うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

管路歌

 湿地帯のなかを

 徒歩行進の回虫たち

 霧吹きをもって

 ひざとくるぶしを

 冷やし、

 

 そうしているうちに

 草の中の地蔵が

 土にめりこんでいく。

 

 さまざまな

 石のかんむりをつけた

 地蔵の頭部にかれらは

 腰かける。
 そのとき、青い弁当が広げられた。

f:id:the-cosmological-fort:20150906074114j:plain