うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『蒼き狼』井上靖

 チンギス・カンの誕生から死亡までを書く本。

 チンギス・カンは、小さなころから、無口でおとなしいが暴力的な子供として書かれている。この本では、かれは出自のあやしい人間である。母親と父親のあいだに生まれたのか、または、母親が別の部族の男に暴行されたときにうまれたのか、はっきりしない。

 よって、チンギス・カンは、自分がモンゴル人であることを証明するために、強力な戦闘員、「蒼き狼」になろうと奮闘する。何度も主人公の心中でくりかえされる「自分はほんとうにモンゴル人なのか」という疑問は、割とどうでもよい。

 遊牧民は、お互いに殺傷、掠奪しあって生きている。また、チンギス・カンらは抗争、戦争の世界にいて、生きのびるのは戦闘力のあるものか、技術をもつ人間、運のいい人間に限られる。

 主人公の征服事業は淡々と進むため、理解しやすかった。

蒼き狼 (新潮文庫)

蒼き狼 (新潮文庫)