うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『ブラック・チャイナ』田雁

 起源

 中国黒社会の起源は「幇会(バンホイ)」と呼ばれる秘密結社である。当初は職能組合だったが、明末に満州族に対抗するために結束し、辛亥革命軍閥の支配に際して権力と協力し勢力を拡大させてきた。

 明末の幕僚洪英がつくった「洪門」は、清の時代にたびたび反乱を起こした。やがて孫文と協力し、表舞台に立つが、袁世凱によって弾圧され再び地下にもぐった。洪門の影響は強く、いまでもすべての黒社会はこの組織の伝統を受け継いでいる。

 青幇(チンバン)は雍正年間に輸送の自警団としてつくられ、以来政府の下部組織として機能した。清末に国民党と協調して以来、孫文蒋介石をしばしば援助した。青幇には社会のエリートたちが多数加入した。

 青幇の活動内容は、身代金目的の誘拐、賭場経営、売春、麻薬売買等である。

 台湾

 台湾黒社会は80年代から90年代に大きく発展した。

 竹聯幇は台湾最大の勢力であり、国民党とその国防部と関係が深く、要人やジャーナリストの暗殺を請け負ってきた。竹聯幇は香港や海外各所に支部を持っている。

 香港

 三合会(triad)、14K、新義安など。近年は警察の取り締まり強化、大陸の厳罰制度の適用などにより、知能化が著しい。合法活動にシフトする団体も増えている。

 大陸の黒社会

 改革開放にともない、台湾、香港の先進的なマフィアたちが乗りこみ、大陸黒社会を先導した。やがて、大陸においても東北幇などが台頭し、党や官僚と癒着し、深刻な社会問題となっている。

 チャイナタウンのあるところには必ず黒社会が進出し、現地で犯罪を起こす。

  ***

 チャイニーズマフィアの簡単な起源と、後は事件ファイルを脈絡なく並べただけの本。 

BLACK CHINA(ブラックチャイナ)-中国黒社会―規範なき大陸の暗黒年代記-

BLACK CHINA(ブラックチャイナ)-中国黒社会―規範なき大陸の暗黒年代記-