うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

2015-10-17から1日間の記事一覧

『ラテン語のはなし』逸身喜一郎

「ラテン語を語ることは、おのずとヨーロッパを語ることになる」。 ラテン語は古代ローマの言語であり、ヨーロッパ文化に多大な貢献をなした。いわく、ラテン語最大の遺産は、「こみいった複雑な内容を、論理構成のしっかりした、あいまいさの少ない文章で書…

道具の日

きょう、残ったものは これからも、そのようであるもの わたしの顔が 灰色になってからも、 熱波と雨の下をくぐって、電気的な 蚕のように、しぶとく 糸を保持するもの。 わたしが、きょう、その後の日に 残していくもの。 道具の手ざわりを阻む 刃物をちら…