読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『大学生物学の教科書2』サダヴァ

 本書は「染色体と細胞分裂メンデル遺伝学、DNAの構造と複製、DNAをもとにタンパク質が合成される過程、遺伝子発現制御、ウイルス、細菌の遺伝学」を取り扱う。

 6 染色体、細胞周期及び細胞分裂

 ヘンリエッタ・ラックスから摘出されたHeLa細胞は、人工培養されるがん細胞として医学研究に多大な貢献を果たした。

 多細胞生物においては、細胞分裂は「成長や組織の修復」のために用いられる。

 原核生物においては、細胞分裂は複製、分離という順序をたどる。ヒトや種子植物などの真核生物においては、配偶子から受精卵がつくられ、この細胞から多細胞生物が「発生」する。

 減数分裂核分裂の2つめの仕組みであり、「有性生殖に関与する配偶子をつくる細胞のみに起こる」。減数分裂はよって精子卵子をつくる細胞にのみ起こる。その機能は多様性の発生である。

 細胞には、細胞周期を促進させるサイクリン等のタンパク質が含まれている。

 ――癌は不適切な細胞分裂に起因しているので、癌細胞においてはこれらサイクリン―Cdkの制御が崩壊している……人間の癌細胞の半数以上は機能異常のp53を有していて、細胞周期の制御が不能となっている。

 真核生物のDNAは二重らせんとなり、染色体の中に織り込まれている。有糸分裂によって自己を複製することができる。

 有性生殖は親と異なる子が生まれるため多様性が生じ、自然淘汰と進化の基盤となる。

 細胞死にはネクローシスアポトーシスの2つがある。ネクローシスは毒や栄養不足による死で、炎症をともなう。アポトーシスは細胞の自殺で、皮フの代謝などがあてはまる。

 7 遺伝学:メンデルとその後

 遺伝子はどのように世代から世代へ伝達されるかを議論する。

 メンデル遺伝学において、特徴とは観察可能な外観を、形質とは特徴の特定の型を、遺伝形質とは親から子へ伝達されるものをいう。

 8 DNAと遺伝におけるその役割

 DNA(デオキシリボ核酸)は遺伝物質である。DNAは二重らせんの構造を持ち、右回り、2本の鎖は逆平行(反対方向に走っている)であり、AGとCTの組み合わせがはさまっている。

 遺伝物質であるDNAの4つの機能……個体の遺伝情報を保存する、変異の影響を受ける、細胞分裂の周期中に正確に複製される、表現型として表される。

 DNAには自己修復機能がある。

 9 DNAからタンパク質、遺伝子型から表現型まで

 遺伝子とはDNAの配列であり、体の特徴である表現型を作り出す。表現型とはタンパク質である。はじめにDNAからRNAへ転写され、次にRNAからペプチドへと翻訳される。

 RNA(リボ核酸)はDNAに似ているが、1本鎖であり、リボースからなる。RNAはDNAとポリペプチド鎖をつなぐ分子である。

 セントラルドグマとはDNAからRNA、RNAからポリペプチド鎖への、不可逆の情報の流れをいう。HIVウイルスなど、セントラルドグマに従わないウイルスをレトロウイルスという。

 DNAから表現型への変換は遺伝暗号によっておこなわれるが、この暗号は地球上のすべての種でほぼ同一である。

 突然変異は塩基でおこるもの、染色体におこるもの等があり生物に多大な影響をもたらす。

 10 ウイルスと原核生物の遺伝学

 ウイルスは一般的な生物と異なる。細胞を持たず、核酸とタンパク質のみからなり、外界との相互輸送や代謝をおこなわない。

 ウイルスは宿主の細胞の中で増殖する。自己増殖のために宿主細胞のDNAとタンパク質を利用し、宿主細胞を破壊する。

 11 真核生物のゲノムと遺伝子発見

 真核生物と原核生物のゲノムの相違点と、ゲノム構成と遺伝子発現、遺伝子発現の調節について。

 

 

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学 (ブルーバックス)

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学 (ブルーバックス)

  • 作者: デイヴィッド・サダヴァ,クレイグ.H・ヘラー,ゴードン.H・オーリアンズ,ウィリアム.K・パーヴィス,デイヴィッド.M・ヒリス,石崎泰樹,丸山敬,浅井将,吉河歩
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/05/21
  • メディア: 新書
  • 購入: 8人 クリック: 120回
  • この商品を含むブログ (23件) を見る