読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『魚雷艇学生』島尾敏雄

 予備士官学生として海軍に志願し、魚雷要員として配属後、特攻モーターボート「震洋」隊の指揮官に任命されて発進基地に移動するまでを回想する。

 この本は40年後の本人が当時を回想するという形式をとっている。

 教育隊での生活、体操など、とくにかたよりなく、淡々と記憶が語られる。大学出身の士官として、曹たちと労働上のやりとりをする、そこで苦労する話は、軍隊生活の体験記のようだと感じた。

 とくに、非現実的な要素はなかった。

 もとは短編としてつくられたためか、さいご、終戦を迎える前に終わっている。

魚雷艇学生 (新潮文庫)

魚雷艇学生 (新潮文庫)