読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

図書案内:ロシア文学

◎図書案内

 ドストエフスキートルストイ等の有名な作者だけでなく、SFや幻想文学アヴァンギャルドにも面白いものがある。

 伝統的に、一般市民にとっては過酷な国であり、ディストピア小説や反体制の作品が多いと感じる。

・ペレ―ヴィン:『眠れ』、『チャパーエフと空虚』

ソローキン:『ロマン』、『愛』、『青い脂』

ツルゲーネフ:『父と子』

 

レールモントフ mikhail yurievich lermontov

 

◆フョードル・ドストエフスキー feodor dostoyevsky

 他に『罪と罰』、『カラマーゾフの兄弟』、『貧しき人びと』等、滑稽な人物や場面もあり、面白い。

 

 

◆アレクサンドル・グリーン Alexandr Stepanovich Grin

 架空の土地を舞台にファンタジーを書いた作者。

 

◆レフ・トルストイ Ru-Lev Nikolayevich Tolstoy

 他に『戦争と平和』、『イワン・イリッチの死』、『アンナ・アカレーニナ』等。

 

◆アルセーニエフ Arseniev

 

◆アンドレイ・プラトーノフ Andrey Platonovich Platonov

 ロシアの辺境で生きる人びとや、スターリンによる集団化を象徴的に描いた『土台穴』等。ロシア文学のなかでも記憶に残る作者である。

 

 

ザミャーチン Yevgeny Zamyatin

ブルガーコフ  Mikhail Bulgakov

 

ソルジェニーツィン Alexandr Isaevich Solzhenitsyn

 『収容所群島』を読みたいがなかなか手に入らない。英語版は抄訳が大半である。

 

◆ヤセンスキー、オレーシャ

◆ヴォイノーヴィチ  Vladimir Voinovich

◆イリフ、ペトロフ Il'ya Il'f, Evgenii Petrov

 

◆マンデリシュターム Osip Mandelstam