読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『ブロディーの報告書』ボルヘス

 ボルヘスの晩年の短編集。

 『伝奇集』のなかの「南部」を連想させる、ガウチョや無法者たちの物語が多い。

 なぜ日本語がとても読みにくいのかがわからなかった。

 「じゃま者」

 仲の良い無法者兄弟の話。

 「卑劣な男」

 無法者と、かれに気に入られた少年との話。

 「ロセンド・フアレスの物語」

 意地の張り合いで簡単に死んでいく世界から抜け出す話。

 (略)

 ボルヘスは暴力的、短絡的な男たちの様子を好んで取り上げている。かれらはすぐにナイフで殺し合い、またはナイフの魔力によって操られている。

 男尊女卑は無法者にとっては不可欠である。悪党たちは決闘で虫けらのように死んでいく。

 「ブロディーの報告書」は、ヤフー族の生態を描く幻想的な話である。

ブロディーの報告書 (岩波文庫)

ブロディーの報告書 (岩波文庫)