読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

「オールド・ボーイ」

映画メモ

 制作:2003年

 監督:パク・チャヌク


 ネタバレ注意

 

 日本の漫画が原作ということで、各所にデフォルメされた人物、設定が登場する。

 内容は、個人的な恨みや思い入れからくる復讐劇であり、登場人物たちにとっては一大事だろうが、わたしはそこまで入っていけなかった。

 理由を考えたところ、次の点が気になった。

・問題の人物たちに、絶対に秘匿しようという意図が感じられない。

・主人公の、家族に対する感情を示す場面が、冒頭を除いてほとんどない。

 

 性的なタブーや暴力的な場面が多く、観ると疲れる映画。

 物語よりは、誇張された人物や設定におもしろさがある。

・隠された私設監獄と、経営するギャングたち

・金髪のボディガード

・独房での自主トレによってジャッキー・チェン化した主人公

・紫色のプレゼント箱

 ・各場面の構成や、カメラ視点へのこだわり

オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]

オールド・ボーイ プレミアム・エディション [DVD]