読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

「マックス・マヌス(ナチスが最も恐れた男)」

 制作:2008年

 監督:Joachim Rønning

 "Max Manus: Man of war"

 

 ノルウェーレジスタンス活動家を主人公にした映画。

 国王と軍は英国に亡命しており、本土に潜り込んだマヌスたちは絶望的な戦いに挑む。占領下において妨害工作を行うが、敵の数や武器は圧倒的であり、仲間も次々と死亡する。

 ドイツの敗戦により、主人公は虚脱状態となるが、無事気力を復活させて映画は終わる。

 強力な占領軍と戦うという単純な題材だが、実際はこのような明快な話ではないだろう。映画では、レジスタンス活動に意味があるのか、ただ民間人が犠牲になっているだけではないか、とマヌスたちが葛藤している姿が描かれる。

 しかし、国王、軍人、工作員たちが自分の国の解放のために尽力したのは確かである。

ナチスが最も恐れた男 [DVD]

ナチスが最も恐れた男 [DVD]