うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

とりで日記

たとひわれ死のかげの谷を農王系 17 さまよえるコデックス

17 さまよえるコデックス たとひわれ死のかげの谷を農王系 - 17 さまよえるコデックス たとひわれ死のかげの谷を農王系 たとひわれ死のかげの谷を農王系 あらすじ…… 石英の星の下に生まれたわたし、ナーナーが農王系に拉致され、教育戦を指揮し、敵を亡…

ポチョムキンの村

ポチョムキン村とは…… 「貧しい実態や不利となる実態を訪問者の目から隠すために作られた、見せかけだけの施設などのことを指す。……1787年の露土戦争を指揮したグリゴリー・ポチョムキンが、皇帝エカチェリーナ2世の行幸のために作ったとされる「偽物の村」…

英国のクリミア戦争、その他

◆クリミア戦争 1853年に始まったクリミア戦争についての本。 ロシアがトルコに対し軍事動員を行うと、小アジアおよび黒海権益を脅かされると考えたフランスとイギリスはトルコ側につき参戦した。 戦闘は当初バルト海、黒海において海軍を中心に行われた…

大久野島の見学

陸軍の毒ガス製造工場(陸軍造兵廠忠海製造所)があった広島県竹原市大久野島に観光に行ってきました。 島には明治時代につくられた砲台跡も残されており、また朝鮮戦争時に米軍が弾薬庫として利用した痕跡も確認することができました。 ・毒ガス弾貯蔵庫 ・…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 16 マンガル准将

16 マンガル准将 たとひわれ死のかげの谷を農王系 - 16 マンガル准将 たとひわれ死のかげの谷を農王系 たとひわれ死のかげの谷を農王系 あらすじ…… 石英の星の下に生まれたわたし、ナーナーが農王系に拉致され、教育戦を指揮し、敵を亡ぼす物語 たとひわ…

ウンゲルン=シュテルンベルク、馬仲英、シベリア干渉戦争

◆砂漠とステップにおける戦争 ウンゲルン=シュテルンベルクUngern=Sternbergは元ロシア帝国軍人で、ロシア革命勃発後、白軍に参加する一方、自らをチンギスハンの生まれ変わりと信じてモンゴルを侵略した人物である。 かれは当時から狂人、サイコパスとして…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 15 途方もない網

15 途方もない網 たとひわれ死のかげの谷を農王系 - 15 途方もない網 たとひわれ死のかげの谷を農王系 たとひわれ死のかげの谷を農王系 あらすじ…… 石英の星の下に生まれたわたし、ナーナーが農王系に拉致され、教育戦を指揮し、敵を亡ぼす物語 たとひわ…

善き人

最近は、ホロコーストとボスニア内戦の本、ホップカークの本を読んでいた。 歴史が、殺人と拷問の博物館のように見えることがある。この世には、何1つ当たり前のものはないと感じる。 ◆時計 『Into that Darkness』の主題である、収容所長フランツ・シュタ…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 14 捕獲

14 捕獲 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/14/ たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/

おそろしい牢屋

古い本だが『江戸の刑罰』(石井良助)を読んでいたところ、牢屋敷における慣習のあまりの理不尽さに笑ってしまった。 牢内では、牢名主の指揮のもと、人口調節のために囚人を殺すことがあった。 ――入牢者が多いと、一畳に9人も10人も並んで、文字どおり…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 13 舟

たとひわれ死のかげの谷を農王系 - 13 舟 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/13/ たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

モンテスキューと奴隷制に関して

モンテスキューは黒人を人間扱いしていなかった、という引用がネット上でよくみられるが、『法の精神』の抄訳(中央公論社)を読んでいて、それは誤りではないかと疑いを抱いた。 「ヨーロッパの偉人がこんなひどいことを言っている」というおもしろさだけで…

次世代型竹槍

無職戦闘員は夢のなかでむかしの思い出を――これも夢または妄想だが――を手入力した。 ◆予科練平和記念館と棒振り運動 茨城県阿見町の予科練平和記念館はすばらしい施設である。 予科練における銃剣術の写真に関して、「当時の銃剣術は、現在の銃剣道よりもよ…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 12 保安局のアカデミー

http://ncode.syosetu.com/n2907dt/12/ たとひわれ死のかげの谷を農王系 12 保安局のアカデミー たとひわれ死のかげの谷を農王系 - 12 保安局のアカデミー たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサ…

2017年のNO JOB COMBATANT(2017.4)

