うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『阿片常用者の告白』ド・クインシー

 どのようにして阿片中毒者になったか、また阿片の服用についてを説明する本。

 著者のトマス・ド・クインシーは19世紀前半に活動したマンチェスター出身の評論家で、麻薬を扱う本書はボードレールベルリオーズにも影響を与えた。

 

 本書に登場する阿片チンキは当時使われていた阿片含有の咳止め、鎮痛剤である。

 大部分は著者の回想からなる。文体は古めかしく、読むのは疲れる。

 

 著者は商人の息子として生まれた。学校でギリシア語を習得したが、何か理由があり蒸発し、以後ロンドンで極貧生活を続ける。売春婦から援助を受け、仕事のツテを探す等、苦労をするうちに身体が衰弱し、肉体的苦痛から逃れるために阿片を服用する。

 その後、定期的に阿片を服用する常用者となった。

 

 苦痛と憂鬱、社会の底辺で生きる心労に満ちた生活が説明される。

 また、一般的に流布している阿片に関する誤解を解くため、阿片を次のように定義する。いわく、阿片は暗褐色であり、比較的高価であり、服用し続けると死に至る。この定義はほとんど何も言っていないと同じことだが、実際に使用したときの効果や、そのときの所見については長々と表現される。

 

 阿片は神の食べ物(アンブロジア)、万能薬である。

 ――今や幸福は一片で買え、胴着の衣嚢に入れて持ち運べる。……断っておけば、阿片と深く付き合う者で、いつまでも冗談を飛ばしている者は1人としていないのである。実のところ、阿片の喜びは真面目で荘重な性質のものであって、阿片服用者はその最高に幸せな状態にあっても、自らを「快活の人」として表現することは出来ない。最高に幸せな時でさえ、「沈思の人」にふさわしい話し方、考え方をするものなのである。

 阿片はアルコールとは異なり、知性と平静を呼び起こす。

 

 阿片服用の影響や、夢の記録が続く。しかし、『付録』では、阿片の副作用について書かれている。

 著者は服用をやめようとしたが、全身の苦痛、口の腫れ、不眠、風邪の症状に悩まされたという。

 ――阿片と私の身体の惨めさの末期段階との間に何らかの関係があるかどうか、それを疑う以上の理由からして――もっとも、阿片が身体を一層衰弱させ、一層狂わせ、それで何によらず悪影響を受けやすいものにした偶因であることだけは認めるが、――私は喜んで、この件について読者に語ることを一切、省略する。読者もそんなことは知らない方がいい。私とても、そんなことは自分の記憶から抹殺してしまえと、同じ伝で気楽にいえたら、どんなにいいかと思う。人間に可能な悲惨さの余りにも生々しい典型の姿を描いて、これから先の静穏な時間をかき乱す必要など、どこにあろうか!

 

 ということで、副作用、禁断症状に苦しむ様子については省略されてしまっている。
 阿片服用に伴う作用を書いてはいるが、その表現手段は古典的な言葉である。 

阿片常用者の告白 (岩波文庫)

阿片常用者の告白 (岩波文庫)