壊していくロシアの様子が描かれる。

 主人公ユーラやその家族を含めて、どのような宗教や思想を拠り所にして生きていくべきかを常に考えていた。

 ――……もし人間のうちに眠っている獣性を抑止できるものが、現世の牢獄であれ、死後の応報であれ、ともかくも脅しであるとしたら、人類の最高の鑑となるのは、自己犠牲の道を歩む伝道者ではなく、鞭を手にしたサーカスの調教師だということになる。ところが、ここで肝心なのは、幾世紀にもわたって人間を動物の上に立たせ、無限に高いところへまで導いてきたのは、けっして棍棒ではなく、音楽でこそあった、ということです。

 

  ***

 第1次大戦はロシアの人びとの生活を変えてしまった。ジバゴも軍医として派遣され、革命により自宅に戻ってから、一家で地方に疎開することになる。

 各地の革命家、ボリシェヴィキ党員たちは荒唐無稽な哲学を振りかざし社会制度を転覆させていく。

 列車による旅の風景が描かれる。苛烈な赤軍の行為や、若い革命家との談話について。

 

 革命家ストレーリニコフについて。

 ――一方、善をなす人となるためには、彼はあまりにも原則的で、本来が無原則なものである心情に欠けていた。心情はもともと一般論を認めることがなく、あくまでも個別にこだわるものであり、小をなすがゆえに偉大なものなのだ。

 

 映画では学生時代からの革命運動家として描かれていたが、原作では個人的な信念から赤軍に参加した非党員である。

  ***

 ジバゴはパルチザンと行動をともにし、凄惨な戦闘や拷問、発狂の風景を目にする。その後、ラーラという愛人と再会する。

 

ドクトル・ジバゴ〈上巻〉 (新潮文庫)

ドクトル・ジバゴ〈上巻〉 (新潮文庫)

 
ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)

ドクトル・ジバゴ〈下巻〉 (新潮文庫)