読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

◎図書案内

図書案内:ヨーロッパの歴史

脈絡なく並んでいます。 ・今後読みたい分野…… 近代イギリス……バトル・オブ・ブリテン、チャーチル、アトリー、 フランス……フランス革命 古代ギリシア、その他古代文明 ◆全般 ◆イギリス ◆フランス ◆ドイツ ◆その他

図書案内:東アジア、東南アジアの歴史

・宮崎市定、河口慧海の本が、歴史を読むきっかけになった。 ・中国に関心があり、旅行に行くのにあわせて本を読んだ。 なぜ、関心があるのか…… ・多数の民族が住む地域 ・政治と戦争の厳しい歴史 ・自由のない社会とはどういう社会か ・日中戦争は、また別…

図書案内:ロシアの歴史

・プーチン時代の本……リトビネンコ、アンナ・ポリトコフスカヤ等もおもしろい。 ・秘密警察、グラーグについての本も、今後読んでいきたい。 ・ヴォルコゴーノフの本……『スターリン』と『トロツキー』はまだ未読だがこちらも読む。 ◆全般 ◆ロシア革命 ◆ソヴ…

図書案内:ロシア文学

ドストエフスキー、トルストイ等の有名な作者だけでなく、SFや幻想文学、アヴァンギャルドにも面白いものがある。 伝統的に、一般市民にとっては過酷な国であり、ディストピア小説や反体制の作品が多いと感じる。 ・ペレ―ヴィン:『眠れ』、『チャパーエフと…

図書案内:ドイツ文学及びオーストリア文学

・ゲーテ、シラー、グリンメルスハウゼンといった古典をだいぶ昔に読んだ。 ・その他、面白かった本…… ビューヒナー『レンツ』 クービン『対極』等 ・ゴットフリート・ベン、トラークルの本はドイツ語で読んでみたいが勉強が中断したままである。 ◆ゴットフ…

図書案内:フランス文学

フランスの文芸作品は幅が広く、自分もまだ読んでいない作者や本がたくさんある。 個人的に面白かった本: ・『モンテ・クリスト伯』、『レ・ミゼラブル』、『ジャン・クリストフ』等の長編 ・サン=テグジュペリ ・幻想文学(マルセル・ブリヨン、アンリ・…

図書案内:イギリス文学とコモンウェルス

イギリス文学と、オーストラリア、南アフリカ等英国由来に関する本のメモを紹介します。好みのせいかスパイ、諜報関係の話が多くなりました。 ◆ダニエル・デフォー Daniel Defoe ◆ド・クインシー Thomas De Quincey ◆ジョウゼフ・コンラッド Joseph Conrad …

図書案内:アメリカ文学

アメリカ文学に関する本のメモを紹介します。 ◆ウォルト・ホイットマン Walt Whitman ◆ハーマン・メルヴィル Herman Melville 素晴らしいアメリカ文学の古典。単純な冒険小説ではないインパクトがある。 ◆ヘンリー・ミラー Henry Miller シュルレアリスム風…