うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

かれらは怒りの……

 かれらは怒りの茶をたてた。
 
 強度の指とともに
 手のひらでおしつぶせ、
 乱数を。
 
 それらが、技師長の
 思考を乱し、
 かれらの規則をもって
 言わなければならないことの
 大半を
 こわす。
 
 いまだに、親たちは
 子供をさしだすというが
 何事か。
 
 額からこじあけて、脳の器に
 直接、組み合わせの御文を
 打刻すること。
 それを承認すること。

f:id:the-cosmological-fort:20151219075500j:plain