読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

「ワールド・オブ・ライズ」

映画メモ

 制作:2008年

 監督:リドリー・スコット

 Body of lies

 中東でテロリストを追跡するCIAを描く。

 冷淡な上司のラッセル・クロウと、現場に密着するディカプリオの対立がかぎとなる。しかし、ディカプリオも特に人道主義者・博愛主義者ではない。

 CIAの監視技術、他国民に対する傲慢な振る舞いを強調したいのか、話の核心である謀略活動を強調したいのか、あまり一貫していない。

 ヨルダン情報機関がディカプリオたちのパートナーとして描かれているが、かれらも「技術と資金」に対する信頼の価値を象徴しているかと思うとそうではない。

 所々に銃撃戦やカーチェイスがあるため退屈はしないが、映画全体の印象は薄い。