うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

児童の列

 茶色の芝とそっくりの
 やわらかい草があり
 かれらは歩いて眠りに落ちた。
 
 寝ながら歩く
 児童らは、両手に墓地の地図を
 持ち、背中に石の
 ろうそくを立てる。
 墓から墓へ、小さな靴で
 跳び越えていく児童らの列、
 声のない列をわたしは見送る。

f:id:the-cosmological-fort:20150706201809j:plain