うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『短篇集 死神とのインタヴュー』ノサック

 ハンブルク空襲の最中に、若い軍人に助けられた女の話。語り手は、女から軍人本人または軍人の親類ではないかと勘違いされる。

 ――大きな激動の時代には、われわれはみんな互いに似通ってくるのだろうか。あるいは、こういう時代には、個々人のもつ考えが壊れた境界線を踏み越えて、共通の場へ出てゆくのだろうか。そしてそこで、遅かれ早かれ、同様にひどい目にあったほかの人から生まれた考えと出会う。こうして共通の運命を体験したことを確認しあう。

 

 カサンドラ

 アパッショナータ

 死神とのインタヴュー

 町に潜む死神家族との会話。死神の男は町をうろつき、通りかかった子供を交通事故で死なせてしまう。語り手の作家Nはなんてひどいことをするのか、と思う。

 

 童話の本

 海から来た若者

 実費請求

 クロンツ

 

 滅亡

 ハンブルクの空襲を目撃した記録。ノサックの作品のなかでも有名なものらしい。連合軍の空襲によって大量の市民が殺戮され、生活基盤が破壊された。人びとは焼け出され、市内から逃げ出してきたが、やがてまた戻っていく。

 実際に見聞した内容に基づいているようだ。

 市民のなかで、敵軍に対して恨みを抱くものはほとんど皆無だった。かれらは、何もできない無力な国と政府を恨み、また、国に対して何事かを期待していた自分たちを軽蔑した。

 自分たちの生命と生活を破壊された人びとに対して、何か指導的な言葉を投げつけることが果たしてできるだろうか。

 

 オルフェウスと……

  ***

 オデュッセウスや神話を題材にした数編をのぞいて、ほぼすべての話には戦争が関わっている。空襲や戦争のために翻弄された人びとだが、完全に人生をあきらめているわけではない。 

 

短篇集 死神とのインタヴュー (岩波文庫)

短篇集 死神とのインタヴュー (岩波文庫)