うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

図書案内:イギリス文学とコモンウェルス

イギリス文学と、オーストラリア、南アフリカ等英国由来に関する本のメモを紹介します。好みのせいかスパイ、諜報関係の話が多くなりました。

 

ダニエル・デフォー Daniel Defoe

◆ド・クインシー Thomas De Quincey

◆ジョウゼフ・コンラッド Joseph Conrad

 船乗りの話や、植民地、スパイ、極左テロ組織に関する話を書いた。今読んでもおもしろい本が多い。

ジェイムズ・ジョイス James Joyce 

ディラン・トマス Dylan Marlais Thomas

 

ジョージ・オーウェル George Orwell


アーサー・ケストラー Arthur Koestler

 元々はハンガリー出身で、初期はドイツ語で本を書いていますがここにも載せた。

 『真昼の暗黒』はソ連の陰惨な様子を書いており、ジョージ・オーウェルが賞賛した。

サマセット・モーム William Somerset Maugham

 『人間の絆』や『月と6ペンス』が有名。スパイ小説がおもしろい。

ロレンス・ダレル Lawrence George Durrell

ウィリアム・ゴールディング William Golding

グレアム・グリーン Graham Greene

 スパイ関係。また、信心について。

ジョン・ル・カレ John le Carré

 スパイ小説の大御所で、本人もスパイとして勤務していた。

◆J.M.クッツェー John Maxwell Coetzee

 南アフリカの小説家。フィクションについて考えるフィクションを書く。その他、植民地について。

 

◆SF関連

◆パトリック・ホワイト Patrick White

 オーストラリアの小説家。ノーベル賞

モンゴメリ Lucy Maud Montgomery