うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

馬と星のならわし(2012)

 夜中、窓の火が消えて、まばらな星と
 黒くおちくぼんだ水面しか
 映らなくなった、そのような
 気温の問題
 冷えて、草や石の道に
 そって、植込みにミントと
 ラッパ形状の花をもつ、固定の植物
 これらの表面にはうっすらと氷が付着している
 羊、羊とよく似たどうぶつを
 手づかみにして、熱源をとりだす、弟の
 ゆびのひとつひとつに、胃液のシロップを
 ぬりこめた
 それが、もうだいぶ昔のこと、星の、
 うっ血して赤黒くなった星の表皮、
 わたしが塗り薬をおいた

 そのころのこと。