読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

『紫苑物語』石川淳

 「紫苑物語」、「八幡縁起」、「修羅」の3篇を集めた本。どの話も古代の日本とおぼしき場所を舞台にしていて、ひらがなが多い。ことばを注意ぶかくえらんでつくっているという印象をうけた。

 「紫苑物語」……弓で人を殺すことにとりつかれた守の話で、ばけたきつねが青年にとりいって、国政をみだすようにそそのかす。守は衝動につきうごかされてついに自分と、ばけぎつねの女といっしょに焼け死ぬ。人がよく死に、心もみなつめたい。風景は鮮明だが、時代や場所はぼやけていて、どこかわからないようになっている。

 「八幡縁起」……神さまと、山、古代人が交流して、おたがいに殺しあう話。途中、歌がはいったり、多少中だるみするところはあるが、「紫苑物語」とおなじく、この話でも、人びとは力と欲にとりつかれて山や神を殺そうとする。

 「修羅」……応仁の乱のとき、鬼になった姫や、一休宗純、ほか足軽などが入り乱れて交流し、殺しあう。

 

紫苑物語 (講談社文芸文庫)

紫苑物語 (講談社文芸文庫)