うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

ユーゴスラヴィアから

 旧ユーゴスラヴィア3ヶ国に行ったのをきっかけに、改めてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争や国連について調べることにした。

 以下の本を買ったので、順次読んでいきたい。

 

 ◆ボスニア紛争

ユーゴスラヴィア崩壊の歴史

Yugoslavia: Death of a Nation

Yugoslavia: Death of a Nation

  • 作者: Laura Silber,Allan Little
  • 出版社/メーカー: Penguin Books
  • 発売日: 1997/02/01
  • メディア: ペーパーバック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 ・一族郎党を殺され、亡命した少年が故郷を再訪する

The Bosnia List: A Memoir of War, Exile, and Return

The Bosnia List: A Memoir of War, Exile, and Return

 

 ・戦争について

Love Thy Neighbor: A Story of War

Love Thy Neighbor: A Story of War

 

セルビアについて 

The Serbs: History, Myth and the Destruction of Yugoslavia, Third Edition

The Serbs: History, Myth and the Destruction of Yugoslavia, Third Edition

 

・今年読むフィクションその1 

The Bridge on the Drina (A Phoenix Book ; P746)

The Bridge on the Drina (A Phoenix Book ; P746)

 

 

国際連合

・United nothingについて

  原題は"We did nothing"である。

だから、国連はなにもできない

だから、国連はなにもできない

 

 ・ルワンダの停戦監視団として派遣され、虐殺を傍観することしかできなかった指揮官の著作

Shake Hands With The Devil: The Failure of Humanity in Rwanda

Shake Hands With The Devil: The Failure of Humanity in Rwanda

 

 

◆最近読んだ本

 ・ボスニア紛争における情報戦の役割を検討する。「世論戦」の機能とはなにか。

 ボスニア人勢力は、いかに世論を味方につけ、戦争を有利に運んだかを考える。

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

 

 ・国際社会の悪者、セルビアにおいて、アルバニア武装勢力による迫害が行われていると訴える本。取材対象との距離がほぼゼロである。

 

◆「ルワンダの涙」

 ・ヨーロッパ人、先進国による「反省会」に近い映画。

 権限のない状態での派遣、中途半端に手を出すことの意味を考える。二十数年たって、こうした教訓は生かされただろうか。

ルワンダの涙 [DVD]

ルワンダの涙 [DVD]