うちゅうてきなとりで

the cosmological fort 無職戦闘員による本メモ、創作、外国語の勉強その他

2015-01-19から1日間の記事一覧

人体の城(2011)

粘土でできた札を受けとるとわたしたちは 出発した 馬の脚だけを木箱の底に縫いつけた 血をしたたらせて、足跡を記録する機械 馬車を想像させる車を、行進の 先頭にたてる、つづいて時計を管理する 小さな子供たち、かれらの耳はぜんまいの ゆるまるたびに遠…

『春日井建歌集』

「未青年」の序が趣があってよい。 ――少年だつたとき 海の悪童たちに砂浜へ埋められた日があつた ……ああ日輪……ぼくの真上には 紫陽花のような日輪が狂つていた 序、本編の歌にも、太陽の出てくることが多い。 ――太陽を恋ひ焦がれつつ開かれぬ硬き岩屋に少年…