うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『アーロン収容所』会田雄次

 英軍捕虜となった著者の有名な本。イギリスの人種主義を知るうえで参考になる。

 

 著者は「安」師団に配属されビルマ方面で戦った。無条件降伏ののちイギリス軍のアーロン収容所に入れられた。著者はイギリス人に並々ならぬ憎悪を抱いている。ルネサンスを専攻していたというが彼がビルマで出会ったのは怪物イギリス人だった。

 「それは恐ろしい怪物であった。この怪物が、ほとんどの全アジア人を、何百年にわたって支配してきた」。

 

 彼らは日本軍含めた黄色人種を人間とは考えなかった。トイレの最中や裸の状態のときに捕虜が入ってきても無反応で、英軍の女性兵士たちは捕虜を足やアゴで使った。ビルマ人曰く「なぜ戦争をやめた、また戦って、イギリス人を追い出せ」。

 英軍は日本軍との戦闘にはほとんどグルカ兵を用いた。彼らは音に敏感で、夜でも数キロ先の鳥が見えるという。

 動物奴隷としての扱いをうけるうちに反感はなくなりアジア人共通の奴隷根性が染み付いてしまう。イギリス人がとてつもない支配者のように感じられたという。

 英軍は捕虜を巧妙に殺した。日本兵のように直接暴行したり殺害するのではなくあくまで後で弁解できるように不慮の事故を装ったりして集団死に追い込むのだ。

 なぜ彼らはこうした奴隷の扱いになれているのか? 著者曰く、そもそも日本は牧畜とは縁遠い民族であって血を見ると興奮してしまった。敵が死んでも突きまくったりしたのはこのためだ。一方ヨーロッパ人の歴史は牧畜牧羊の歴史である。彼らは家畜をかわいがり食糧として殺した。可愛がることと殺すことが両立しておりまた牛の群れや羊の群れをどう扱うかも心得ている。この牧人の作業をそのままアジア人に適用することで植民地を経営したのではないか。

 狩猟民族と農耕民族とを区分けする考え方はよく見られるが、事実かどうかはデータを調べて考えなければならない。

 キリスト教徒は人間と動物を峻別するが残念なことに有色人種は動物のほうに入れられたようだった。

 

 気さくなイギリス人は日本兵にこう言った……「われわれはわれわれの祖国の行動を正しいと思って戦った。君たちも自分の国を正しいと思って戦ったのだろう。負けたらすぐに悪かったと本当に思うほどその信念はたよりなかったのか。それともただ主人の命令だったから悪いと知りつつ戦ったのか。負けたらすぐ勝者のご機嫌をとるのか。そういう人は奴隷であってサムライではない。われわれは多くの戦友をこのビルマ戦線で失った。わたしはかれらが奴隷と戦って死んだとは思いたくない」。

 ――戦争に抵抗もせず、軍部や政府から特別いじめられたということもなかった人々が、勝利者に対し「日本は軍国主義の鬼だった」「気ちがいだった」と言って廻ってくれたのには抵抗を感じた……ヨーロッパ人には、いったん自分がとった重大な行動の責任は、どんなことがあってもなくならないとする考え方がある。

 

 スパルタ的精神と英国騎士道について。うじ虫まみれのコンビーフを素手で運ぶに等しい墓地移送の仕事はとくに最低のものだった。

 インド兵はがめつく、もっとも態度が悪くひどい扱いをしたのはオーストラリア兵だったという。

 食糧のためやビルマ人との交換のために日本兵はつねに泥棒をはたらいた。なかには大胆不敵な達人のごとき兵隊もいた。イギリス人はうんざりしたという。

 

 イギリス軍の階級制度は本国の社会を反映している。士官はブルジョワや貴族からなり下士官と兵は労働者からなる。士官がスポーツなどで訓練をして長身で体格がよいのにたいし労働者は栄養不足からか背も低い。労働者は力も弱いので団結しなければならなかった。イギリス人のほとんどは計算ができず字も読めなかった。

 日本の教育制度は当時は優れたものだった。オーストラリア兵はどうやら無知粗暴の権化だったようだ。

 ビルマ人はインド兵とグルカ兵を嫌っていた。グルカ兵は剛健愚直で疑うことを知らなかったという。インド兵は全体的に日本人に好意的だがイングリにたいしての奴隷根性が染み付いてしまっていた。日本人が自然を慈しみ崇拝するのにたいしインド人は太陽を憎悪している。太陽は炎熱と飢えと焼死しか生み出さないと彼らは考えるから日本人からすればヨーロッパ人よりも遠い民族かもしれないと著者は言う。

 ビルマ人は徴発や掠奪をうけたものを別にすれば日本人に好意をもっていた。彼らはのんきなのであまり働かなかった。

 戦争や危機のなかで活躍する人間と、捕虜になり環境が安定してから台頭する人間がいる。人にはそれぞれ才能や資質を発揮する状況というものがありほとんどの人間は適性を埋もれさせたまま死んでいくのだろう。

アーロン収容所 (中公文庫)

アーロン収容所 (中公文庫)