読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

「グランド・ブタペスト・ホテル」

映画メモ

 制作:2014年

 監督:ウェス・アンダーソン

 架空の国にあるホテルのコンシェルジュが主人公の映画。こっけいで非現実的な登場人物が登場し、殺された老女の遺産をめぐって事件が進む。

 人物たちのやりとりや動きに、笑える箇所がある。

 平面図を意識した映像や、美術、舞台セットがすばらしい。各章のタイトルや平面的な構図はパラジャーノフを連想した。

 戦争への批判と、古いヨーロッパに対する思い入れが映画全体に感じられる。

 エドワード・ノートン演じる軍人たちには人間味があり、軍装も第1次大戦初期までのピッケルハウベである。

 しかし、ホテルを占領した軍は親衛隊風のシンボルをあしらっており、かれらは非人間的な暗殺部隊として描かれる。

 「かれの世界」とは、戦争と社会の変化によって失われた世界を指していると考えた。