うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

サラダ病

 その人は、いや、
 代理人の長は、
 冷却材でゆっくりと脳をひやす。

 大理石の脳も当然のこと
 ではわたしの脳は
 その人の脳はどのような
 素材からできているだろうか。

 「残念ながら、大理石
 ではない」

 赤土と、立体の
 ための粘土、他には
 何があるだろうか、
 鯨の肉の破片を、ていねいに
 固めたものでもあるかもしれない。

 そして、
 代理人の長は隷下の
 脳を統制する。

 規則に基づいた、正しい
 信号によって、
 指令が下され、「ぶくぶく」
 ぶくぶくと
 厚生機械たるわたしたちの
 口から液体の文学が
 したたり落ちた。

 これが、新しい慈悲の10年の
 当局によって掃き清められた絵姿。

f:id:the-cosmological-fort:20160618092626j:plain