読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

サヤト・ノヴァの墓

 サヤト・ノヴァ(Sayat-Nova 1712~1795)はジョージア(グルジア)のトビリシで生まれたアルメニア人の詩人である。

 ジョージア王朝に詩人、外交官として仕えた後、アルメニア正教の僧侶となり、トビリシや、アルメニアのハフパット修道院を含む教区で働いた。

 1795年、イランのカージャール朝アーガー・モハンマド・シャーの軍隊がアルメニアに侵攻し、ハフパット修道院を占領した。かれはシャーの兵隊から、イスラム教への転換を命じられたが、拒否したため首をはねられた。

 

 サヤト・ノヴァはトビリシの聖ゲオルギイ聖堂に埋葬されており、堂の入り口に墓碑銘が残っている。

 

※ ブログ管理人が映り込んでしまいました

f:id:the-cosmological-fort:20160903065900j:plain

f:id:the-cosmological-fort:20160904083647j:plain

 

トビリシ旧市街の夜景

写真中央の尖塔がアルメニア正教の教会、山頂にあるのがナリカラ要塞です

f:id:the-cosmological-fort:20160904090239j:plain

 

 セルゲイ・パラジャーノフグルジア生まれのアルメニア人映画監督)はサヤト・ノヴァの生涯をモチーフにした映画「ざくろの色」を制作した。

ざくろの色(デジタル・リマスター版) [DVD]

ざくろの色(デジタル・リマスター版) [DVD]

 

 

 ※ 聖ゲオルギイ(St. George)について

 Wikipedia情報では、竜退治の聖人伝説はジョージアで成立したとされている。ジョージア国旗の中央には聖ゲオルギイ十字(イングランドと同様のもの)が採用されており、またトビリシの自由広場には聖ゲオルギイ像が立っていた。

f:id:the-cosmological-fort:20160904090850j:plain