うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

幽霊谷(2012)

  
  
 いつものもの、絶対に顔の図柄が見えないようになっている、背中の複製品がたてづつけに吐きだされたのでわたしはバスからおりた
 バスから、ガラスを圧迫して、白い綿のようなものがふくらみつづけてついに
 割れた。
 青黒い谷の切り立った箇所を、往復する列があって、これは白い人間だった、わたしたちは火箸を
 つかってかれらをひっこぬいては、夕暮れのなかに投げ入れる
 火の粉を、航跡のように点滅させながら、低温の霧の下で
 とどまる白い人間、
 屍体運動のうごき、不規則な手足のゆれ
 について、だれもが目視している