新しい年度が始まりましたが、無職戦闘員は、引き続き、永遠にやって来ない戦闘にそなえて、訓練を実施しています。 ◆旅行 2016年はジョージア共和国、今年の1月にはボスニア・ヘルツェゴビナ、スロヴェニア、クロアチアに行ってきました。 次に行って…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 11 塔の建設 カメラ・ゲヘナ

http://ncode.syosetu.com/n2907dt/11/ 11 塔の建設 カメラ・ゲヘナ 11 塔の建設 カメラ・ゲヘナ たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

たとひわれ死のかげの谷を農王系 10 教育と教化のドクトリン

たとひわれ死のかげの谷を農王系 - 10 教育と教化のドクトリン たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

無職戦闘員の白昼夢 準軍事組織(paramilitary)

無職は、自分が働いている姿を思い浮かべた。 ◆右翼的なオバサン、ジブチに行く 8月某日、ハワイ行き芸能人に似た格好のおばさんがジブチに行くというニュースを観た。 普段、服装容儀や制服のアイロンがけでうるさく言われている作業員たちは、場違いな格…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 9 生命の樹

たとひわれ死のかげの谷を農王系 9 生命の樹 ↓↓↓ http://ncode.syosetu.com/n2907dt/9/ たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

無職戦闘員の白昼夢 フセインの首

無職戦闘員は、ふと昔のことをおもいだして、そこでは夢を見ている自分が過去の記憶を思い出そうとしてメモ帳に手入力しているところだった。 無職日記には、わたしの架空の記事が残されている。 ◆フセインの首 イラク戦争に関する大義名分の1つ(大量破壊…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 8 4人の幹部

たとひわれ死のかげの谷を農王系 8 4人の幹部 ↓↓↓ http://ncode.syosetu.com/n2907dt/8/ たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

たとひわれ死のかげの谷を農王系 7 物見の島で・ドイツ人の人間狩り

たとひわれ死のかげの谷を農王系 7 物見の島で・ドイツ人の人間狩り ↓↓↓ http://ncode.syosetu.com/n2907dt/7/ たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

ユーゴスラヴィアから

旧ユーゴスラヴィア3ヶ国に行ったのをきっかけに、改めてボスニア・ヘルツェゴビナ紛争や国連について調べることにした。 以下の本を買ったので、順次読んでいきたい。 ◆ボスニア紛争 ・ユーゴスラヴィア崩壊の歴史 Yugoslavia: Death of a Nation 作者: La…

たとひわれ死のかげの谷を農王系 6 パノプティコン

たとひわれ死のかげの谷を農王系 第6回 パノプティコン ↓↓↓ http://ncode.syosetu.com/n2907dt/6/ *** たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

たとひわれ死のかげの谷を農王系 5 飛行機から庁舎へ

たとひわれ死のかげの谷を農王系 第5回 ↓↓↓ 5 飛行機から庁舎へ http://ncode.syosetu.com/n2907dt/5/ たとひわれ死のかげの谷を農王系 http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

たとひわれ死のかげの谷を農王系 4 農王と農王系

第4回 農王と農王系 ↓↓↓ http://ncode.syosetu.com/n2907dt/4/ (『小説家になろう』のサーバに移動します。)

たとひわれ死のかげの谷を農王系

2017年の新たな目標として、無職戦闘員は、ありあまる時間を使ってフィクション制作を始めました。 ↓↓↓ http://ncode.syosetu.com/n2907dt/ WEB「小説家になろう」に投稿を実施しております。 目下、だれも読んでいません。 「たとひわれ死のかげの谷を…

『ドリナの橋』に興味を持った

スロヴェニア、クロアチア、ボスニアに旅行に行ってきました。 バルカン半島の冬は大変寒かったですが、世界遺産や内戦関係の史跡を回ることができました。 ◆メモ ・スロヴェニア 最大都市の首都リュブリャナも人口28万人程度であり、列車からの風景ものど…

2016年の本と映画

今年読んでおもしろかった本と映画について。 ◆本 『Diplomacy』Kissinger 国際政治における理想主義と現実主義の変遷をたどる。著者はニクソン時代の大統領補佐官であり、特に本人の関わる時代(ベトナム戦争等)については、視点の1つであることに注意す…

ジョージア(グルジア)映画

ちょうど東京でジョージア映画をまとめて上映しているということなので、近々観にいこうと思った。 映画『みかんの丘』『とうもろこしの島』予告編 どちらもジョージア独立時のアブハジア紛争を舞台にした映画のようだ。