読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『健康帝国ナチス』ロバート・N・プロクター その2

 5

 ヒトラーはたばことアルコールを拒否し、菜食主義に努めた。ヒムラールドルフ・ヘスも菜食主義者だった。ヒトラー個人の嗜好と党の方針によって、肉食の規制、自然食の推進、人工着色物の規制といった政策がとられた。

 また、ドイツ国民がビールにあまりに多くの所得をつぎ込んでいるということが問題視され、禁酒運動がすすめられた。

 もっとも、実際には国民の抵抗が強く、戦況が悪化し食糧が不足するまでは、ビールや肉の消費はあまり変化しなかったようだ。

 

 6

 たばこ撲滅運動は、アメリカに先駆けてドイツで最も早く始められた。ナチ党を支持するガン研究者らによりたばこの害毒が検証され、たばこ産業や広告に対する規制が強化された。

 一方で、経済相とたばこ産業はこうした反たばこ運動に抵抗し、自分たちの利益を確保しようとした。

 ナチスドイツにおけるたばこ撲滅運動の問題は、たばこの規制とガンの予防を唱える学者らのほとんどが、人道的犯罪に加担していたことである。

 たばこ害毒研究所所長のカール・アステルは精神病患者の安楽死を推進し、反たばこ運動の推進者フリッツ・ザウケルは絶滅収容所への関与によりニュルンベルク裁判で死刑となった。

 その他の医者たちも、断種や安楽死政策に関与していた。

 ナチ党下の健康政策には、劣った要素を排除するという要素と、優れた要素をさらに伸長するという2つの要素が併存している。

 たばことアルコールの抑制によって、優れた、純潔で健康なアーリア人特性を強化することと、劣等人種や社会的無用者を処分することとは同じ平面上にあったという。

 たばこの害毒を研究する医学界と、それに反対し、自分たちの研究機構をつくるたばこ産業という構図は、戦後アメリカで繰り返された。

 

 7

 ナチス・ドイツそのものが一枚岩ではなく、様々な省庁や幹部が勢力争いを行っていた。医学界も同様で、ナチ党支持の医学がすべて科学的に誤っていたわけではない。

 メンゲレの人体実験や、収容者を用いた科学実験だけがナチ医学ではない。

 善い政府のもとで善い科学が栄える、という風に社会と科学の関係を単純化することは不可能である。

 

 ――科学史家がとくに強調することをひとつあげろと言われたら、科学的概念は真空のなかで発展することはない、ということだろう。概念は「価値観の坂」の上に乗っていて、社会の微妙な力によっていつも上へ下へと変化しており……。

 ――本書の目的は、ドイツの科学と医学のナチ化は、一般に思われているほど単純なものではないと示すことである……私が強調したいのは、日常的な平凡な科学の実践と日常的な残虐行為の実践とが共存しうることを、もっとよく理解する必要があるということである。

 

 文中にあるように、ナチスへの道は無関心でつくられていたという。

 いかなる科学も政治から逃れることはできない。研究者たちは、邪悪な政府の下で行われた研究から、学べる事項を適切に拾い上げなくてはならない。

 一方で、健康政策が先駆的であったという理由でナチスドイツを正当化することも間違いである。

  ***

 この本のなかで、ポーゼンにつくられた第三帝国ガン研究所についての言及がある。この施設は偽装施設であり、実態は生物兵器の研究がおこなわれていたという。

 

健康帝国ナチス (草思社文庫)

健康帝国ナチス (草思社文庫)